カダケス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Cadaqués
Cadaques.JPG
Flag of Catalonia.svg カタルーニャ州
Flag of Girona province (unofficial).svg ジローナ県
地域 コマルカス・ジロニーナス
コマルカ Bandera de l'Alt Empordà.svg アルト・アンプルダー
面積 26.4 km²
標高 23m
人口 2,935 人 (2012年[1]
人口密度 111.17 人/km²
住民呼称 cadaquesenc/-ca
Cadaquésの位置(スペイン内)
Cadaqués
Cadaqués
スペイン内カダケスの位置
Cadaquésの位置(ジローナ県内)
Cadaqués
Cadaqués
ジローナ県内カダケスの位置

北緯42度17分28秒 東経03度16分38秒 / 北緯42.29111度 東経3.27722度 / 42.29111; 3.27722座標: 北緯42度17分28秒 東経03度16分38秒 / 北緯42.29111度 東経3.27722度 / 42.29111; 3.27722

カダケスカタルーニャ語: Cadaqués)は、スペインカタルーニャ州ジローナ県ムニシピ(基礎自治体)。アルト・アンプルダーに属する。スペイン本土では最東端のクレウス岬半島近郊の湾に位置する。

歴史[編集]

元々の地名は、カプ・デ・ケルス(Cap de Quers)またはカプ・ダケス(Cap d'Aques)で、岩の岬を意味していた。

伝統的にカダケスは漁村として知られており、16世紀以降は特に有名であった。19世紀には製塩が盛んになったが、現在工場は残っていない。専らカダケスの経済はアンチョビ水揚げで成り立っていた。

やがて、周囲から隔絶している土地柄が芸術家や観光客を惹きつけ、20世紀初頭から観光客が集まり始め、手つかずの漁村の風景が維持されるようになる。1905年以降は、バルセロナフィゲーラスジローナなどの近郊都市から、人々が保養に訪れるようになった。

画家のサルバドール・ダリは別荘をカダケスに所有しており、夏季には家族とともに同地を訪れ、詩人のフェデリコ・ガルシア・ロルカも学生時代にそこを訪問している。戦時中、ダリはニューヨークで暮らしたが、1948年に帰国しカダケスの入り江のひとつポルト・リガト英語版に移り住んだ。他にもパブロ・ピカソジョアン・ミロモーリス・ボワトルマルセル・デュシャンなどが同地に魅せられている。

1956年には低温の影響でオリーブ栽培が中止されたが、今日、オリーブ林はクレウス岬自然公園内の(自然公園は自治体の重要な部分を占める)運営可能な事業とされており、防火林の役割も果たしている。

人口[編集]

カダケスの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[2]、1996年 - [3]

名所・観光[編集]

  • サルバドール・ダリ美術館
  • 旧市街とサンタ・マリーア教会
  • カダケス国際音楽フェスティバル
  • クレウス岬自然公園
  • カダケス美術館

脚注[編集]

外部リンク[編集]