LITALICO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウイングルから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社LITALICO
LITALICO lnc.
NakameguroGT tower.JPG
本社の入居する中目黒GTタワー
種類 株式会社
機関設計 監査等委員会設置会社
市場情報
東証1部 6187
2016年3月14日上場
本社所在地 日本の旗 日本
153-0051
東京都目黒区上目黒2-1-1
中目黒GTタワー 15F・16F
設立 2005年12月26日
業種 サービス業
法人番号 7370001013965
事業内容 1.学習塾及び幼児教室の運営事業
2.児童福祉法に基づく障害児支援事業
3.障害者総合支援法に基づく就労支援事業
4.インターネットメディア事業
5.その他
代表者 代表取締役社長 長谷川 敦弥
資本金 3億29百万円
売上高 103億86百万円(2018年3月期)
総資産 55億27百万円(2018年3月期)
従業員数 1,925名(2018年3月現在)
決算期 3月31日
主要子会社 株式会社LITALICOライフ
関係する人物

佐藤崇弘(創業者)

長谷川敦弥(代表取締役社長)
外部リンク http://litalico.co.jp/
テンプレートを表示
LITALICOワークス所沢

株式会社LITALICO(りたりこ)は、就職困難者向けの就労サービス等を行っている会社である。

概要[編集]

「障害のない社会を作る」というビジョンを掲げ、全国主要都市で就労移行支援事業所「LITALICOワークス」や、発達障害のある子供に向けた療育・学習支援サービス「LITALICOジュニア」、子供向けのロボット・プログラミング教室の「LITALICOワンダー」を運営している。社名の由来は日本語の「利他」と「利己」から来ている。従来から提供している対人向けのサービスに加えて、2016年以降はインターネットメディア事業にも注力しており、日本最大級の発達障害者向けポータルサイト「発達ナビ」を運営している。また、社会課題を解決するパートナー企業への投資にも積極的に取り組んでいる。

事業内容[編集]

  • 障害者総合支援法に基づく就労支援事業
    • 就労移行支援サービス
      • サービス内容
        • 障害特性への理解があるスタッフが、身体障害・知的障害・精神障害のある方に限らず、発達障害や難病のある方などの「働きたい」をサポート。
        • 主には、就職準備、企業インターン、就職活動、職場定着などをサポート。
      • 拠点数:66拠点(2018年3月時点)
      • 登録者数:3,685名(2018年3月時点)
      • 2017年度就職者数:1160名(A型を除く)[1]
      • 2017年度定着率:86.1%(半年間・A型を除く)
  • 児童福祉法に基づく障害児支援事業
    • 児童発達支援サービス・放課後等デイサービス
      • 拠点数:98拠点(2018年3月時点)
      • 生徒数:8,575名(2018年3月時点)
  • 学習塾及び幼児教室の運営事業
    • ソーシャルスキル&学習教室
    • IT×ものづくり教室
      • サービス内容
      • 拠点数:9拠点(2018年3月時点
      • 生徒数:2200名(2018年3月時点)
  • インターネットメディア事業
  • ライフプランニング事業「LITALICOライフプランニング」
  • 学会・研究機関連携、政策提言「LITALICO研究所]」
  • テクノロジー研究、アプリ開発「LITALICO FUN STUDIO]」

事業拠点数[編集]

2018年3月現在[2]

  • 就労移行支援サービス「LITALICOワークス」:66拠点
  • ソーシャルスキル&学習教室「LITALICOジュニア」:98拠点
  • IT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」:9拠点

沿革[編集]

  • 2005年12月 - 宮城県仙台市に株式会社イデアルキャリアを創業。
  • 2006年8月 - 株式会社ウイングルに商号変更。
  • 2008年3月 - 就労移行支援事業「ウイングル」(現LITALICOワークス)開始。
  • 2011年6月 - 教育事業「Leaf」(現LITALICOジュニア)開始。
  • 2013年7月 - 車いすユーザーも乗れる新しいパーソナルモビリティ開発会社WHILL Inc. に出資[3]
  • 2013年12月 - 東京都目黒区上目黒(現住所)に東京本社を移転。
  • 2014年4月 - IT×ものづくり教室「Qremo」(現LITALICOワンダー)開始。
  • 2014年6月 - 株式会社LITALICO(りたりこ)に商号変更。
  • 2015年9月 - 社内研究機関である「LITALICO研究所」を開設。
  • 2016年1月 - 発達障害の子どもの子育てを支援するポータルサイト「LITALICO発達ナビ」をオープン。
  • 2016年3月 - 東京証券取引所マザーズ上場[4]
  • 2016年8月 - 「ウイングル」を「LITALICOワークス」に、「Leaf」を「LITALICOジュニア」に、「Qremo」を「LITALICOワンダー」にそれぞれサービス名称変更。
  • 2017年3月 - 東京証券取引所第一部に市場変更[5]
  • 2017年10月 - 保育士不足や家族コミュニケーションにおける社会課題解決に挑むユニファ株式会社への投資を実施。
  • 2018年3月 - 働くことに障害のある方と就労支援事業所をマッチングする情報サイト「LITALICO仕事ナビ」を開始。
  • 2018年4月 - 発達障害の子どもを支援するアプリ「こえキャッチ」、世界の優秀アプリを表彰する「2018 Google Play Awards」にノミネート[6]
  • 2018年5月 - 「LITALICOライフプランニング」開始。
  • 2018年6月 - 「LITALICO仕事ナビ」フリーペーパー版創刊。
  • 2018年8月 - スマート補聴器を開発する韓国のスタートアップ企業「Olive Union, inc.」への投資を実施[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]