佐藤崇弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 崇弘(さとう たかひろ、昭和55年(1980年4月22日 - )は、日本実業家。 株式会社LITALICOの創業者で、現在も大株主である[1]

人物[編集]

福島県福島市出身。実家は不動産業を経営[2]福島県立福島高等学校卒業。医学部受験に二度失敗し[2]、県立宮城大学事業構想学部に進み、起業家志望に転じる[3]。在学中、親から借りた100万円を元手に2000年の9月からデイトレードを始め、1年弱で100万円を倍にする[3]

障害のある叔父に聞いた話をヒントとして、2002年の4月に知的障害者施設「ふれあい福祉会」を設立[3]。さらに5カ所の高齢者用グループホームを立ち上げ、2億円ほどの年商を挙げるようになる[3]。大学4年の1月から長野県の任期付きの幹部職員となり、社会部コモンズ福祉課の福祉幹として、障害者の遠隔地アウトソーシング就労事業を始める[3]2005年9月に長野県職員を辞任、その後、学生時代の後輩とともに株式会社ウイングルを設立[4]

略歴[編集]

学生時代
  • 知的障害者施設「ふれあい福祉会」設立 代表に就任
  • NPO法人 総合研究所 設立 理事長に就任
  • 宮城県に提案し採用された福祉施設の第三者評価事業を実施
  • 有限会社 ライフサポート 設立 有限会社 宮城福祉総合研究所 設立(認知症対応型高齢者グループホーム)いずれも代表取締役に就任
大学卒業後
  • 2004年9月  長野県コモンズ福祉課福祉幹(課長級)に就任(史上最年少)
  • 2005年4月  長野県社会参事(部長級)兼コモンズ福祉課長(史上最年少)
  • 2005年9月  長野県社会参事兼コモンズ福祉課長 辞任
  • 2005年12月  株式会社イデアルキャリア(現 株式会社LITALICO)設立 代表取締役に就任
  • 2009年7月  仙台市長選挙に出馬し、落選。得票数は6人中5位の32281票だった。(当選は奥山恵美子
  • 2009年8月  株式会社ウイングル(イデアルキャリアから2006年に社名変更)代表取締役 退任  非常勤取締役に就任

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]