オグン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
火、鉄、政治、戦争の神格オグンのシンボル。ババラオ(en:Babalawo)の用いるイファ(en:Ifá)の占い全集に初めて登場している[1]

オグン(Ogoun, Ogun, Ogum, Ogou)はアフリカ、現在のナイジェリアに暮らすヨルバ人の信仰に起源を持つ、あるいは精霊である[1]。すなわちオリシャ(Orisha)であり、ハイチブードゥー教で言うところのロアである。アフリカに由来を持つ人々の拡散、いわゆるアフリカン・ディアスポラを経て最も広まったアフリカの神の1柱であり[1]、それに伴い最も定義があいまいになった神であるともいえる[1]ベナン、ハイチ、ルイジアナキューバサンテリア等)、ブラジルカンドンブレ等)その他それぞれのブードゥー教、あるいはヨルバ人の信仰から発展した宗教に共通した神である。

概要[編集]

オグンは現在のナイジェリアに暮らすヨルバ人の信仰に起源を持っている[1]。彼らヨルバ語話者の持っているオグンの起源といえる神への信仰はすぐにグベ語話者、すなわち現在のベナントーゴにあたる地域にまで広まり、ブードゥー教のグー(Gu)として信仰を集めた[1]。19世紀に入りオヨ王国ダホメ王国の間で紛争が起こると何千人もの奴隷が発生し、主に彼らがオグンの信仰をアメリカ大陸へと伝える役目を担った[1]

ヨルバを起源とする諸宗教ではオグンはオリシャ(Orisha)と呼ばれる様々な精霊の1つとして扱われ[2]戦争[2]、道具、道と法の執行を司っている[1]。このオグンの性質はアメリカ大陸にも持ち込まれている[1]。しかしこのオグン像は柔軟に受け入れられ、社会と時代にあわせて変化を遂げている[3]。文化によっては鉈やその他武器の精霊であったり、鍛冶職人の守護神と語られたり、オートバイとドライバーの守護神[3]、鉄道の神[4]、はてはタクシー[5]、トラック[5]、物流の神[5]といった具合にモダナイズされていることもある[3]。開拓者の神であり、聖地のひとつとしてアメリカが挙げられる場合もある[6]

神話とバリエーション[編集]

ヨルバにおけるオグンの神話[編集]

オグンの起源といえるヨルバの人々の間では、オグンは困難に直面したときに障害を取り除いてくれる神様として最も重視されている[7]。この障害を取り除くという考え方は次の神話に由来している。

ヨルバ人の神話によれば、神々は地上に暮らす目的で天を離れた[7]。しかし地上に降りるとそこは深い藪で、神々は身動きが取れなくなってしまう[7]。神々は交代で藪を開こうとするがうまくいかない[7]。ところがオグンが前に出ると、彼は自分の鋭い鉈を使って一人の力で藪を切り開いた[7]。神々は彼を讃え、オグンは偉大な神として名を連ねることとなった[7]

神話を額面どおり受け取るならばこれは道具の発明から生まれた信仰であり、サンドラ・バーンズ(Sandra T. Barnes)はヨルバの信仰を製鉄技術の発明がもたらした「革命の宗教」と表現している[7]。一方でヨルバの人々の間で信仰されているオグンの持つ障害を取り除くという性質は、ヨルバ以外の宗教に見るオグンからは失われている[8]。ハイチのブードゥーではどちらかと言えばパパ・レグバ(Papa Legba)がその役割を担っている[8]

ハイチのブードゥー等に見られるオグンの神話[編集]

ヨルバの信仰では最高神オロルン(Olorun、Olodumare)は直接人々に関わらない存在であり、そのためにオリシャに権限を与えている[3]。すなわちオリシャは人と最高神との媒介者であり、最高神オロルンとは違い人格化されている[3]

