オリンピックジンバブエ選手団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピックジンバブエ選手団
Flag of Zimbabwe.svg
ジンバブエの国旗
IOCコード ZIM
NOC ジンバブエオリンピック委員会
公式サイト
オリンピック
メダル

3

4

1

8
夏季オリンピックジンバブエ選手団
198019841988199219962000200420082012
冬季オリンピックジンバブエ選手団
2014
関連選手団
ローデシア ローデシア (1928, 1960-1964)

オリンピックジンバブエ選手団は、ジンバブエ共和国のオリンピック選手団。ジンバブエ選手団は1980年モスクワオリンピックから参加した。これ以前にはイギリス領ローデシア南ローデシア)として1928年のアムステルダムオリンピックから1964年東京オリンピックまでの3大会に参加していた経緯をもつ。

人種差別国家であったローデシア時代、メキシコオリンピックではメキシコ政府から招待状が送られず、ミュンヘンオリンピックでは選手村まで入ったものの、アフリカ諸国の要求により、出場停止処分となり、モントリオールオリンピックではIOCから資格停止処分が出されているなど、同国の黒人選手には苦難が強いられた[1]

国際オリンピック委員会に1980年承認され、64人の選手団がモスクワオリンピックに参加した[1]。2010年現在、冬季大会には出場していない。

概要[編集]

これまでメダルを獲得した夏季オリンピックは、1980年モスクワオリンピック女子ホッケーでの1個、2004年アテネオリンピック競泳での3個、2008年の北京オリンピックでの4個の計8個である。このうち競泳で獲得した7個は全てカースティ・コベントリーによるものである。

モスクワオリンピックでの女子ホッケーチームは、ボイコット騒ぎがあったおかげで出場権を獲得、ホッケーの強いインドからの移民の選手もいたが、チーム練習わずか3週間で金メダルを獲得した[2]

メダル獲得数一覧[編集]

夏季オリンピック[編集]

大会名
1980 モスクワ 1 0 0 1
1984 ロサンゼルス 0 0 0 0
1988 ソウル 0 0 0 0
1992 バルセロナ 0 0 0 0
1996 アトランタ 0 0 0 0
2000 シドニー 0 0 0 0
2004 アテネ 1 1 1 3
2008 北京 1 3 0 4
2012 ロンドン 0 0 0 0
合計 3 4 1 8

夏季オリンピック競技別[編集]

競技名
競泳 2 4 1 7
ホッケー 1 0 0 1
合計 3 4 1 8

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 新生ジンバブエ 悲願はたし五輪参加 黒人選手晴れやか 白人と共に選手村入り ボイコット問題 口とざす一行 朝日新聞 1980年7月12日朝刊3ページ
  2. ^ ジンバブエ 史上初の金 読売新聞 1980年8月1日朝刊18ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]