エヴゲニー・スルツキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エヴゲニー・スルツキー
人物情報
生誕 1880年4月7日
Romanov Flag.svg ロシア帝国・Yaroslavl Oblast, Novoye
死没 1948年3月10日(67歳)
Flag of Russian SFSR.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
出身校 キエフ大学
学問
研究分野 数学経済学
研究機関 中央統計局(TsSU)
ステクロフ数学研究所
主な業績 スルツキーの定理
スルツキー方程式
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

エヴゲニー・スルツキーEvgenii Slutskii: Evgeny Evgenievich Slutsky: Евгений Слуцкий1880年4月19日 - 1948年3月10日)は20世紀初期のソヴィエト連邦ウクライナ数学者経済学者ミクロ経済学において、スルツキー分解で知られている。

略歴[編集]

経済学における業績[編集]

  • 彼は主に、彼の非常に有名なスルツキー方程式英語版の中で具体化された、価格と需要量の関係の導出における業績で知られている。この方程式は、財、またはその財の量に交差価格効果を持つ関係財の価格変動によって需要された財の総量について、価格変動の代替効果所得効果を分離するために、ミクロ経済学で広く用いられる。
  • 彼は、その同時代の人の数名ほどには西側経済学者に知られていないが、これは彼に強いられた外部要因、即ち1917年ロシア革命だけでなく、彼自身の知的興味の変化にもよるところがある。経済学における彼の発展性のある論文、そしてある人は確率論というよりはむしろ彼の最後の経済学という論文は、1915年に出版された("Sulla teoria del bilancio del consumatore"("On the Theory of the Consumer"))。ポール・サミュエルソンは、第一次世界大戦と論文がイタリア語で出版された為に、スルツキーの1915年の「傑作」に1936年まで全く気づかなかった、と述べた。
    ロイ・アレンは1936年と1950年に出版された論文の中の消費者理論に関するスルツキーの研究を普及させることに最も貢献した[3]

スルツキーが全てのロシア・ソ連・ウクライナの経済学者の中で最も、有名なニコライ・ドミートリエヴィチ・コンドラチエフレオニート・カントロヴィチミハイル・トゥガン=バラノフスキー「よりも」有名である、という考えの好例を挙げることができる。スルツキー方程式、スルツキー・ダイヤモンド、スルツキー行列、スルツキー=イュール効果 (?) のような彼の名のついた概念がある。そして1980年から1995年の間で彼の名前から導かれるジャーナル文献の検索は、スルツキーの研究のいくつかの観点を直接用いた79件の記事を検索した・・・・・・。その上多くのミクロ経済学の教科書が、消費者行動に関する理論へのスルツキーの貢献、特にジョン・ヒックスによって「価値理論の基本方程式」と命名されたスルツキー方程式への突出した言及を含んでいる。スルツキーの研究はそれゆえに、同時代の主流経済学および計量経済学の不可欠な部分であり、他のソ連のどの経済学者も、そして恐らくは他のロシアやウクライナのどの経済学者でさえも、その功績を実際に主張することはできない。

バーネット、Barnett (2004)[3]

  • 1920年代にスルツキーは確率論と確率過程に関する研究へ転向したが、1927年に彼は経済学に関する第2の有名な論説、『周期的過程の源泉としての乱数的原因の合計』("The Summation of Random Causes as a Source of Cyclical Processes")を出版した。これは、初めに何事も無いときに偶然の出来事が周期性を作り得ると仮定することで、景気循環理論に対する新しい手法を開発した[3]

数理統計学研究[編集]

  • スルツキーの後年の研究は、主に確率論と確率過程の理論にあった。

著書[編集]