オグンは世界が形作られたときにまず、最高神と人が交流をもてる場所として森をつくった[6]。その次にオグンはをつくり[6]、それらを用いて森林だった場所に道と耕地を作った[6]。さらに、人間にや鉄や政治的な権力を与え、彼らの住まう場所も用意した[9]。これらのエピソードから開拓者の神という性質が加えられ[6]、また鍛冶屋など鉄に関係する職業の守護神とされ[10]、武器の神であり、人々を戦争などから守るともされている[10]

オグンはしばしば姿を変えて人間たちの中で暮らしていた。ある時は王となったが、戦闘の合間にトリックスターの神エシュ英語版に勧められた椰子酒に酔い、誤って味方を殺戮したことから、オグンは人々の元から去ってしまったと語られる[10]。一方でオグンは大酒飲みだが決して酔わず[5]、一度王になったものの[6]、人々にすべてを教えると退位して森に帰っていったと語られるバリエーションもある[6]

文化ごとのバリエーションにみるオグンの性質[編集]

ヨルバ人の間では最も重視される神である[7]一方で、ベナンでは重要度はムワ(Muwa)、リサ(Lisa)についで3番目の序列となる[8]。ベナンでは鉄に関する、武器に関する、戦争に関する神であり、鉄のスクラップや、鉄による事故で死んだ動物はオグンに捧げられる[8]。またハイチでののオグン像もベナンでのものに似ている[8]

現代のハイチでは戦士のロア(精霊)としての役割をもっており、オグンの祭壇にはサーベルが添えられる[5]

オグンはヨルバ神話ではイェマヤ(Yemaya)とオルンガン(Orungan)の子であり[4]、オシュン(Oshun)とオヤ(Oya)の夫である[4]と語られる一方、ハイチの神話ではオグンは蛇神ダンバラー・ウェド(Damballah Oueddo)や海神アグウェ(Agwe)と共にエルズリー・フレーダ(Erzulie Fre'da、女神)の夫である[11][12][4]

ハイチでは時にオグンがナザレのヨセフ[4]ヤコブ (ゼベダイの子)の顕現であるとされる。一方でルクミ(lukumi、キューバのヨルバ系の人々)やサンテリア(ブラジル・ブードゥー)、パロ・マヨンベ(アフリカ西海岸地域のパロ教)、ではオグンはキリスト教の聖人ペテロと結びつけて考えられる[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i Davies 2008, p. 726.
  2. ^ a b ラルース世界の神々・神話百科』、482頁。
  3. ^ a b c d e Irele 2010, p. 183.
  4. ^ a b c d e f Alvarado 2011, p. 50.
  5. ^ a b c d e Owusu 2002, p. 38.
  6. ^ a b c d e f g Owusu 2002, p. 37.
  7. ^ a b c d e f g h Louis 2007, p. 51.
  8. ^ a b c d e Louis 2007, p. 52.
  9. ^ オグン」『神の文化史事典』152頁。
  10. ^ a b c オグン」『神の文化史事典』153頁。
  11. ^ Cotterell 1986, p. 208.
  12. ^ Oswald 2009, p. 24.

参考文献[編集]

  • Cotterell, Arthur (1986), A Dictionary of World Mythology, OUP Oxford, ISBN 9780192177476 
  • Owusu, Heike (2002), Voodoo Rituals: A User's Guide, Sterling Publishing Company, Inc., ISBN 9781402700354 
  • Louis, Andre J (2007), Voodoo in Haiti: Catholicism, Protestantism and a Model of Effective Ministry in the Context of Voodoo in Haiti, Tate Publishing, ISBN 9781602471436 
  • Alvarado, Denise (2011), Voodoo Hoodoo Spellbook, Weiser Books, ISBN 9781609256159 
  • Davies, Carole Elizabeth Boyce (2008), Encyclopedia of the African Diaspora: Origins, Experiences, and Culture 3, ABC-CLIO, ISBN 9781851097050 
  • Irele, Abiola (2010), The Oxford Encyclopedia of African Thought, 第 1 巻, Oxford University Press, ISBN 9780195334739