エドガー・フローゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エドガー・フローゼ
Edgar Froese
Tangerine-dream-ebw-2.jpg
エドガー・フローゼ(2007年)
基本情報
出生名 Edgar Willmar Froese
生誕 (1944-06-06) 1944年6月6日
出身地 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 東プロイセンティルジット
死没 (2015-01-20) 2015年1月20日(70歳没)
ジャンル 電子音楽
職業 ミュージシャンソングライター
担当楽器 ピアノ、シンセサイザー、ギター、ベース、ハーモニカ、メロトロン、オルガン、ホルン、メロフォン
活動期間 1964年 - 2015年
レーベル ヴァージン/EMI
共同作業者 タンジェリン・ドリーム
トーステン・クォーシュニック
山根星子

エドガー・フローゼドイツ語: Edgar Froese, 1944年6月6日 - 2015年1月20日)は、ドイツのアーティストであり電子音楽の先駆者であり、電子音楽グループであるタンジェリン・ドリームの結成で最もよく知られている。 2003年以前の彼のソロおよびグループにおけるレコーディングでは「Edgar Froese」と記名されているが、2003年以降のソロ・アルバムには「Edgar W. Froese」という記名されている。

略歴[編集]

フローゼは、第二次世界大戦中のD-デイ東プロイセンティルジットで生まれた。父親を含む彼の家族はナチスによって殺され、戦後、母親と生き残った家族は西ベルリンに定住した[1]。彼は12歳からピアノのレッスンを受け、15歳でギターを弾き始めた[2]。芸術に対する早期の適性を示した後、フローズは絵画や彫刻を学ぶために西ベルリンの芸術アカデミーに入学した。

1965年、彼はサイケデリック・ロックや、ロックやR&Bのスタンダードを演奏した「ザ・ワンズ (The Ones)」と呼ばれるバンドを結成した。スペインでの演奏中、ザ・ワンズはカダケスにあるサルバドール・ダリの別荘での演奏に招待された。ダリとの出会いには大きな影響を受け、自身の音楽でより実験的な方向性を追求するようダリからインスパイアされた。シングル( "Lady Greengrass" / "Love of Mine")を1枚だけリリースしたザ・ワンズは1967年に解散した。ベルリンに戻り、フローゼは後にタンジェリン・ドリームとなるフリー・ロック・バンドのミュージシャンを募集し始めた。

私生活[編集]

フローゼは、ベジタリアン、絶対禁酒主義、非喫煙者であることを宣言した。彼はドラッグもやらなかった[3]。フローゼは1974年から2000年に彼女が亡くなるまで、アーティストおよび写真家のモニク・フローゼと結婚していた。息子のジェローム・フローゼは1990年から2006年までタンジェリン・ドリームのメンバーを務めた。2002年、エドガー・フローゼは芸術家でミュージシャンのビアンカ・フローゼ・アクエイと再婚した[4]

フローゼは、2015年1月20日に肺血栓塞栓症によりウィーンで突然死した[5][6]。彼は、2015年に生涯功労に対してシャルウェル名誉賞を死後に授与された[7]。彼がかつて言った言葉が、BBCによって引用された:「死はありません。ただ私たちの宇宙における住所が変わるのです」[1]

