エゾアジサイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エゾアジサイ
エゾアジサイ Hydrangea serrata var. megacarpa.JPG
福島県会津地方 2008年7月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: アジサイ科 Hydrangeaceae
: アジサイ属 Hydrangea
: ヤマアジサイ H. serrata
変種 : エゾアジサイ H. s. var. yesoensis
学名
Hydrangea serrata (Thunb.) Ser. var. yesoensis (Koidz.) H.Ohba[1]
シノニム
和名
エゾアジサイ(蝦夷紫陽花)

エゾアジサイ(蝦夷紫陽花[2]学名Hydrangea serrata var. yesoensis)は、アジサイ科アジサイ属[注 1]落葉低木。別名では、ムツアジサイ[1]ともよばれている。植物分類学では、ヤマアジサイの変種とされる。

分布と生育環境[編集]

日本北海道本州京都府以北の日本海側の多雪地帯)、九州(北部と大隅半島)に分布し[3][2]、深山の沢沿い、薄暗いやや湿った場所に自生する。庭や公園にも植栽されている[3]。多雪地帯では冬場は雪に埋まり、見かける機会は少ない[2]

ただし、福井県以西のものはヤマアジサイの多雪適応型とする見解もある[4]。また、南九州の一部に産する本種とされたものは、その後(2001年)別種(または亜種)のナンゴクヤマアジサイ (H.serrata var.australis) として記載された[5][6]

特徴[編集]

落葉広葉樹の低木で、高さは1 - 1.5メートル (m) くらいになる[3]。日本海側の多雪地帯では、幹が積雪で倒されて横に伸びていることが多い[2]。幹は灰褐色から茶褐色で、皮目は少ない[2]葉柄があり、茎に対生し、葉身は大きく、長さ10 - 17センチメートル (cm) の楕円形で、葉縁には粗い鋸歯がある[3]

花期は6 - 8月で[3]、青色、青淡色の小さな両性花のまわりに花弁4枚の装飾花をつける。装飾花も大きく、直径は3 - 4 cmほどあり、花色は青紫色や淡紅色、白色がある[3]。両性花は結実して果実蒴果)をつくる[3]。果序は冬にも残り、花色の青味を帯びることがある[2]

冬芽は、枝先の頂芽は芽鱗がすぐに脱落してしまい裸芽となる[2]。側芽は枝に対生する[2]。冬芽のわきにある葉痕は三角形から腎形で、維管束痕が3個つく[2]

シノニム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ APG体系クロンキスト体系ではユキノシタ科としているが、古い新エングラー体系ではユキノシタ科としていた[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Hydrangea serrata (Thunb.) Ser. var. yesoensis (Koidz.) H.Ohba” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年8月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2014, p. 87.
  3. ^ a b c d e f g 平野隆久監修 永岡書店編 1997, p. 206.
  4. ^ 川島榮生著『アジサイ百科』P.124,P.234 アボック社刊、2010年 ISBN=978-4-900358-67-6
  5. ^ 川島榮生著『アジサイ百科』P.164 アボック社刊、2010年 ISBN=978-4-900358-67-6
  6. ^ http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200902124605621255
  7. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. subsp. yesoensis (Koidz.) Kitam.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年8月29日閲覧。
  8. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Hydrangea belzonii Siebold et Zucc.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年8月29日閲覧。
  9. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Hortensia cuspidata (Thunb.) H.Ohba et S.Akiyama f. yesoensis (Koidz.) H.Ohba et S.Akiyama” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年8月29日閲覧。
  10. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. var. megacarpa Ohwi” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年8月29日閲覧。
  11. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Hydrangea serrata (Thunb.) Ser. var. megacarpa (Ohwi) H.Ohba” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年8月29日閲覧。
  12. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Hydrangea serrata (Thunb.) Ser. subsp. yesoensis (Koidz.) Kitam.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年8月29日閲覧。
  13. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. var. acuminata (Siebold et Zucc.) Makino f. yesoensis (Koidz.) Ohwi” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年8月29日閲覧。
  14. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. var. megacarpa Ohwi f. stellifera” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年8月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 『樹皮と冬芽:四季を通じて樹木を観察する 431種』誠文堂新光社〈ネイチャーウォチングガイドブック〉、2014年10月10日、87頁。ISBN 978-4-416-61438-9 
  • 平野隆久監修 永岡書店編 『樹木ガイドブック』永岡書店、1997年5月10日、206頁。ISBN 4-522-21557-6