エース証券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エース証券株式会社
Ace Securities Co., Ltd.
Headquarter of Ace Security.JPG
本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
541-0053
大阪府大阪市中央区本町2丁目6番11号
設立 1931年昭和6年)2月21日
(株式会社伊藤商店)
業種 証券、商品先物取引業
法人番号 5120001077368 ウィキデータを編集
事業内容 金融商品取引業
代表者 代表取締役社長 出口義展
資本金 88億31百万円
発行済株式総数 4,987千株[1]
売上高 連結 100億70百万円(2013年3月期)[2]
純資産 連結 204億69百万円(2013年3月期)[2]
総資産 連結 472億54百万円(2013年3月期)[2]
従業員数 337名(2018年3月末現在)[2]
決算期 3月31日[2]
主要株主 東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社 94.84%
主要子会社 丸八証券株式会社 43.07%
外部リンク http://www.ace-sec.co.jp/
テンプレートを表示

エース証券株式会社(エースしょうけん)は、大阪府大阪市中央区本店を置いていた日本証券会社東海東京フィナンシャル・ホールディングスの連結子会社。

沿革[編集]

  • 1914年12月 - 初代取締役社長伊藤銀三が、大阪株式取引所仲介人として創業
  • 1931年2月 - 株式会社に改組、資本金50万円をもって「株式会社伊藤商店」を設立
  • 1944年4月 - 社名を「伊藤銀證券株式会社」と改称
  • 1949年4月 - 大阪証券取引所へ正会員登録
  • 1967年10月 - 伊藤清兵衛、取締役社長に就任
  • 1968年4月 - 大蔵大臣より、証券取引法第28条の規定によって証券業の免許を受ける
  • 1970年12月 - 伊藤勇吉、取締役社長に就任
  • 1976年12月 - 伊藤博夫、取締役社長に就任
  • 1977年12月 - 岐部良則、取締役社長に就任
  • 1981年10月 - 東京証券取引所へ正会員登録
  • 1981年12月 - 東京支店を開設
  • 1987年12月 - 大賀光也、取締役社長に就任
  • 1988年6月 - 芦屋支店を開設
  • 1988年6月 - 大蔵大臣より、外国為替管理法に基づく指定証券会社の認可を受ける
  • 1988年7月 - 本社を現在地の新本社ビルに移転
  • 1989年4月 - 総合証券会社として発足
  • 1989年4月 - 社名を「エース証券株式会社」と改称
  • 1989年9月 - 「エース土地建物株式会社」を設立
  • 1989年11月 - 東京支店を茅場町の新社屋に移転
  • 1990年8月 - 福岡支店を開設
  • 1991年6月 - 関係会社「エースファイナンス株式会社」を設立(1995年4月株式会社エースコーポレーションに改称)
  • 1994年6月 - 森下元、取締役社長に就任
  • 1997年12月 - 大賀光也、取締役会長兼社長に就任
  • 1998年3月 - 草津支店を開設
  • 1998年6月 - 乾裕、取締役社長に就任
  • 1998年12月 - 証券取引法の改正にともない、証券業の登録を受ける。
  • 1999年8月 - 関係会社「株式会社エースコンサルティング」を設立
  • 2003年4月 - 投資顧問室を開設
  • 2005年3月 - エース土地建物株式会社(連結子会社)を吸収合併
  • 2005年8月 - 資本金88億31百万円に増資
  • 2008年11月 - 丸八証券株式会社と包括的業務提携契約締結
  • 2009年5月 - 「株式会社エース経済研究所」を設立
  • 2011年3月 - 丸八証券株式会社を連結子会社化
  • 2014年4月1日 - 丸八証券株式会社との共同株式移転により、持株会社である株式会社エースホールディングスを設立し、経営統合する予定であったが[2]、「統合に必要な諸条件を期日までに詰め切れなかった」として経営統合を延期している[3][4]
  • 2016年9月5日 - 東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社が主要株主である株式会社ケイアイおよび株式会社AOKIホールディングスから株式を取得し、持分法適用会社化[5]
  • 2021年4月 - 東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社が実施したTOBが成立したため、同社の連結子会社となる[6]
  • 2022年5月 - 東海東京証券株式会社に吸収合併される[7]

関連会社[編集]

連結子会社
  • 丸八証券株式会社
非連結子会社
  • 株式会社エースコンサルティング
  • 株式会社エース経済研究所

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 業務及び財産の状況に関する説明書【2020 年 3 月期】エース証券
  2. ^ a b c d e f エース証券株式会社と丸八証券株式会社との共同持株会社設立(株式移転)による経営統合に関するお知らせ (PDF)”. 丸八株式会社 (2013年11月22日). 2013年11月24日閲覧。
  3. ^ エース証券と丸八証券が4月の経営統合を延期”. MSN産経ニュース (2014年1月7日). 2014年10月14日閲覧。
  4. ^ エース証券株式会社と丸八証券株式会社との共同持株会社設立(株式移転)による経営統合の延期に関するお知らせ (PDF)”. 丸八株式会社 (2014年1月7日). 2014年10月14日閲覧。
  5. ^ 東海東京、エース証券を持ち分法適用会社に日本経済新聞 2016年9月5日
  6. ^ 東海東京FH、2社を子会社化 エースと丸八両証券”. 中日新聞Web. 株式会社中日新聞社 (2021年4月9日). 2021年5月20日閲覧。
  7. ^ 当社連結子会社間(東海東京証券とエース証券)の合併に関するお知らせ”. 東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社 (2021年10月29日). 2021年2月11日閲覧。

外部リンク[編集]