フローゼは、デヴィッド・ボウイブライアン・イーノイギー・ポップ、George Moorse、フリードリヒ・グルダらアーティストの友人であった[8]。ポップとボウイは、フローゼや彼の家族と一緒にシェーネベルクの自宅で暮らし、その後、ハウプト通りのアパートに引っ越した。また、フローゼはボウイの再生を助け、ベルリンのアンダーグラウンド・シーンに彼を紹介した[9][10]。ボウイは、ベルリンでの彼の人生へのサウンドトラックかつ大きな影響として、フローゼのソロ・アルバムを『イプシロン・イン・マレイシアン・ペール』と命名した[11]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 『アクア』 - Aqua (1974年)
  • 『イプシロン・イン・マレイシアン・ペール』 - Epsilon in Malaysian Pale (1975年)
  • Macula Transfer (1976年)
  • 『エイジス』 - Ages (1978年)
  • 『スタントマン』 - Stuntman (1979年)
  • Electronic Dreams (1980年、circa.) ※コンピレーション
  • Solo 1974–1979 (1981年) ※コンピレーション
  • Kamikaze 1989 (1982年) ※映画『カミカゼ1989』サウンドトラック、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー主演
  • Pinnacles (1983年)
  • Beyond the Storm (1995年) ※コンピレーション。一部新曲、リミックス
  • Introduction to the Ambient Highway (2003年) ※サンプラー・コンピレーション
  • Ambient Highway, Vol. 1 (2003年) ※コンピレーション。一部新曲、リミックス
  • Ambient Highway, Vol. 2 (2003年) ※コンピレーション。一部新曲、リミックス
  • Ambient Highway, Vol. 3 (2003年) ※コンピレーション。一部新曲、リミックス
  • Ambient Highway, Vol. 4 (2003年) ※コンピレーション。一部新曲、リミックス
  • Dalinetopia (2004年)
  • 『エイジス2005』 - Ages (2005年) ※再録音・リミックス・バージョン
  • 『イプシロン・イン・マレーシアン・ペール2004』 - Epsilon in Malaysian Pale (2005年) ※再録音・リミックス・バージョン
  • 『スタントマン2005』 - Stuntman (2005年) ※再録音・リミックス・バージョン
  • 『アクア2005』 - Aqua (2005年) ※再録音・リミックス・バージョン
  • 『マキュラ・トランスファー2005』 - Macula Transfer (2005年) ※再録音・リミックス・バージョン
  • 『ピナクルズ2005』 - Pinnacles (2005年) ※再録音・リミックス・バージョン
  • Orange Light Years (2005年) ※コンピレーション。一部新曲、リミックス
  • Solo 1974–1983 - The Virgin Years (2012年) ※コンピレーション

ソロ楽曲収録アルバム[編集]

  • タンジェリン・ドリーム : '70 – '80 (1981年) ※コンピレーション・ボックスセット。フローゼのソロ曲「Baryll Blue」(『エイジス』のアウトテイク)収録
  • Various Artists : The Best of the O1/W (1992年) ※プロモーション・コンピレーション盤。フローゼの曲「Michiko」収録。ルグ・01/Wシンセサイザーのデモンストレーションとなっている
  • ウィリアム・シャトナー : 『シーキング・メイジャー・トム』 - Seeking Major Tom (2011年) ※ピンク・フロイドの「幻の翼」のカバーでギターとキーボードを演奏[12]
  • ウィリアム・シャトナー : Ponder the Mystery (2013年) ※「Do You See?」でギター・ソロを提供

エドガー・フローゼのタンジェリン・ドリームとしてのソロ・マテリアル[編集]

アルバム『Tangents』は、1994年に発表された5枚のCDからなるタンジェリン・ドリームのコンピレーション・アルバム・ボックスセットで、1973年から1983年までのヴァージン時代の音楽を編集している。ディスク5は「未発表のマテリアル」作曲家としてのフローゼ。これらのトラックがどこでいつ録音されたか、あるいはタンジェリン・ドリームのどのラインナップによって情報が提供されていない。ほとんどのタンジェリン・ドリームの楽曲は、作曲家としてレコーディングしたラインナップを称賛している。したがって、これらはタンジェリン・ドリーム名義でリリースされたフローゼのソロ・トラックのようで、このアルバム用に録音された可能性がある。さらに、ディスク3の5曲は「エドガー・フローゼによる再録音」と記述され、ディスク3と4の残りのトラックは「エドガー・フローゼによるリミックスと追加録音」として記述されている。ディスク1と2のトラックもリミックスされ、新規のオーバーダブが含まれている。フローゼはアルバム全体のプロデューサーとして知られている。

