エモーショナル・ビート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エモーショナル・ビート
放送方式 生放送
放送期間 1993年4月1日〜2002年3月29日
放送時間 月〜木曜日 16:00-20:00
放送局 TOKYO FM
パーソナリティ 鈴木しょう治
小田靜枝
市川博樹
山本シュウ
北野順一
松山三四郎
テンプレートを表示

エモーショナル・ビートEMOTIONAL BEAT)は、TOKYO FMで放送されていたラジオ番組。

概要[編集]

第一期[編集]

1993年4月1日1996年3月29日

パーソナリティ[編集]

  • Part1
『カタクリコホットライン・ゴールドラッシュ』のパーソナリティについては、カタクリコホットライン・ゴールドラッシュ#出演者の節を参照。
  • Part2

コーナー[編集]

1993年3月~1995年3月
  • サウンド・エモーション
  • ハロー・ハートビート
  • ヒット・チャレンジ
  • ミュージック・スクランブル
  • キャンパス・トレンド
  • ニューヨーク・ベスト10
  • エンターテイメント・スポットライト
  • 関電工 サウンド・トラック・ストーリー
  • TOKYOボックス・オフィス・レヴュー
  • ワールドニュースコール
  • コンバース スポーツラッシュ
  • 飯星景子のハチャメチャ・スクラッチ(1994年4月~)
1995年4月~1996年3月
  • ヒット曲集中リクエスト
  • ヒット・チャレンジ
  • マックスファクター・インターナショナル UVインフォメーション
  • ゲストを迎えて大騒ぎ
  • SUMITOMO BANK ウェルカム・ニュー・カマーズ
  • ハローハートビート
  • ワールドニュースコール
  • 放課後の夕刊
  • スポーツ・ラッシュ
  • スーパーゴールド
  • ボックス・オフィス・レビュー
  • しょうちゃんの一押しダンス(月曜日、1995年10月~1996年3月)
  • 渋谷でタッチ(火曜日・木曜日、1995年10月~1996年3月)

第二期[編集]

1996年4月1日1998年3月31日

パーソナリティ[編集]

コーナー[編集]

  • クイズ3000万人の常識~今日のシュウテウィング・ソング
  • 今日のシュウティング・スター
  • 直撃逆電コーナー
  • ヒットチャレンジ
  • スターズ・オン・ザ・ストリート
  • スポーツライン
  • 青春のメロディ
  • 街角チェック!チェック!
  • 飯星景子のイーボシ・ウメボシ・今日もヨシ
  • フレッシュゲスト
  • 鹿島信治のスポーツレポート
  • ボックス・オフィス・レビュー

第三期[編集]

1998年4月1日2002年3月29日

パーソナリティ[編集]

コーナー[編集]

Part1
  • TOYOTA ヒッツ&メモリーズ (出演:北野順一、高橋里華(月・火)、棚橋由美(水・木))
  • OH! NEW YORK (2001年4月まで)
  • Harry me! presents「TRY OUT! NEW YORK」powered by WARP magazine (2001年4月から)
  • イベントインフォメーション
  • ぴあチケッティングナウ
  • 日経エンタテインメント! presents エモーショナル・トピックス (2001年3月まで)
  • 来てくれ!
  • フューチャーヒッツ
  • ZERO GROOVE
Part2
  • エモーショナルビート Today's フラッシュ!
  • オロナミンCプレゼンツ 元気ネット
  • KODANSHA 男塾・女塾
  • エモーショナル・ヒッツパレード
  • WOWOW イブニング・シアター
  • アリナミンV 直撃テレフォン残業リクエスト
  • めざせ!都内結婚 (月曜コーナー)
  • 名曲講座 (火曜コーナー)
  • モッチーズ・キッチン (水曜コーナー)
  • ホームページに来てくれ (木曜コーナー)
  • スポーツライン
  • フレッシュゲスト
  • 名曲2000
TOKYO FM 平日夕方ワイド
前番組 番組名 次番組
カタクリコホットライン・ゴールドラッシュ
(16:00 - 17:00)
17時台は日替わりの
30分番組を2本ずつ放送
わがままリクエスト DANCE SHIP TOKYO
(18:00 - 20:00)
エモーショナル・ビート