エウジェニオ・カラビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エウジェニオ・カラビ
Eugenio Calabi.jpeg
生誕 (1923-05-11) 1923年5月11日(93歳)
イタリア王国の旗 イタリア王国ミラノ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 微分幾何学偏微分方程式
研究機関 ペンシルベニア大学
ミネソタ大学
出身校 マサチューセッツ工科大学
プリンストン大学
博士課程
指導教員
サロモン・ボホナー
主な業績 カラビ予想
カラビ-ヤウ多様体
主な受賞歴 パットナムフェロー英語版1946年
スティール賞1991年
プロジェクト:人物伝

エウジェニオ・カラビ: Eugenio Calabi1923年5月11日 - )は、イタリア王国ミラノ出身の[1]イタリア系アメリカ人数学者

ペンシルベニア大学名誉教授であり、研究分野は微分幾何学偏微分方程式である。

カラビ-ヤウ空間を微分幾何学の立場から研究したためカラビ予想の由来にもなり、中国系アメリカ人数学者のシン=トゥン・ヤウと共にカラビ-ヤウ多様体に名が残っている。

来歴[編集]

1946年マサチューセッツ工科大学の学部生時代にパットナムフェロー英語版を受賞した。

1950年プリンストン大学Ph.D.博士号)を取得する。なお、カラビの指導教官はボホナー積分に名を残すアメリカの数学者、サロモン・ボホナーであった[2]。その後、ミネソタ大学教授を務めた。

1964年にペンシルベニア大学で数学を教え、1967年にはラーデマッヘルの定理に名を残すドイツの数学者ハンス・ラーデマッヘルの引退にともない、トーマス・A・スコット教授職英語版に任命される。

1991年、微分幾何学の研究の実績でアメリカ数学会から授与されるスティール賞を受賞。

2012年、アメリカ数学会フェローに選出される[3]

脚注[編集]

  1. ^ American Men and Women of Science, Thomson Gale 2004
  2. ^ エウジェニオ・カラビ - Mathematics Genealogy Project
  3. ^ List of Fellows of the American Mathematical Society, retrieved 2012-11-10.

関連項目[編集]