ウィリアム・スチュワート・ハルステッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
William Stewart Halsted
William Stewart Halsted.jpg
ウィリアム・スチュワート・ハルステッド (1922年撮影)
生誕 1852年9月23日
ニューヨーク市
死没 1922年9月7日 (69歳没)
ジョンズ・ホプキンズ病院
国籍 アメリカ合衆国
研究分野 医学
研究機関 ジョンズ・ホプキンズ病院
出身校 イェール大学; コロンビア大学医学部
主な業績 米国における研修医制度の開発
乳房切除
影響を
受けた人物
セオドア・ビルロート
プロジェクト:人物伝
William Stewart Halsted

ウィリアム・スチュワート・ハルステッド(William Stewart Halsted、1852年9月23日1922年9月7日)は、米国医師外科医医学者、医学教育者。使い捨てゴム手袋による無菌手術や麻酔の新手法、乳癌の根治的手術を開発したことで知られる。

ウィリアム・オスラーハワード・アトウッド・ケリーウィリアム・ヘンリー・ウェルチらとともに、ハルステッドはジョンズ・ホプキンズ病院の「ビッグ・フォー」とされている。[1]

彼の個人的な生活についてはコカインに、後にはモルヒネ依存症となったことが知られている。[2][3] (当時はコカインもモルヒネも違法ではなかった。) 依存症はハルステッド自身の経験と実験からコカインの麻酔薬としての効果の研究のきっかけとなった。  [4]

脚注[編集]

  1. ^ Johns Hopkins Medicine:The Four Founding Professors
  2. ^ Zuger, A (2010年4月26日). “Traveling a Primeval Medical Landscape”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/04/27/health/27zuger.html 
  3. ^ Licit and Illicit Drugs, Chapter 5, 'Some eminent narcotics addicts'”. Schaffer Library of Drug Policy (1972年). 2014年2月2日閲覧。
  4. ^ Imber G: Genius on the Edge: The Bizarre Double Life of Dr. William Stewart Halsted.