オウニー・マドゥン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オウニー・マドゥン

オウニー・"ザ・キラー"・マドゥン(Owney "The Killer" Madden、1891年12月18日 - 1965年4月24日)は、アメリカアイルランド系のギャングスター。ガンファイトの武闘派。禁酒法時代はコットンクラブを経営した。本名オーウェン・ヴィクター・マドゥン(Owen Victor Madden)。イギリスリーズ出身。

ストリートギャング[編集]

両親と共に職を求めてウィガン、そしてリバプールへ移り住んだ。1902年、前年に先に行った家族を追って渡米、アイルランド移民が多く住むニューヨークヘルズ・キッチンに定住した。若い頃、地元のストリート・ギャングのひとつゴファー・ギャングの一員となり、地元の商店や事業家から用心棒代やゆすりで金を巻き上げた。1910年代、ライバルギャングのハドソン・ダスターズと派手な抗争に明け暮れた。1912年11月6日、52ストリートのダンスホールでダスターズの11人に襲われ、8発の銃弾を浴びた。警察には何もしゃべらず、復讐で相手方6人を殺した。1914年、ダスターズ幹部パッチー・ドイルと恋敵になり、ドイルがマドゥンの違法活動を警察に密告し、また仲間のトニー・ロマネッロを襲ったため、同年11月28日、和解と称してドイルを誘い出して銃殺した。だまし討ちに利用した女仲間が警察に証言したため殺人罪で捕まり20年刑で収監された。

禁酒法時代[編集]

コットン・クラブ[編集]

1923年特赦を得て出所すると元ギャング仲間のラリー・フェイ(ローレンス・フェイ)のタクシー会社の用心棒となり、スト破りやカナダ産ラム酒の密輸の護衛に武装ギャング団を提供した。その後ビル・ドワイヤーダッチ・シュルツの用心棒に転じ、ワキシー・ゴードンレッグス・ダイアモンドら同業ライバルとガンファイトを繰り広げた。同じ頃ラッキー・ルチアーノフランク・コステロと知り合った。ハーレム地区でスピークイージー(闇酒場)やナイトクラブを運営した。有名ジャズハウス「クラブデラックス」をジャック・ジョンソン (ボクサー)から買取り、コットン・クラブをオープンした。人気音楽家のデューク・エリントンを友人のブー・ブー・ホフに頼みフィラデルフィアからニューヨークに呼び寄せて契約を結ばせた他、数多くの人気ジャズメンや歌手を引き抜き、客にヤミ酒を提供して繁盛した。コットン・クラブは1920年代のニューヨークのナイトライフのメッカとなった。

闇酒場の経営は、アイルランド系政治組織タマニーホールのジミーハインズの後ろ盾を得て警察の摘発から免れた。マドゥンと知り合いなら市長と知り合いなのと同じぐらいだと言われたほど大物ぶりを発揮した。酒場や密輸の他、ランドリー業や石炭配送業など多彩なビジネスを展開した。

ボクシング[編集]

1931年、密輸ビジネスをやめ、ボクシング興行に進出した。ビル・ダフィやディマンジらプロモーターと提携し、プロモーターとしてプリモ・カルネラマックス・ベア (ボクサー)などを手掛け八百長試合を仕組んだ。ホットスプリングスに移ってからもボクシング興行に関わり、ロッキー・マルシアノもプロモートしたと言われる。

ヴィンセント・コール[編集]

1931年、イタリア系マフィアを5大ファミリーに再編したラッキー・ルチアーノに、アイルランド系ギャングの代表としてヘルズ・キッチンの縄張りを追認された。1931年7月、ダッチ・シュルツの元部下でシュルツと抗争していたヴィンセント・コールに仲間のディマンジを誘拐され、身代金に35000ドルを払った。1932年、コール抹殺をシュルツと共謀し、公衆電話から脅迫電話をかけてきたコールをマドゥンは引き止め、その間にコールはシュルツの刺客によりマシンガンで殺害された。たまたまコールを尾行していた警察が逃げるシュルツ一味の車を追いかけ、派手なカーチェイスを演じた。同年、保釈の条件を破ったとして再び収監されたが、翌年に出所した。コール殺害関与を疑う警察から圧力をかけられたため、1935年にニューヨークを去った。

ホットスプリングス[編集]

アーカンソー州ホットスプリングスに居を構え、再婚した。同地で温泉カジノを備えた『ホテル・アーカンソー』を開き、全国の引退したギャングの世話をした。1936年トーマス・デューイに追われたラッキー・ルチアーノを一時匿い、弁護士まで用意した。ホットスプリングス市長レオ・パトリック・マクラフリンに賄賂を贈り、八百長競馬など賭博・売春組織を運営した。慈善事業も行い、1943年にはアメリカ市民権を得て、1940年代は地元の名士として名が通った。生涯を通じて豪奢な生活を好み、高価なスーツを身にまとい、複数の女性を引き連れた。若い頃に受けた体中の銃創で生涯苦しんだ。1930年代より当局にマークされており、1960年代前半マクレラン組織犯罪委員会の追及を受けたが、1965年肺気腫で死去した。300万ドルの資産を残した。

題材にした作品等[編集]

フランシス・フォード・コッポラの映画「コットンクラブ」でダッチ・シュルツらと共に実名で描かれた。

外部リンク[編集]