別のコンピレーション・ボックスセットであるCD6枚組『I-Box』(2001年)には、「Ivory Town」「Storm Seekers」「Cool Shibuya」「Akash Deep」というフローゼのみがクレジットされているボーナストラックが含まれている。『Tangents』からのフローゼの曲もいくつか含まれている。

『フェードラ2005』(2005年発表。1974年のアルバム『フェードラ』の再録音)、『タングラム2008』(2008年発表。1980年のアルバム『タングラム』の再録音)、『ハイパーボレア2008』(2008年発表。1983年のアルバム『ハイパーボレア』の再録音)は、タンジェリン・ドリーム名義でリリースされたエドガー・フローゼのソロ・アルバムである。

タンジェリン・ドリームのアルバム『ヴュー・フロム・ア・レッド・トレイン』(2008年)は、元々、エドガー・フローゼのソロ・アルバムとして発表された。最終的に他のバンド・メンバーが演奏して拡張されたが、アルバムの作曲は完全にフローゼによるもののままである。

『長崎 - 夏』(2007年)、『広島 - 冬』(2009年)、『Chandra』(2009年)を含むタンジェリン・ドリームのその他のアルバムにおいても、フローゼによってすべて作曲および演奏がなされているものがある。

書籍[編集]

  • Froese, Edgar (2014). Tangerine Dream – Force Majeure – 1967–2014. Eastgate 
  • Stump, Paul (1997). Digital gothic: A critical discography of Tangerine Dream.. Wembley: SAF. 

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b BBC News - Tangerine Dream's Edgar Froese dies at 70”. BBC News. 2020年1月31日閲覧。
  2. ^ Features | A Quietus Interview | Our Band's Not Electric: Edgar Froese From Tangerine Dream Interviewed”. The Quietus. 2014年8月5日閲覧。
  3. ^ International Vegetarian Union – Edgar Froese”. Ivu.org (1944年6月6日). 2014年8月5日閲覧。
  4. ^ III, Harris M. Lentz (31 March 2016). Obituaries in the Performing Arts, 2015. McFarland. ISBN 9780786476671. https://books.google.co.uk/books?id=BLcfDAAAQBAJ&pg=PA122 2017年11月8日閲覧。 
  5. ^ “Tangerine Dream founder Edgar Froese dies”. The Guardian. (2015年1月23日). https://www.theguardian.com/music/2015/jan/23/tangerine-dream-founder-edgar-froese-dies 2015年1月24日閲覧。 
  6. ^ R.I.P. Tangerine Dream's Edgar Froese”. Exclaim! (2014年1月23日). 2015年1月23日閲覧。
  7. ^ Schallwelle Preis - International Information”. Schallwelle Preis. 2015年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月31日閲覧。
  8. ^ Hugues, Pascale (2017年8月1日). “Tangerine Dream im Kiez: Als David Bowie bei Edgar Froese im Bayerischen Viertel wohnte” (German). Tagesspiegel.de. 2020年1月31日閲覧。
  9. ^ “ZEITGESCHICHTEN Tangerine Dream - Groove” (ドイツ語). Groove. (2015年1月26日). https://groove.de/2015/01/26/zeitgeschichten-tangerine-dream/ 2018年9月21日閲覧。 
  10. ^ “Tangerine Dream”, Oxford Music Online, Oxford University Press, (2001), doi:10.1093/gmo/9781561592630.article.46639 
  11. ^ “Bowie’s Berlin: the city that shaped a 1970s masterpiece” (英語). History Extra. https://www.historyextra.com/period/20th-century/bowies-berlin-the-city-that-shaped-a-1970s-masterpiece/ 2018年9月21日閲覧。 
  12. ^ Announcing the Song Line Up for Bill Shatner's Upcoming Album Searching for Major Tom”. WilliamShatner.com. 2011年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月31日閲覧。

外部リンク[編集]