スタークビル (ミシシッピ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スタークビル
—    —
City of Starkville, Mississippi
コットン地区
愛称:スタークベガス[1] ボードタウン[2]
ミシシッピ州におけるオクティベハ郡(右図)と同郡におけるスタークビル市の位置
スタークビルの位置(アメリカ合衆国内)
スタークビル
スタークビル
アメリカ合衆国におけるコロンバス市の位置
座標: 北緯33度27分45秒 西経88度49分12秒 / 北緯33.46250度 西経88.82000度 / 33.46250; -88.82000
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシシッピ州の旗 ミシシッピ州
オクティベハ郡
法人化 1835年
行政
 - 種別 強い市長・市政委員会方式
 - 市長 パーカー・ワイズマン(民主党)D)[3]
面積
 - 計 25.8mi2 (66.9km2)
 - 陸地 25.7mi2 (66.5km2)
 - 水面 0.2mi2 (0.4km2)
標高 335ft (102m)
人口 (2010年国勢調査)
 - 計 23,888人
等時帯 中部標準時 (UTC-6)
 - 夏時間 中部夏時間 (UTC-5)
郵便番号 39759-39760
市外局番 662
FIPS code 28-70240
GNIS feature ID 0678227
ウェブサイト City of Starkville

スタークビル: Starkville)は、アメリカ合衆国ミシシッピ州の東部、オクティベハ郡の都市であり、同郡の郡庁所在地である[4]。オクティベハ郡全体を含むスタークビル小都市圏の主要市である。2010年国勢調査での人口は23,888 人だった。

ミシシッピ州でゴールデン・トライアングルと呼ばれるコロンバスウェストポイントとスタークビルの3市で作る三角形に属しており、その所属するラウンズ郡クレイ郡とオクティベハ郡が含まれている。

ミシシッピ州立大学英語版のキャンパスがスタークビルに接し、一部は市の東部に含まれている。2011年秋の時点でミシシッピ州立大学には2万人の学生[5]、4,000人以上の大学院生、1,300人以上の教職員がいる。この大学はスタークビル市では最大の雇用主である。学生はマグノリア映画祭の聴衆となってきた。この祭は毎年2月に開催されており、州内では最古の映画祭である。スタークビルで開催され、ミシシッピ州立大学学生会に強く支持されているその他の主要な行事として、ダディ・グラス・パレード、コットン地区芸術祭、スーパー・ブルドッグ・ウィークエンド、オールドメイン音楽祭、ラグタイム&ジャズ音楽祭、ブルドッグ・バッシュがある。

歴史[編集]

スタークビルとなった地域には2,100年にわたって人が住み続けてきた。その2100年前とされる土器の破片などという形態で人工物が、スタークビルの東、ハーマン・マウンドとビレッジの遺跡で見つかっており、このアメリカ合衆国国家歴史登録財に指定される場所にはインディアン・マウンド・キャンプグラウンドからアクセスできる。アメリカ独立戦争の直前、この地域にはチョカマあるいはチャクチウマ族インディアンが住んでいたが、チョクトー族とチカソー族のあまり見られない同盟によって、その頃に滅ばされた[6]。スタークビル地域の現在の町は、1830年、ダンシング・ラビット・クリークの条約で、オクティベハ郡にいたチョクトー族が地域の土地に対する権利主張を諦めた後で、開拓が始まった。ここには2つの大きな泉があったので、白人開拓者が惹きつけられてきた。町の南西に下見板を作る工場があり、このことで町は当初ボードタウンと呼ばれた。1835年、ボードタウンはオクティベハ郡の郡庁所在地とされ、町名は独立戦争の英雄ジョン・スターク将軍にちなんでスタークビルと改名された[7]

2006年3月21日、スタークビルは、レストランやバーを含め公共の屋内スペースでの禁煙を採用したことで、ミシシッピ州初の都市となった。この条例は2006年5月20日に有効となった[8]

