イエンス・フィードラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル

イエンス・フィードラー
Olympic flag.svg
1992 バルセロナ スプリント
1996 アトランタ スプリント
2004 アテネ チームスプリント
2000 シドニー スプリント
2000 シドニー ケイリン
Arc en ciel.png
1991 シュトゥットガルト アマ・スプリント
1995 ボコタ チームスプリント
1998 ボルドー ケイリン
1999 ベルリン ケイリン
2003 シュトゥットガルト チームスプリント
1991 シュトゥットガルト スプリント
1996 マンチェスター チームスプリント
1997 パース スプリント
1998 ボルドー スプリント
1999 ベルリン スプリント
2000 マンチェスター ケイリン
1990 前橋 アマ・スプリント
2001 アントウェルペン ケイリン
2002 コペンハーゲン チームスプリント

イエンス・フィードラーJens Fiedler1970年2月15日-)は、ドイツの元自転車競技トラックレース)選手。旧東ドイツのドーナ出身。

経歴[編集]

1988年にジュニアのスプリント世界チャンピオンとなり、世界自転車選手権としては最後の実施となった、1991年のアマ・スプリントにおいて、同胞のビル・フックを破って制した。

1992年、東西両ドイツが統一して初めての夏季オリンピック大会となったバルセロナオリンピックのスプリントにおいて、オーストラリアゲリー・ネイワンドを破って金メダルを獲得。また1996年アトランタオリンピックのスプリントにおいても、地元・アメリカマーティ・ノースタインを破って制し、同種目としては、フランスダニエル・モレロン以来のオリンピック連覇を果たした。

その後も世界短距離界の第一人者として君臨。世界選手権のケイリンでは、1998年1999年と連覇を達成した他、1995年に新種目として登場したチームスプリント(当時はオリンピックスプリントという名称)では、ミカエル・ヒュープナーヤン・ファンアイデンとのトリオで制し、初代王者の一人として名を刻んだ。しかし、世界選手権のスプリントでは、フランスのフロリアン・ルソー、ノースタインらに阻まれ、一度も世界一を経験できなかった。

現役選手としては事実上のラストランとなった2004年アテネオリンピックでは、チームスプリントにおいて第1走を務め、レネ・ウォルフシュテファン・ニムケとともに、決勝で日本(長塚智広伏見俊昭井上昌己)を破って優勝し、自身3個目のオリンピックにおける金メダルを獲得し、実質的に引退の花道を飾った。なお2005年2月、アンフェタミンの陽性反応が出ており、本人は事実を肯定している。

国際競輪[編集]

1994年に初参加。2003年青森競輪場で行われた、ワールドグランプリの初代王者。

通算123戦27勝。優勝9回。

外部リンク[編集]