  • "On the Criterion of Goodness of Fit of the Regression Lines and on the Best Method of Fitting them to Data", Journal of Royal Statistical Society, 1914.
  • "Sulla teoria del bilancio del consummatore", Giornale degli Economisti, 1915 ("On the Theory of the Consumer").
  • "Über stochastische Asymptoten und Grenzwerte". Metron 5, 3-89, 1925.
  • "The Summation of Random Causes as the Source of Cyclical Processes", 1927 (in Econometrica, 1937).
  • "Sur un criterium de la convergence stochastique des ensembles de valeurs eventuelles", Comptes Rendu des seances de l'Academie des Sciences, 1929.
  • "Quelques Propositions sur les Limities Stochastiques Eventuelles", Compte Rendu des seances de l'Academie des Sciences, 1929.
  • Tables for the Computation of the Incomplete Gamma Function and the Chi-Square Probability Distribution, 1950.
  • Izbrannie Trudy (Selected Works). Izd. AN SSSR, Moscow , 1960.

関連文献[編集]

  • N V Smirnov, "Evgeny Evgenievich Slutsky", Izvestiya Akademii nauk SSSR 6 (1941), 389-394.
  • A N Kolmogorov, "Evgeny Evgenievich Slutsky", Uspekhi matematicheskikh nauk 3 (1948),143-151.
  • R. G. D. Allen, "The work of Eugen Slutsky", Econometrica 18 (1950), 209-216.
  • Chetverikov, N.S. (1959). "Life and scientific activity of E.E. Slutsky".(in Russian.) In: N.S. Chetverikov Statisticheskie Issledovaniia (Statistical Investigations). Nauka, Moscow, 1975. pp.261-281.
  • B Gnedenko, "E E Slutskii : biographicheskii ocherk", in Izbrannye trudy (Moscow, 1960).
  • A A Konyus, "Eugen Slutsky", in W H Kruskal and J M Tanur (eds), International Encyclopedia of Statistics 2 (New York, 1978).
  • Seneta, E. (1985). "A sketch of the history of survey sampling in Russia". Journal of the Royal Statistical Society, Series A, 148, 118-125.
  • G Gandolfo, "Eugen Slutsky", in J Eatwell, M Milgate and P Newman (eds.), The New Palgrave Dictionary of Economics 4 (London, 1987).
  • E Seneta, "E E Slutsky", in N L Johnson and S Kotz (eds.), Encyclopedia of Statistical Sciences 8 (New York, 1988).
  • Seneta, E. (1992). "On the history of the Strong Law of Large Numbers and Boole's Inequality". Historia Mathematica 19, 24-39.
  • O B Sheinin, "Chuprov, Slutsky, and Chetverikov: some comments", Historia Mathematica 20 (3) (1993), 247-254.
  • L G Les'ko, "A sketch of the life and scientific work of Evgen Evgenovich Slutskii" (Ukrainian), in The Institute of Mathematics : Outlines of its development (Ukrainian) (Kiev, 1997), 165-174.
  • L G Les'ko, "Mathematical economics in the work of E E Slutskii" (Ukrainian), in The Institute of Mathematics : Outlines of its development (Ukrainian) (Kiev, 1997), 244-248.
  • O B Sheinin, "E E Slutskii : on the 50th anniversary of his death" (Russian), Istor.-Mat. Issled. (2) No. 3(38) (1998), 128-137; 398.
  • Barnett, Vincent (2004). "E E Slutsky : Mathematical statistician, economist, and political economist?", J. Hist. Economic Thought 26 (10), 5-18.
  • Barnett, Vincent (2006). "Chancing an Interpretation: Slutsky's Random Cycles Revisited". European Journal of the History of Economic Thought 13 (3): 411–432.
  • Barnett, Vincent (2011). E.E. Slutsky as Economist and Mathematician: Crossing the Limits of Knowledge. London: Routledge.

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 論文『限界効用の理論』(The Theory of Limiting Utility)
  2. ^ コンドラチェフの波で有名なニコライ・コンドラチエフ(N. D. Kondratiev)は逮捕され、1938年処刑される。
  3. ^ a b c Barnett, Vincent (2004). "E. E. Slutsky: Mathematical Statistician, Economist, and Political Economist?". Journal of the History of Economic Thought 26 (1): 5–18;. doi:10.1080/1042771042000187844. 

外部リンク[編集]