地理[編集]

スタークビル市は北緯33度27分45秒 西経88度49分12秒 / 北緯33.46250度 西経88.82000度 / 33.46250; -88.82000 (33.462471, -88.819990)に位置している[9]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、市域全面積は25.8平方マイル (66.9 km2)であり、このうち陸地25.7平方マイル (66.5 km2)、水域は0.2平方マイル (0.4 km2)で水域率は0.58%である。

アメリカ国道82号線とミシシッピ州道12号線および同25号線がスタークビル市内の幹線道である。最寄りの空港はゴールデン・トライアングル地域空港である。ジョージ・M・ブライアン・フィールドはスタークビルの一般用途空港となっている。この地域にはさらに民有の滑走路が幾つかある。

人口動態[編集]

人口推移
人口
1870475
18801,500215.8%
18901,72515.0%
19001,98615.1%
19102,69835.9%
19202,596−3.8%
19303,61239.1%
19404,90035.7%
19507,10745.0%
19609,04127.2%
197011,36925.7%
198016,13942.0%
199018,45814.4%
200021,86918.5%
201023,8889.2%
2014(推計)24,886[10]4.2%
U.S. Decennial Census[11]
スタークビル中心街の風景(動画)
モンゴメリー・ホール、スタークビルに21か所あるアメリカ合衆国国家歴史登録財の1つ
スタークビルにあった乳製品共同販売所、1939年

以下は2000年国勢調査による人口統計データである[12]

基礎データ

  • 人口: 21,869 人
  • 世帯数: 9,462 世帯
  • 家族数: 4,721 家族
  • 人口密度: 328.7人/km2(851.4 人/mi2
  • 住居数: 10,191 軒
  • 住居密度: 153.2軒/km2(396.7 軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 20.0%
  • 18-24歳: 29.7%
  • 25-44歳: 26.6%
  • 45-64歳: 15.2%
  • 65歳以上: 8.6%
  • 年齢の中央値: 25歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 102.0
    • 18歳以上: 101.5

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 24.1%
  • 結婚・同居している夫婦: 34.1%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 13.0%
  • 非家族世帯: 50.1%
  • 単身世帯: 32.1%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 6.3%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.24人
    • 家族: 2.92人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 22,590米ドル
    • 家族: 39,557米ドル
    • 性別
      • 男性: 35,782米ドル
      • 女性: 21,711米ドル
  • 人口1人あたり収入: 16,272米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 31.1%
    • 対家族数: 18.1%
    • 18歳未満: 28.3%
    • 65歳以上: 16.8%

宗教[編集]

スタークビル市内には80か所の礼拝所があり、ほとんど全ての宗教が受け入れられている。これはミシシッピ州立大学英語版が幅広い国から学生を受け入れていることが大きく影響している[13]。2007年10月時点で、市民の約半数、49.74%が宗教との関わりを申告しており、その中でも41.59%がプロテスタントであるとしている。カトリックヒンドゥー教モルモン教イスラム教は小さな比率を占めており、バプテストが25%、メソジストが11%とそこそこの数字になっている[14][15]

芸術と文化[編集]

コットン地区[編集]

コットン地区はスタークビル市内の地域社会であり、世界でも初めてニューアーバニズムの開発が行われた場所である[16]。開発業者で、この地域の多くの所有者かつ管理者だったダン・キャンプが設立した[17]。コットン地区はギリシャ復古調に古典派やヴィクトリア調が組み合わされた建物が並ぶ。特徴ある多くの住宅に加えて、徒歩圏内には多くのレストランやバーがある。

政治[編集]

スタークビルはアメリカ合衆国下院ミシシッピ州第3選挙区に、また司法では州最高裁判所第3地区に属している。

教育[編集]

公立学校[編集]

スタークビル市の公共教育はスタークビル教育学区が管轄している。スタークビル高校の運動部はクラス6A、リージョン2に指定されている。そのイエロージャケット・フットボールチームは1981年以来、10の選手権に出場して州のチャンピオンに6度なった、州内でも成功しているチームである。最近では2015年のチャンピオンになった。

