エリベウトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はアルヴェス第二姓(父方の)はルフィーノです。
エリベウトン Football pictogram.svg
名前
本名 エリベウトン・アルヴェス・ルフィーノ
Elivélton Alves Rufino
ラテン文字 ELIVÉLTON
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1971-07-31) 1971年7月31日(49歳)
出身地 セラニアポルトガル語版
選手情報
ポジション FW
代表歴
1991-1993 ブラジルの旗 ブラジル 13 (1)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エリベウトン (Elivélton) こと、エリベウトン・アルヴェス・ルフィーノ(Elivélton Alves Rufino、1971年7月31日 - )は、ブラジルミナスジェライス州出身のサッカー選手。ポジションはフォワード(ウイング[1]。スピードとテクニックに優れ、左サイドからドリブルを仕掛けるプレースタイルであった[1])。

経歴[編集]

ブラジル代表としてコパ・アメリカ1993に出場したが、ブラジルを離れたこともあり1994 FIFAワールドカップへの出場を逃した。サンパウロでは1992年にコパ・リベルタドーレスを制し、同年のインターコンチネンタルカップでも優勝した[2]。1993年のコパ・リベルタドーレス優勝後、名古屋グランパスエイトに移籍、11月6日の鹿島アントラーズ戦でデビュー、11月13日の浦和レッズでJリーグ初ゴールを決めた[3]。1シーズン目はレギュラーとしてプレーしたが、2シーズン目はベンチスタートになることも増え、1stステージ終了後に退団した。名古屋時代、ゴールを決めると両手首と腰を動かす独特のダンスを披露することが多かった。

クルゼイロでは1997年のコパ・リベルタドーレス決勝、スポルティング・クリスタル戦で1stレグ、2ndレグを通じての決勝ゴールを決めて優勝に大きく寄与した[1]、同年のインターコンチネンタルカップ、ドルトムント戦に出場したが0-2と敗れた。その時クルゼイロを率いていたのは名古屋時代にも監督を務めていたネルシーニョであった。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1990 サンパウロ 14 1
1991 サンパウロ 19 1
1992 サンパウロ 16 1
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1993 名古屋 - J 9 2 0 0 3 0 12 2
1994 名古屋 - J 15 5 0 0 0 0 15 5
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1995 コリンチャンス 20 2
1996 パルメイラス 23 2
1997 クルゼイロ 20 4
1998 ヴィトーリア 20 2
1999 インテルナシオナル 12 0
2000 インテルナシオナル 16 4
2001 レシフェ
2001 ポンチ・プレッタ 22 1
2002 ポンチ・プレッタ 22 5
2003 ポンチ・プレッタ
2003 サンカエターノ 8 0
2004 バイーア 0 0
2006 ウベルランジア
通算 ブラジル
日本 J 24 7 0 0 3 0 27 7
総通算

脚注[編集]

  1. ^ a b c トヨタカップ 1997年 大会公式パンフレット p.17
  2. ^ “ELIVÉLTON”. desenvolvimento.miltonneves.com. https://web.archive.org/web/20111002131127/http://desenvolvimento.miltonneves.com.br/QFL/Conteudo.aspx?ID=61564 2020年5月3日閲覧。 
  3. ^ “エリベウトン”. data.j-league. https://data.j-league.or.jp/SFIX04/?player_id=1601 2020年5月3日閲覧。 

外部リンク[編集]