エイミー・マクドナルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エイミー・マクドナルド
Amy Macdonald
2010年
2010年
基本情報
出生名 Amy Elizabeth Macdonald
出生 1987年8月25日(26歳)
出身地 スコットランドの旗 スコットランドイースト・ダンバートンシャイアビショップビッガー
ジャンル ソフトロック
ポップ・ミュージック
フォークロック
フォークソング
ロック
職業 シンガーソングライター
ミュージシャン
担当楽器 ボーカルピアノギターキーボード
活動期間 2007年 - 現在
レーベル イギリスの旗ヴァーティゴ
日本の旗ユニバーサル・インターナショナル
公式サイト AMY MACDONALD co.uk

エイミー・マクドナルドAmy Elizabeth Macdonald, 1987年8月25日 - )は、スコットランド出身のイギリスシンガーソングライター。 2007年にリリースされたデビュー・アルバム『This Is the Life』は、全英アルバムチャートで1位を記録した[1]

生い立ち[編集]

イギリスの北部にあるスコットランドの中心部グラスゴーから北西に位置するイースト・ダンバートンシャイアにある小さな町であるビショップビッガーで、スコットランド人である両親の間に生まれた。 家はグラスゴー郊外の典型的な中産階級であった。 父親は測量士のジミー・マクドナルドと母親は会計士のジョ・マクドナルドである。姉に医者になることを志すケイティがいる。 主にビショップビッガーで育った。

マクドナルドは、2000年7月に行われたスコットランドの野外ロック・フェスティバルである「 T in the Park」フェスティバルで、同じスコットランド出身の、 ロックバンドであるトラヴィスの演奏を聴いていた。 そのトラヴィスのアルバム『ザ・マン・フー』その中でもとりわけ「ターン」に多大なる衝撃を受けた。12歳の頃のことであった。

それから父親の使い古しのギターで独習した[2]。ほどなくして、作詞、作曲を自ら初めた。 15歳の時、マクドナルドは、地元ビショップビッガーにある高校に通っていた。そのかたわら、グラスゴー市内にあるスコティッシュパブやカフェなどを演奏のため回った。町のストリートなどでも演奏をする日々を過ごした。とにかく演奏できる場所に行った。

17歳の時、たまたまニュー・ミュージカル・エクスプレスに新人歌手募集している広告を見かけた。やがて、マクドナルドは、たくさんの曲を詰めたデモCDを、レコード会社に送った。そのデモCDを音楽プロデューサーであるピート・ウィルキンソンが聴いた。文字どうり仰天したという。 すぐに連絡がマクドナルドの元にきた。その後、ピート・ウィルキンソンと共にレコーディングに時間を費やした。やがてそれは完成した。それがデビュー・アルバム『This Is the Life』であった。

主な経歴[編集]

2007年7月、デビュー・アルバム『This Is the Life』は、全英アルバムチャートで初登場2位を記録した。その後も長期間にわたってチャートインし続け、翌年の2008年の1月に、ついに第1位を記録した。 スイス、オランダ、デンマーク、ビルボード・ヨーロピアン・アルバム・チャートでは1位を記録。ベルギー、スペインで2位、 ドイツ、オーストリアでは3位、スウェーデンでは5位であった。[3] この『This Is the Life』は、世界中で26個のプラチナとゴールドを獲得した。

2008年、スコティッシュ・プレミアリーグフォルカークFCに所属していたサッカーのストライカーであるスティーヴ・ラヴェルと結婚[4]

2009年頃から、2枚目のアルバム製作に取り掛かった。翌年の2010年に2枚目のアルバム『A Curious Thing』が完成した。 2枚目のアルバムである『A Curious Thing』は全英アルバムチャートで4位を記録した。ドイツ、スイス、オーストリア、ビルボード・ヨーロピアン・アルバム・チャートでは1位を記録。オランダ、ベルギー、ギリシャで2位、スウェーデンでは5位、デンマークにおいては7位であった。

2009年、ドイツでエコー賞の「Best Newcomer International」を受賞[5][6] 。 同年、スイス・ミュージック・アウォーズの「Best International Album」と「Best International Song」をダブル受賞[7]。 2011年にはエコー賞の「best international Rock/Pop Female」を受賞した[8]

ディスコグラフィー[編集]

エイミー・マクドナルド(2008年)

アルバム[編集]

  • "This Is the Life"(2007) - 全英1位
  • "A Curious Thing"(2010) - 全英4位

シングル[編集]

  • "Poison Prince"(2007)
  • "Mr. Rock and Roll"(2007)
  • "L.A."(2007)
  • "This Is the Life"(2007)
  • "Run"(2008)
  • "Don't Tell Me That It's Over"(2010)
  • "Spark"(2010)
  • "This Pretty Face"(2010)
  • "Love Love"(2010)
  • "Your Time Will Come"(2010)

EP[編集]

  • "Amy Macdonald"(2007)
  • "Live from Glasgow"(2007)
  • "This Is the Life: Deluxe Edition"(2008)
  • "A Curious Thing: Deluxe edition"(2010)
  • "A Curious Thing: Special Orchestral Edition"(2010)
  • "The Love Love UK and European Arena Tour Live 2010"(2010)

受賞とノミネート[編集]

エイミー・マクドナルド(2010年)
カテゴリ 結果
2011 スイス・ミュージック・アウォーズ Best International Album Rock/Pop - 'A Curious Thing' 受賞
2011 エコー賞 Best International Rock/Pop Female 受賞
2010 タータン・クレフ・アワード Best Album - 'A Curious Thing' 受賞
2009 スイス・ミュージック・アウォーズ Best International Album - 'This Is The Life' 受賞
Best International Song - 'This Is The Life' 受賞
エコー賞 Best Newcomer International 受賞
2008 デイリー・レコード Scottish Person of the Year 受賞
2007 シルバー・クレフ・アワード Best Newcomer 受賞

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “MacDonald tops the UK album chart”. bbc.co.uk. (2008年1月13日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/7186208.stm 2011年5月24日閲覧。 
  2. ^ Amy Macdonald – Official Biography”. Amy MacDonald — The Official Site. 2011年5月24日閲覧。
  3. ^ Amy Macdonald - This Is The Life”. acharts.us. 2011年5月24日閲覧。
  4. ^ Pop Star Amy MacDonald Falls For SPL Star”. Sunday Mail (2008年2月17日). 2011年5月15日閲覧。
  5. ^ Amy Macdonald snubbed by British awards but up for a gong in Germany”. Daily Record (2009年1月27日). 2011年5月15日閲覧。
  6. ^ Amy Macdonald Reacts To Echo Awards Nomination”. popdirt.com (2009年1月26日). 2011年5月15日閲覧。
  7. ^ Amy, Stefanie und Zuri West raumen ab” (German). persoenlich.com (2009年2月20日). 2011年5月15日閲覧。
  8. ^ Gewinner ECHO 2011”. 2011年5月15日閲覧。

外部リンク[編集]