オウェリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オウェリ
Owèrrè
—  州都  —
標語:中心地
Owerri indicated in a map of Nigeria
Owerri indicated in a map of Nigeria
オウェリ
オウェリの位置
座標: 北緯5度29分06秒 東経7度02分06秒 / 北緯5.485度 東経7.035度 / 5.485; 7.035
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
イモ州
行政[1]
 - 種別 特別議長
 - 統治形態 地方政府議会
 - 政党 全体進歩議会党英語版
 - 議長 Emma Odor(オウェリ郡)
Henry Njoku (北オウェリ)
Henry Onwukwe(西オウェリ)
人口 (2006年)[2]
 - 計 751,873人
等時帯 西アフリカ時間 (UTC+1)
郵便番号 460...[3]
市外局番 083
ケッペンの気候区分 熱帯モンスーン気候
ウェブサイト http://www.imostate.gov.ng/

オウェリ(イボ語:Owèrrè)はナイジェリア南東部のイモ州の州都。 イボランド英語版の中心地。 [4]

の3自治体から成る。 2006年の人口は約75.2万人。 面積は約100km2。 東のオタミリ川英語版と南のンウォリエ川に挟まれる。 [5] ビアフラ戦争を偲ぶ像が建てられたが、殆どの物品がアビア州ウムアヒアで展示されている。

歴史[編集]

1884年ニジェール海岸保護国英語版が建国した。

1900年南部ナイジェリア保護領英語版が建国した。

1914年英領ナイジェリア植民地英語版が建国した。

1960年ナイジェリアイギリスから独立した。 東部州に編入された。

1967年東部中央州英語版に編入された。 ビアフラ共和国が建国した。

1969年エヌグアバウムアヒアが政府軍に奪還された為、ビアフラ共和国の4番目且つ最後の首都になった。

1970年ビアフラ共和国が滅亡した。

1976年イモ州に編入され、州都になった。

2013年12月4日、新生児の売買を目的に妊娠させられた少女16人が警察に救出された。 [6]

2016年7月1日モルモン教の伝道部が新設された。 [7]

交通[編集]

空港[編集]

都市間道路[編集]

都市内道路[編集]

  • ダグラス道
  • ウェアスラル道
  • テトロウ道
  • ワークス道

商業[編集]

  • エケ・ウクウ・クウェレ市場

熱帯雨林に囲まれ、ヤムキャッサバタロイモ玉蜀黍ゴム椰子製品等が生産される。 原油天然ガスが豊富である。

教育[編集]

宗教[編集]

キリスト教(カトリック聖公会)が中心。

著名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Imo State Local Government Areas - Sole Administrators”. Imo State Government. 2010年7月5日閲覧。
  2. ^ Summing the 3 LGAs making up Owerri as per:
    Federal Republic of Nigeria Official Gazette (2007年5月15日). “Legal Notice on Publication of the Details of the Breakdown of the National and State Provisional Totals 2006 Census (PDF)”. 2007年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月19日閲覧。
  3. ^ Nipost Postcode Map”. Nigerian Postal Service. 2010年5月8日閲覧。
  4. ^ Encyclopædia Britannica”. 2007年4月7日閲覧。
  5. ^ Alex D.W. Acholonu (2008年). “Water quality studies of Nworie River in Owerri, Nigeria”. Mississippi Academy of Sciences. 2009年10月14日閲覧。
  6. ^ 「赤ちゃん製造工場」から少女16人救出、ナイジェリア”. AFP通信 (2013年12月6日). 2016年6月30日閲覧。
  7. ^ モルモン教3つの新しい伝道部を発表する”. モルモンニュースルーム (2016年1月13日). 2016年6月30日閲覧。