私立学校[編集]

  • スタークビル・アカデミー
  • スタークビル・クリスチャン学校

著名な出身者[編集]

大衆文化の中で[編集]

1927年、著名パイロットのチャールズ・リンドバーグがグッゲンハイム・ツアーの間にスタークビル郊外に着陸を成功させ[20]、メイベンの町の寮に宿泊した。後に『WE』と題した自叙伝でこの着陸のことを記した。

アメリカ合衆国の中でティーボールを発明したと主張する幾つかの場所の1つである[21]。ティーボールは、1961年に、スタークビル・ロータリークラブの会員だったW・W・リトルジョンとクライド・ミューズ博士が普及させた[22]。ミューズ博士はスタークビルの教育者でもあり、長年スタークビル高校の校長だった。野球やバスケットボールのコーチでも有名だった。その率いたチームは州のチャンピオンとなり、ルイス・マロリー、ジャッキー・ウォフォード、バリー・ウッド、カース・スミスなどが選手だった。町自体は南部の野球首都と考えられ、アメリカ野球殿堂入りしたクール・パパ・ベルの生誕地でもある。ミシシッピ州立大学の野球チームダイアモンド・ドッグスは、ネブラスカ州オマハで開催されるNCAAのカレッジ野球ワールドシリーズにこれまで9回出場した。

1965年5月11日、シンガーソングライターのジョニー・キャッシュが公然酩酊の容疑で逮捕され(ただしキャッシュは花を摘むように摘み出されたと書いている)、スタークビルの監獄に一晩留め置かれた。これが彼の持ち歌である「スタークビル市の監獄」(下記)のヒントになった。

They're bound to get you,
Cause they got a curfew,

And you go to the Starkville city jail.

奴らはお前を掴まえようとしている
というのも門限になったからさ
それでお前はスタークビル市の監獄に行くことになったのさ

この歌はアルバム「サン・クエンティンで」に収められた。

2007年11月2日から4日、ジョニー・キャッシュ花摘み祭がスタークビル市で開催された。そこで逮捕されてから40年以上が経っていた。この祭はキャッシュの人生と音楽を顕彰し、死後恩赦を象徴的に受けることになっており、毎年の行事になることが期待されている[23]。この祭は、「ジョニー・キャッシュは7つの場所で逮捕されたが、それらの場所の中で1つのみについて歌を作った」という前提に基づいて、町に毎年開催することを促したロビー・ウォードによって始められた[24]

「スタークビル」という歌は、フォークデュオのインディゴ・ガールズが2002年に出したアルバム「Become You」の中にも収められている。

2007年の映画『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』は物議を醸したものだが、それに使われたミシシッピ州の地図にスタークビルが見られる。

スタークビルにあるミシシッピ・ホース・パークは全米トップ40に入るロデオの施設であり、北ミシシッピではトップクラスの観光地と見なされている。

スタークビルでは毎年2月にマグノリア独立映画祭が開催されている。独立系映画の祭として、州内最古のものである。

毎年4月の第3週末に開催されるコットン地区芸術祭は、州内でもトップクラスの芸術祭と考えられている。2008年には記録破りの25,000人近い観衆を集めた。参加者としては、雑誌の「ヨール・マガジン」や「サザン・リビング」、音響機器メーカーのピービー・エレクトロニクスの他、州内100人以上のトップ技能者や25のバンドが出ている。

ミシシッピ州では最大の屋外無料コンサートであるブルドッグ・バッシュもスタークビルで開催される。

ミシシッピ州立大学のキャンパスにはグラディス・ウェイド時計博物館があり、18世紀初期からの、大半はアメリカの掛け時計や腕時計の膨大なコレクションがある。400以上の掛け時計のコレクションは、この地域では随一のものである。

