ジョビー・ダイカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル
オーストラリアの旗 オーストラリア
トラックレース
世界選手権自転車競技大会
2002 コペンハーゲン ケイリン
2001 アントウェルペン TSP
2002 コペンハーゲン TSP
2002 コペンハーゲン スプリント
2003 シュトゥットガルト スプリント
2003 シュトゥットガルト ケイリン
2005 ロサンゼルス スプリント

ジョビー・ダイカ(Jobie Dajka、1981年12月11日 - 2009年4月7日)は、オーストラリアニューサウスウェールズ州のブーク出身の元自転車競技トラックレース)選手。

経歴[編集]

1999年ジュニア世界選手権自転車競技大会のスプリント、チームスプリントを制覇。2002年、コペンハーゲンで行なわれた世界選手権自転車競技大会ケイリンで優勝。この他、同年の世界選手権ではチームスプリント、スプリントでいずれも2位に入った。さらに同年のコモンウェルスゲームズのチームスプリントでも優勝。また2003年の世界選手権でも、スプリント、ケイリンでいずれも2位となり、2004年開催のアテネオリンピックの代表候補選手にも名前が挙がった。

しかし2004年8月、オーストラリアチームがドイツで行なったオリンピックの直前合宿中に、マーク・フレンチが自室で行なわれていたとされるドーピング疑惑[1]について虚偽の証言を行なったとして、即刻代表から外され、6ヶ月間の出場停止処分を受けた。

一方、2005年3月開催の世界選手権・スプリントで3位に入るなど、再び世界トップクラスの選手としての活躍する矢先の同年6月、情緒不安定な状態に加え、アルコール依存症にも陥っていたことから、コーチの命により、入院を余儀なくされ、オーストラリア車連からの選手登録も一時的に抹消された。2006年に再登録されたものの、その後、ダイカが第一線の舞台に立つことはなかった。2009年4月7日、アデレード市内の自宅で死亡が確認された[2]

国際競輪[編集]

2002年から2004年までの3年間に亘り国際競輪に出場。通算48戦13勝。優勝5回の成績を収めた。

脚注[編集]

  1. ^ 成長ホルモン副腎皮質ホルモンの投与疑惑。これにより、フレンチに2年間の出場停止処分が下された。
  2. ^ アーカイブされたコピー”. 2009年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月14日閲覧。

外部リンク[編集]