ステイ・ウィズ・ミー (フェイセズの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステイ・ウィズ・ミー
フェイセズシングル
収録アルバム 馬の耳に念仏
B面 デブリ
リリース 1971年
規格 7インチ・シングル
ジャンル ロック
レーベル ワーナー・ブラザーズ・レコード
作詞・作曲 ロッド・スチュワートロン・ウッド
プロデュース フェイセズ、グリン・ジョンズ
チャート最高順位
  • 4位(オランダ[1]
  • 6位(イギリス[2]
  • 17位(アメリカ[3]
テンプレートを表示

ステイ・ウィズ・ミー」(Stay with Me)は、イギリスロックバンドフェイセズ1971年11月に3作目のスタジオ・アルバム馬の耳に念仏』で発表した楽曲。フェイセズのロッド・スチュワートロン・ウッドが共作した。

同年シングル・カットされて、フェイセズのシングルとしては初めて全英シングルチャートでトップ100入りを果たし[2]、翌年にはトップ10入りして1972年2月5日付のチャートで最高6位に達した[4]。また、オランダのシングル・チャートでも2週連続4位を記録し、合計5週トップ10入りするヒットとなった[1]

この曲は、『リード・ヴォーカリスト』(1993年)や『スーパースター・ストーリー〜ザ・ベスト・オブ・ロッド・スチュワート〜』(2008年)といった、ロッド・スチュワート名義のコンピレーション・アルバムにも収録された。また、スチュワートはソロ名義のライヴでもこの曲を歌っており、『アブソルートリー・ライヴ』(1982年)にはティナ・ターナーキム・カーンズがゲスト参加した際のライヴ音源が収録され[5]、『アンプラグド』(1993年)にはMTVアンプラグドに出演した際のライヴ音源が収録された。

『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・グレイテスト・ギター・ソングス100』に於いて、38位にランクイン[6]

他メディアでの使用例[編集]

この曲は2005年公開の映画のサウンドトラックで多用されており、『サハラ 死の砂漠を脱出せよ[7]、『ロード・オブ・ドッグタウン[8]、『ウェディング・クラッシャーズ[9]といった作品で使用された。

カヴァー[編集]

  • エルフ - まだThe Elvesというバンド名だった1971年に、この曲のカヴァーを演奏していた。2011年発売の未発表音源集『And Before Elf... There Were Elves』に収録。
  • マニック・ストリート・プリーチャーズ - シングル「シー・イズ・サファリング」(1994年)に、バーナード・バトラーとの共演によるライヴ音源を収録[10]
  • サンダー - コンピレーション・アルバム『ザ・レア、ザ・ロウ・アンド・ザ・レスト』(1999年)に収録。
  • デフ・レパード - カヴァー・アルバム『Yeah!〜イエーイ!』(2006年)に収録。
  • マクフライ - 2008年に「ドゥ・ヤ」との両A面シングルとして発表。

脚注[編集]

  1. ^ a b dutchcharts.nl - Faces - Stay With Me
  2. ^ a b ChartArchive - The Faces
  3. ^ Stay With Me - Faces: Listen, Appearances, Song Review | AllMusic - Review by Bill Janovitz
  4. ^ ChartArchive - The Faces - Stay With Me
  5. ^ ロッド・スチュワート『アブソルートリー・ライヴ』日本盤CD(WPCR-75104)ライナーノーツ(天辰保文、1982年10月4日)
  6. ^ [1]
  7. ^ Sahara (2005) - Soundtracks - IMDb.com
  8. ^ Lords of Dogtown (2005) - Soundtracks - IMDb.com
  9. ^ Wedding Crushers (2005) - Soundtracks - IMDb.com
  10. ^ Manic Street Preachers - She Is Suffering (CD) at Discogs