ピカユーン (ミシシッピ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ピカユーン
—    —
City of Picayune, Mississippi
ピカユーン中心街
ミシシッピ州におけるパールリバー郡(右図)と同郡におけるピカユーン市の位置
ピカユーンの位置(アメリカ合衆国内)
ピカユーン
ピカユーン
アメリカ合衆国におけるピカユーンの位置
座標: 北緯30度31分41秒 西経89度40分49秒 / 北緯30.52806度 西経89.68028度 / 30.52806; -89.68028
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシシッピ州の旗 ミシシッピ州
パールリバー郡
面積
 - 計 11.8mi2 (30.6km2)
 - 陸地 11.8mi2 (30.5km2)
 - 水面 0.0mi2 (0.1km2)
標高 73ft (22m)
人口 (2010年国勢調査)
 - 計 10,878人
等時帯 中部標準時 (UTC-6)
 - 夏時間 中部夏時間 (UTC-5)
郵便番号 39466
市外局番 601
FIPS code 28-57160
GNIS feature ID 0675698
ウェブサイト http://www.picayune.ms.us/, http://www.maroontide.com/

ピカユーン: Picayune)は、アメリカ合衆国ミシシッピ州の南西部、パールリバー郡の都市である。2010年国勢調査でのピカユーンの人口は10,878 人だった。パールリバー郡の中では人口最大の都市である。統計上の目的で2014年にニューオーリンズ大都市圏に付加された[1]。ニューオーリンズ市からは約45マイル (72 km) に位置している。北西にはハッティズバーグ、東にはガルフポートビロクシ都市圏がある。NASAロケットエンジン試験施設であるジョン・C・ステニス宇宙センターは約10マイル南にある。

歴史[編集]

ピカユーンの町は1904年に設立され、スペインの硬貨にちなんで命名された新聞「ニューオーリンズ・デイリー・ピカユーン」の所有者、発行者だったエリザ・ジェイン・ポイトベント・ニコルソンが名付けた。「ピカユーン」自体は「小さな硬貨」を意味する。

ハリケーン・カトリーナ[編集]

ピカユーン市もハリケーン・カトリーナから大きな被害を受けはしたが、近隣の都市ほど厳しいものではなかった。このためにニューオーリンズ市やミシシッピ州のメキシコ湾岸に住んでいた住民が、より安全で都市圏への通勤が容易な場所を求めたときに、ピカユーンを恒久的な住居地に選ぶ要因になった。

ピカユーン市内で受けたハリケーン・カトリーナの被害の多くは暴風によってもたらされたものだった。屋根、窓、フェンスが多く飛ばされた。数千とまではいかなくても数百本の樹木も倒され、停電は数か月も続いた。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、市域全面積は11.8平方マイル (31 km2)であり、このうち陸地11.8平方マイル (31 km2)、水域は0.04平方マイル (0.10 km2)で水域率は0.34%である。

人口動態[編集]

人口推移
人口
1910846
19202,479193.0%
19304,69889.5%
19405,1299.2%
19506,70730.8%
19607,83416.8%
197010,46733.6%
198010,361−1.0%
199010,6332.6%
200010,535−0.9%
201010,8783.3%
2014(推計)10,749[2]−1.2%
U.S. Decennial Census[3]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである[4]

基礎データ

  • 人口: 10,535 人
  • 世帯数: 4,100 世帯
  • 家族数: 2,865 家族
  • 人口密度: 345.9人/km2(895.6 人/mi2
  • 住居数: 4,568 軒
  • 住居密度: 150.0軒/km2(388.3 軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 27.0%
  • 18-24歳: 9.4%
  • 25-44歳: 25.5%
  • 45-64歳: 23.0%
  • 65歳以上: 15.1%
  • 年齢の中央値: 36歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 82.8
    • 18歳以上: 79.2

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 31.8%
  • 結婚・同居している夫婦: 45.0%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 20.8%
  • 非家族世帯: 30.1%
  • 単身世帯: 26.4%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 11.8%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.54人
    • 家族: 3.06人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 26,958米ドル
    • 家族: 33,260米ドル
    • 性別
      • 男性: 31,438米ドル
      • 女性: 20,035米ドル
  • 人口1人あたり収入: 15,798米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 20.8%
    • 対家族数: 18.9%
    • 18歳未満: 28.2%
    • 65歳以上: 17.6%

教育[編集]

ピカユーン市の公共教育は、ピカユーン教育学区が管轄している。

ピカユーン・ジュニア高校は7年生と8年生を教える中学校として機能している[5]。ピカユーン記念高校が市内の高校であり、マスコットはマルーン・タイドである。

オルターネイト教育センターも市内にある。

小学校[編集]

  • ニコルソン小学校
  • ローズランドパーク小学校
  • サウスサイド小学校
  • ウェストサイド小学校

図書館[編集]

マーガレット・リード・クロスビー記念図書館は、ピカユーン市民の用に供しており、パールリバー郡図書館システムの本館でもある。

メディア[編集]

新聞[編集]

ピカユーンの地方新聞は「ピカユーン・アイテム」である。

ラジオ[編集]

ピカユーンの地方ラジオ局は、WRJW、1320kHz、AM放送である。

インフラ[編集]

アメリカ国道11号線と4番通り
パレスタイン道路とビーチ通り

交通[編集]

アムトラックの列車「クレセント」がピカユーンの駅で停止し、北のニューヨーク市、フィラデルフィア市、ボルチモア市、ワシントンD.C.ノースカロライナ州シャーロットジョージア州アトランタアラバマ州バーミングハムと、南のルイジアナ州ニューオーリンズ市とを結んでいる。ピカユーンにあるアムトラック駅はアメリカ国道11号線の南100にある。上下各1便が運行されている。

アメリカ国道11号線がピカユーン市を通る幹線道である。州間高速道路59号線が州間高速道路10号線を経由して南のニューオーリンズ市、および北のハッティズバーグ市とを繋いでいる。ハッティズバーグの先はメリディアン、さらにアラバマ州バーミングハムに向かう。

ミシシッピ州道43号線は東へ向かう幹線道であり、キルン近くで州間高速道路10号線に接続する。

ピカユーン市民空港は[6]、長さ5,000フィート (1,500 m) の滑走路があり、ニューオーリンズ地域に向かう固定翼およびロータリー翼の民間航空機が利用している。レンタカー、タクシー、リムジーンも利用できる。

鉄道[編集]

主要高規格道路[編集]

著名な出身者[編集]

見どころt[編集]

脚注[編集]