オリーブブランチ (ミシシッピ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オリーブブランチ
—    —
City of Olive Branch, Mississippi
ミシシッピ州におけるデソト郡(右図)と同郡におけるオリーブブランチ市の位置
オリーブブランチの位置(アメリカ合衆国内)
オリーブブランチ
オリーブブランチ
アメリカ合衆国におけるオリーブブランチ市の位置
座標: 北緯34度57分37秒 西経89度50分30秒 / 北緯34.96028度 西経89.84167度 / 34.96028; -89.84167
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシシッピ州の旗 ミシシッピ州
デソト郡
行政
 - 市長 スコット・フィリップス(共和党[1][2]
面積
 - 計 36.9mi2 (95.6km2)
 - 陸地 36.7mi2 (95.0km2)
 - 水面 0.2mi2 (0.5km2)
標高 387ft (118m)
人口 (2010年国勢調査)
 - 計 33,484人
等時帯 中部標準時 (UTC-6)
 - 夏時間 中部夏時間 (UTC-5)
郵便番号 38654
市外局番 662
FIPS code 28-54040
GNIS feature ID 0690369
ウェブサイト www.obms.us

オリーブブランチ: Olive Branch)は、アメリカ合衆国ミシシッピ州の北西隅、デソト郡の都市である。2010年国勢調査での人口は33,484 人であり[3]、2000年国勢調査時点の21,054人から59%と急増していた。隣の州であるテネシー州メンフィスの郊外であり、その大都市圏に属している。この都市圏にはテネシー州南西部の3郡と、ミシシッピ州北西部の5郡、アーカンソー州東部の2郡で構成されている。1990年から2000年、オリーブブランチは成長率490%と、アメリカ合衆国で最大の成長率となった都市だった[4]。デソト郡内の他にもある急速に成長している郊外部と共に、メンフィス市中心部から大量の中流階級の人々が脱出して来ていることで、オリーブブランチは成長、発展を続けている。

歴史[編集]

オリーブブランチの歴史的中心街

オリーブブランチとなった地域に最初に恒久的に入ったアングロ系開拓者は、スティーブン・フリンとその妻の義兄弟ミルトン・ブロッカーだった。1836年4月13日、新設されたデソト郡で、セクション34と35と呼ばれていた土地1,280エーカー (5.2 km2) を、チカソーインディアンの酋長ラッシュ・パン・タビーから、1,600ドルで購入した[5][6]。1840年、フリンはその土地をブロッカーに6,400ドルで譲渡した。1840年代初期に「カウペンス」と呼ばれた小さな町が出現した。その名前は1842年に「ワトソンズ・クロスローズ」と変えられた。1846年、郵便局が設立され、町の名が再度「オリーブブランチ」と変えられた。町の設立者の子孫の1人、フランシス・ウィルソン・ブロッカー夫人が、聖書にあるノアにオリーブの枝を持ってきたハトの話を象徴する方法としてその名前を提案した。南北戦争のとき、町の南西部で何度か小競り合いが起こった以外、オリーブブランチは破壊行為や暴力沙汰を免れた[5][6]

1874年5月1日、オリーブブランチは町として法人化された。ベン・ウェッソンが初代町長に選出された[7]。法人化後最初の国勢調査は1880年であり、人口は73人だった。1885年、オリーブブランチを通る鉄道が建設され、メンフィスやアラバマ州バーミングハムと繋がれた。1888年3月6日、オリーブブランチは公式に村と指定された[5]

