エドガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エドガイ
EDGUY
Edguy – Hamburg Metal Dayz 2014 02.jpg
ドイツ・ハンブルク公演 (2014年9月)
基本情報
出身地 ドイツの旗 ドイツ
ヘッセン州 フルダ
ジャンル パワーメタル[1][2]
ヘヴィメタル[1][2]
ネオクラシカルメタル[2]
プログレッシブ・メタル
ハードロック[2]
活動期間 1992年 - 現在
レーベル AFMレコード
ニュークリア・ブラスト
公式サイト http://www.edguy.net/
メンバー トビアス・サメット(Vo/Key)
イェンス・ルドヴィグ(G)
ダーク・ザウアー(G)
トビアス・エクセル(B)
フェリックス・ボーンケ(Ds)
旧メンバー 以下を参照

エドガイEDGUY)は、ドイツ出身のパワーメタルバンド

活動初期の頃から、ハロウィンガンマ・レイ等のジャーマン・メタル第二世代の強い影響を受け、それらに次ぐ第三世代としての地位を確立している。

略歴[編集]

イタリア・ミラノ公演 (2006年6月)

1992年ヘッセン州フルダで、同じ学校に通う友人同士によって結成。メンバーは当時まだ14歳であった。

『EVIL MINDED』と『CHILDREN OF STEEL』という2本のデモ・テープを制作後、1995年に自主制作アルバム『Savage Poetry』をリリースする。その後、AFMレコードと契約して正式なデビュー・アルバム『キングダム・オブ・マッドネス』を1997年にリリース。リリース後にドミニク・ストール(Ds)が脱退しするが、後任にフランク・リンデンタル(Ds)を迎える。

1998年リリースの2ndアルバム『ヴェイン・グローリー・オペラ』はブラインド・ガーディアンハンズィ・キアシュがゲスト参加、ミックスをストラトヴァリウスティモ・トルキが担当し注目を集めた。リリース後にフランク・リンデンタル(Ds)が脱退し、後任にフェリックス・ボーンケ(Ds)が加入。トビアス・エクセル(B)を迎えてトビアス・サメットがヴォーカルに専念した5人編成となり、6週間におけるヨーロッパツアーを行った。

1999年に3rdアルバム『シアター・オブ・サルヴェイション』、2000年には自主制作盤『Savage Poetry』のリ・レコーディング作となる4thアルバム『サヴェッジ・ポエトリィ』をリリースした(輸入盤は初回限定盤で自主制作盤『Savage Poetry』とのカップリングであった)。

アヴァンタジア - スウェーデン公演 (2016年2月)

その後トビアス・サメット(Vo)は、自身のメタル・オペラ・プロジェクト「アヴァンタジア」のアルバムの制作に入る。元ハロウィンマイケル・キスクガンマ・レイカイ・ハンセンなどのメロディックスピードメタル界から多数の豪華ゲストを迎えて完成したアルバム『The Metal Opera』は高セールを収め、トビアス・サメットの作曲能力の高さを広めることとなり、結果的にエドガイへの注目も一段と高まる事となった。その後、アヴァンタジアは2003年に続編『The Metal Opera part II』をリリースしするなど、継続して活動する[3]

2001年9月には5thアルバム『マンドレイク』をリリースし、ヨーロッパ・ツアーを行う。2002年5月にはラプソディー(現ラプソディー・オブ・ファイア)のサポートとして初の来日公演を行った。この『マンドレイク』リリースにおけるヨーロッパ・ツアーの模様はライブ・アルバム『バーニング・ダウン・ジ・オペラ・ライヴ』として2003年にリリースされた。

その後、新たにニュークリア・ブラストと契約し、2004年3月に6thアルバム『ヘルファイア・クラブ』リリース。このアルバムによりハロウィンブラインド・ガーディアンのフォロワーから完全に脱却しエドガイとしてのオリジナリティを確立し、アクセプトハロウィンに次ぐジャーマン・メタル第三世代としての確固たる地位を確立することとなった。7月には2度目の来日公演を行った(サポートはGalneryus)。

ブルガリア・カヴァルナ公演 (2009年7月)

2006年1月には7thアルバム『ロケット・ライド』をリリースし、翌年3月に3度目の来日公演を行った。

2008年11月に8thアルバム『ティニタス・サンクタス』をリリースし、翌年3月には、スウェーデン出身のオール・エンズと共に来日し、大阪東京にて4度目の来日公演を行った。

2010年10月に「LOUD PARK 10」に参加し、5度目の来日公演を行った[4]

2011年8月に9thアルバム『エイジ・オブ・ザ・ジョーカー』をリリース。

2014年4月に10thアルバム『スペース・ポリス-ディフェンダーズ・オブ・ザ・クラウン』をリリース[5]。9月にはユニソニックと共に来日し、ダブルヘッドライナーツアーにて、6度目の来日公演を行った。

メンバー[編集]

2009年度のラインナップ・ショット

現ラインナップ[編集]

        
トビアス・サメット(Vo) 2014年
イェンス・ルドヴィグ(G) 2014年
ディルク・ザウアー(G) 2014年
トビアス・エクセル(B) 2014年
フェリックス・ボーンケ(Ds) 2010年

旧メンバー[編集]

  • ドミニク・シュトルヒ Dominik Storch - ドラムス (1992-1997)
  • フランク・リンデンタール Frank Lindenthall - ドラムス (1998)

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

ライブアルバム
  • 2003年 バーニング・ダウン・ジ・オペラ・ライヴ - Burning Down The Opera(日本盤発売2003年08月21日)
  • 2009年 ファッキング・ウィズ・ファイア〜ライヴ・イン・サンパウロ2006 - Fucking With Fire - Live(日本盤発売2009年04月22日)
コンピレーション
  • 2004年 ホール・オブ・フレイムス (ベスト・オブ・エドガイ)Hall Of Flames(日本盤発売2005年03月30日)
デモ
  • 1994年 Evil Minded
  • 1994年 Children Of Steel

シングル・EP[編集]

ライブビデオ[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

  • アヴァンタジア - ヴォーカルのトビアス・サメットによるメタル・オペラ・プロジェクト

外部リンク[編集]