エミル・コスタディノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エミル・コスタディノフ Football pictogram.svg
Emil Kostadinov.JPG
名前
本名 エミル・ルブチョフ・コスタディノフ
Emil Lubtchov Kostadinov
ラテン文字 Emil Kostadinov
ブルガリア語 Емил Костадинов
基本情報
国籍  ブルガリア
生年月日 (1967-08-12) 1967年8月12日(50歳)
出身地 ソフィア
身長 177cm
体重 73kg
選手情報
ポジション MFFW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1990 ブルガリアの旗 CSKAソフィア 119 (36)
1990-1994 ポルトガルの旗 FCポルト 114 (43)
1994 スペインの旗 デポルティボ・ラ・コルーニャ 9 (2)
1995-1996 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 27 (7)
1996-1997 トルコの旗 フェネルバフチェSK 25 (11)
1997 メキシコの旗 UANLティグレス 9 (2)
1998 ブルガリアの旗 CSKAソフィア 11 (4)
1998-1999 ドイツの旗 1.FSVマインツ05 4 (1)
代表歴
1988-1998 ブルガリアの旗 ブルガリア 70 (27)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エミル・コスタディノフЕмил Костадинов、Emil Kostadinov、1967年8月12日 -)は、ブルガリアの元サッカー選手。ポジションはMF(攻撃的MF)、FW

経歴[編集]

コスタディノフは1985年CSKAソフィア選手経歴を始めると、1980年代後半にはフリスト・ストイチコフリュボスラフ・ペネフらと共に、ブルガリアリーグ優勝3回、ブルガリアカップ優勝3回、1988-89シーズンのUEFAカップウィナーズカップ準決勝進出に貢献した。1990年ポルトガルFCポルトへ移籍すると、2度のリーグ優勝(1992年、1993年)に貢献した[1]。1994年にはスペインデポルティボ・ラ・コルーニャ、1995年にはドイツのバイエルン・ミュンヘンへ移籍し、UEFAカップ1995-96優勝に貢献した[2]

ブルガリア代表としては1988年12月24日に行われたUAE代表戦でデビューを飾り、この試合で初得点を決めた[3]FIFAワールドカップ・アメリカ大会予選では、1993年11月13日フランスパリパルク・デ・プランスで行われた最終戦のフランス代表戦において、37分にクラシミール・バラコフのコーナーキックから同点となるヘディングシュートを決め、試合終了間際の89分にはリュボスラフ・ペネフのパスから決勝点を決め本大会出場に導いた(パリの悲劇[1][4]

1994年の本大会においても7試合にフル出場し[3]、同国の過去最高の成績となる4位に貢献。1996年UEFA EURO '961998年FIFAワールドカップ・フランス大会にも出場し[3]、1998年6月24日に行われたワールドカップグループリーグ最終戦、スペイン代表戦(試合は1-6でブルガリアの敗退)が代表として最後の試合と得点となった[2][3]。代表での通算成績は国際Aマッチ70試合出場27得点[3]

ワールドカップ終了から1年後の1999年1.FSVマインツ05に在籍したのを最後に現役を引退した。引退後は2000年から2001年2006年から2009年にかけて古巣のCSKAソフィアでテクニカルディレクターを務めた[2]

個人タイトル[編集]

  • ブルガリア年間最優秀選手賞 1回(1993年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 両チームを激励するコスタディノフ氏”. UEFA.com (2011年5月17日). 2017年4月26日閲覧。
  2. ^ a b c Bulgarians remain in shadow of class of '94”. BBC News (2010年9月2日). 2017年4月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e Emil Lyubchov Kostadinov - Goals in International Matches”. rsssf.com. 2017年4月28日閲覧。
  4. ^ Les Bleus' American nightmare”. FIFA.com (2015年9月10日). 2017年4月26日閲覧。

外部リンク[編集]