1999年から2006年まで放映されたNBCテレビのドラマ『ザ・ホワイトハウス』で、スタークビルが言及された。大統領補佐官のトビーが予算配分を説明し、ミシシッピ州スタークビルでの肥料取扱いに170万ドルを含むと言っている[25]

犯罪と犯罪者[編集]

悪名高いギャングのマシンガン・ケリーが2年間スタークビルに住み、ミシシッピ州立大学英語版に通っていた。1917年に農業を学ぶために入学した。ケリーはその始まりから貧乏学生と見なされ、身体衛生については彼として最高グレードの (C+) を与えられた。教授たちとは常に問題を起こし、与えられた罰点を働いて消すために学生時代の多くの時間が割かれた。

脚注[編集]

  1. ^ Welcome to Stark-Vegas”. ESPN College Football. ESPN (2008年8月15日). 2014年6月27日閲覧。
  2. ^ What's in a name?”. 2015年12月5日閲覧。
  3. ^ http://www.cityofstarkville.org/Directory.aspx?EID=9
  4. ^ Find a County”. National Association of Counties. 2011年6月7日閲覧。
  5. ^ MSU surpasses 20,000 with record enrollment milestone”. 2013年2月28日閲覧。
  6. ^ Galloway, Patricia. “Chakchiuma”. In Sturtevant, William C.. Handbook of North American Indians, V. 14, Southeast. The Smithsonian Institution. pp. 496–498. ISBN 0-16-072300-0. https://books.google.com/books?id=3JH-TPFjLk4C&printsec=frontcover#v=onepage&q=chackchiuma&f=false. 
  7. ^ Starkville's History”. 2006年8月24日閲覧。
  8. ^ Ordinance Number 2006-02”. 2006年9月5日閲覧。
  9. ^ US Gazetteer files: 2010, 2000, and 1990”. United States Census Bureau (2011年2月12日). 2011年4月23日閲覧。
  10. ^ Annual Estimates of the Resident Population for Incorporated Places: April 1, 2010 to July 1, 2014”. 2015年6月4日閲覧。
  11. ^ Census of Population and Housing”. Census.gov. 2015年6月4日閲覧。
  12. ^ American FactFinder”. United States Census Bureau. 2008年1月31日閲覧。
  13. ^ Community Involvement”. Cityofstarkville.org. 2008年10月21日閲覧。
  14. ^ Starkville, Mississippi (MS) religion resources - Sperling's BestPlaces”. Bestplaces.net. 2008年10月21日閲覧。
  15. ^ Starkville, Mississippi (MS) religion resources - Sperling's BestPlaces”. Bestplaces.net. 2008年10月21日閲覧。
  16. ^ Miller (2002年1月). “New Towns -- Cotton District, Mississippi”. The Town Paper. http://www.tndtownpaper.com/Volume4/new_towns_cotton_district.htm 2014年2月20日閲覧。 
  17. ^ ‘Community Visionary’ Continues Shaking Up Starkville”. Mississippi Business Journal (2000年7月31日). 2016年3月15日閲覧。
  18. ^ Harry Burgress”. Panama Canal Authority. 2014年1月閲覧。
  19. ^ Bailey Howell’s Mom Absolutely Knew Best”. Southeastern Conference. 2014年5月16日閲覧。
  20. ^ Guggenheim Tour website
  21. ^ Tee Ball”. Warsaw Youth Sports. 2014年2月閲覧。
  22. ^ Club History”. Starkville Rotary Club. 2014年2月閲覧。
  23. ^ Mississippi town to honor the ‘Man in Black’ - US and Canada - MSNBC.com”. Msnbc.msn.com (2007年9月6日). 2008年10月21日閲覧。
  24. ^ The New York Times "Facts Mix With Legend on the Road to Redemption." Barry,Dan. Oct.20, 2008.
  25. ^ http://www.westwingtranscripts.com/search.php?flag=getTranscript&id=6

外部リンク[編集]