20世紀への変わり目で、オリーブブランチには200人近い人が住んでいた。それに続く年代では、1910年に最初のコットン・ジン、1922年に公共上水道、1927年には電力の配線など、近代の便利さがこの村にも導入された[6]。1929年、現在のバンコープサウス銀行がある場所に、T・H・ノーベルのチーズ工場が開設され、オリーブブランチでは最初の工業になった。公共上水道が建設され、1946年頃には町の通りが舗装された。その後の数十年間で、村は緩りと成長し、人口は1940年国勢調査の441人から1950年では534人、1960年では642人になっていた。1960年代から人口増が加速され、1970年には2倍以上の1,513人になった。1971年、オリーブブランチ中心街から数マイルの場所が、ホリデイ・インの大学と会議場の場所として選定された。この大学の建設と同時期に、ホリデイ・インは広さ3,000エーカー (12 km2) の産業団地の建設を始めた。1973年1月にはオリーブブランチ空港の開港が続いた。滑走路の長さは6,000フィート (1,800 m) あり、現在では州内で5番目に発着回数の多い空港となっている[8]。1974年、アメリカ国道78号線がオリーブブランチを通って建設された。このような開発とインフラの改善は、就業機会の増加、産業、人口をデソト郡とオリーブブランチにもたらした。

1990年代は市の人口が爆発的に増加した時代となった。1990年国勢調査では人口がまだ3,567人に過ぎなかった。1996年、市の西側の領域を併合して、面積が2倍になった[6]。2000年までに人口は21,054人となり、1990年に比べて490%の増加となった。

地理と気候[編集]

オリーブブランチ市は北緯34度57分47秒 西経89度50分30秒 / 北緯34.96306度 西経89.84167度 / 34.96306; -89.84167 (34.963007, -89.841627)に位置している[9]。デソト郡の北東部にあり、アメリカ国道78号線とミシシッピ州道302号線(地元ではグッドマン道路と呼ばれる)、および同305号線(ジャーマンタウン道路/コックラム通り)が交差する場所にある。国道78号線を経て北西のメンフィスの中心部まで22マイル (35 km) である。

オリーブブランチ市の北側市境はミシシッピ州とテネシー州の州境でもある。メンフィス市の市境がオリーブブランチ北側市境の西部に接している。オリーブブランチの西側はサウスヘイブン、東と南は未編入領域と接している[10]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、市域全面積は36.9平方マイル (95.6 km2)であり、このうち陸地36.7平方マイル (95.0 km2)、水域は0.2平方マイル (0.5 km2)で水域率は0.56%である。

オリーブブランチ(1987年-2013年平均)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °F (°C) 77
(25)
77
(25)
89
(32)
94
(34)
96
(36)
100
(38)
102
(39)
106
(41)
101
(38)
93
(34)
86
(30)
78
(26)
106
(41)
平均最高気温 °F (°C) 48
(9)
53
(12)
62
(17)
72
(22)
80
(27)
88
(31)
91
(33)
90
(32)
84
(29)
74
(23)
62
(17)
51
(11)
71.3
(21.9)
平均最低気温 °F (°C) 28
(−2)
32
(0)
40
(4)
48
(9)
58
(14)
67
(19)
71
(22)
69
(21)
62
(17)
49
(9)
40
(4)
32
(0)
49.7
(9.8)
最低気温記録 °F (°C) 6
(−14)
3
(−16)
14
(−10)
26
(−3)
32
(0)
48
(9)
57
(14)
51
(11)
40
(4)
29
(−2)
19
(−7)
−6
(−21)
−6
(−21)
降水量 inch (mm) 3.92
(99.6)
4.39
(111.5)
5.18
(131.6)
5.36
(136.1)
4.97
(126.2)
4.36
(110.7)
4.64
(117.9)
2.52
(64)
3.40
(86.4)
3.31
(84.1)
6.10
(154.9)
5.48
(139.2)
53.63
(1,362.2)
降雪量 inch (cm) 2.2
(5.6)
1.4
(3.6)
0.8
(2)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0.1
(0.3)
0.6
(1.5)
5.1
(13)
出典 1: Average Weather for Olive Branch[11]
出典 2: NOAA [12]

人口動態[編集]

