ウー・ラ・ラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウー・ラ・ラ
フェイセズスタジオ・アルバム
リリース
録音 ロンドンオリンピック・スタジオ(1972年9月 - 1973年1月)
ジャンル ロック
時間
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
プロデュース グリン・ジョンズ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(イギリス[1]
  • 21位(アメリカ[2]
  • 73位(日本[3]
  • フェイセズ 年表
    馬の耳に念仏
    (1971年)
    ウー・ラ・ラ
    (1973年)
    ロッド・スチュワート・アンド・フェイセズ/ライヴ
    (1974年)
    テンプレートを表示

    ウー・ラ・ラ』 (Ooh La La) は、イギリスロックバンドフェイセズの1973年のアルバム。彼らのスタジオ・アルバムとしては最終作。

    アルバム[編集]

    ロッド・スチュワートのソロ・アルバムが成功すると、バンド内では他のメンバーとの溝が深まっていった。コンサートではメンバーがロッドのバックミュージシャンのような形になっていた。イアン・マクレガンによれば『ウー・ラ・ラ』は「ロニー・レーンのアルバム」であった。ロッドはレコーディングの最初の2週間程、ほとんど不在であったが、ロニーが主導する形でアルバムの原型が仕上げられていった。

    アルバムのリリース直後、ロッドはメロディ・メーカー誌の単独インタビューで『ウー・ラ・ラ』を「最悪なアルバムだ」とけなしたため、他のメンバーとの仲は険悪なものとなっていった。特にロニーはこの発言に対して失望し、6月にフェイセズを脱退することとなる。ロニーの後任として元フリー山内テツが加入した。バンドはその後3枚のシングルを発表したが、アルバムを発表することなく1975年に解散した。

    ジャケット写真は1920年代のイタリア人コメディアン、エットーレ・ペトロリニの演じたキャラクター「ガストーネ」の写真である。ジャケットは切り込みが入れられ、上部を押すと写真の表情が変化するというものである。2010年にその細工を再現した紙ジャケットCD仕様で再発された。

    収録曲[編集]

    Side 1
    1. シリコン・グロウン - Silicone Grown (Stewart, Wood) - 3:05
    2. いとしのシンディ - Cindy Incidentally (McLagan, Stewart, Wood) - 2:37
    3. フラッグス・アンド・バナーズ - Flags and Banners (Lane, Stewart) - 2:00
    4. 俺のせいだ - My Fault (McLagan, Stewart, Wood) - 3:05
    5. ボースタル・ボーイズ - Borstal Boys (McLagan, Stewart, Wood) - 2:52
    Side 2
    1. フライ・イン・ジ・オイントメント - Fly in the Ointment (Jones, Lane, McLagan, Wood) - 3:49
    2. イフ・アイム・オン・ザ・レイト・サイド - If I'm on the Late Side (Lane, Stewart) - 2:36
    3. グラッド・アンド・ソーリー - Glad and Sorry (Lane) - 3:04
    4. ジャスト・アナザー・ホンキー - Just Another Honky (Lane) - 3:32
    5. ウー・ラ・ラ - Ooh La La (Lane, Wood) - 3:30

    パーソネル[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ ChartArchive - The Faces
    2. ^ Faces - Awards : AllMusic
    3. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.254