人口推移
人口
188073
1890199172.6%
1900198−0.5%
191022111.6%
1920197−10.9%
193033670.6%
194044131.3%
195053421.1%
196064220.2%
19701,513135.7%
19802,06736.6%
19903,56772.6%
200021,054490.2%
201033,48459.0%
2014(推計)35,457[13]5.9%
U.S. Decennial Census[14]

以下は2010年国勢調査による人口統計データである[15][16]

基礎データ

  • 人口: 33,484 人

人種別人口構成

収入と家計

  • 収入の中央値[17]
    • 世帯: 68,287米ドル
    • 家族: 75,107米ドル

経済[編集]

オリーブブランチの地元住民が所有する小企業が、数十年にわたって市内で経営されている。例えば、オールド・スタイル・バーベキューやオリーブブランチ印刷所である。バンコープサウスやホリデイ・インなど幾つかの地域企業も地域内にある。2003年、メンフィスで問題の起きたモール・オブ・メンフィスの閉鎖と共に、室内アイスリンクも閉鎖された。2011年8月、オリーブブランチに新しいリンクがオープンした。

教育[編集]

オリーブブランチの教育は、デソト郡教育学区とノースポイント・クリスチャン学校が管轄している。

交通[編集]

高規格道路[編集]

アメリカ国道78号線は、メンフィス市との市境を越えた後でラバー・アベニューとなる。これとミシシッピ州道302号線(グッドマン道路)が市内の幹線道路である[10]

鉄道[編集]

バーミングハムからメンフィスに至る鉄道がオリーブブランチを通っている。現在はBNSF鉄道が運行している[5]

空港[編集]

空路はオリーブブランチ空港を利用できる。州内でも利用度の高い空港である[5]

脚注[編集]

  1. ^ Scott Phillips elected Olive Branch mayor; Darren Musselwhite wins GOP nod in Southaven”. The Commercial Appeal (2013年5月21日). 2016年2月3日閲覧。 “Scott Phillips, the assistant fire chief in Olive Branch, became the city's new mayor Tuesday by defeating Art Shumway in a runoff for the Republican nomination.”
  2. ^ Mayor's Office”. Olive Branch, MS. 2016年2月3日閲覧。
  3. ^ Geographic Identifiers: 2010 Demographic Profile Data (G001): Olive Branch city, Mississippi”. U.S. Census Bureau, American Factfinder. 2015年11月2日閲覧。
  4. ^ http://www.commercialappeal.com/news/2011/apr/28/desoto-city-fastest-in-growth/
  5. ^ a b c d e Our History”. City of Olive Branch. 2009年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月12日閲覧。
  6. ^ a b c d Dates in Our History”. City of Olive Branch. 2009年7月12日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ Wesson House”. Olive Branch Old Towne Association. 2008年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月12日閲覧。
  8. ^ History”. Olive Branch Chamber of Commerce. 2009年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月12日閲覧。
  9. ^ US Gazetteer files: 2010, 2000, and 1990”. United States Census Bureau (2011年2月12日). 2011年4月23日閲覧。
  10. ^ a b Maps”. Olive Branch Old Towne Association. 2008年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月11日閲覧。
  11. ^ Olive Branch Historic Weather Averages” (2012年5月). 2016年3月23日閲覧。
  12. ^ Snowfall - Average Total In Inches”. National Climatic Data Center. 2012年1月9日閲覧。
  13. ^ Annual Estimates of the Resident Population for Incorporated Places: April 1, 2010 to July 1, 2014”. 2015年6月4日閲覧。
  14. ^ Census of Population and Housing”. Census.gov. 2015年6月4日閲覧。
  15. ^ American FactFinder”. United States Census Bureau. 2008年1月31日閲覧。
  16. ^ http://factfinder2.census.gov/faces/tableservices/jsf/pages/productview.xhtml?pid=DEC_10_DP_DPDP1
  17. ^ http://factfinder2.census.gov/faces/tableservices/jsf/pages/productview.xhtml?pid=ACS_11_5YR_DP03

外部リンク[編集]