イェスパー・ストロムブラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イェスパー・ストロムブラード
Jesper Strömblad
Jesper-s.jpg
2013年
基本情報
出生名 Clas Håkan Jesper Strömblad[1]
出生 1972年11月28日(42歳)
出身地 スウェーデンの旗 スウェーデン
イェーテボリ・ブーヒュース県
イェーテボリ
ジャンル メロディックデスメタル
オルタナティヴ・メタル
デスラッシュ
パワーメタル
ヘヴィメタル
職業 ギタリスト
ベーシスト
ドラマー
キーボーディスト
作曲家
レコーディング・エンジニア
担当楽器 ギター
ベース
ドラムス
キーボード
活動期間 1989年 -
共同作業者 イン・フレイムス
ディメンション・ゼロ
ハンマーフォール
シナジー
オール・エンズ
セレモニアル・オース
ザ・レジスタンス
著名使用楽器
ギブソン・エクスプローラー
ESP Jesper Stromblad EX

イェスパー・ストロムブラード(Jesper Strömblad1972年11月28日 - )は、スウェーデンイェーテボリ出身のギタリストメタルバンドイン・フレイムス』や、デスラッシュバンド『ディメンション・ゼロ』等での活動で著名。

2004年にギターワールド誌の『GUITAR WORLD's 100 Greatest Heavy Metal Guitarists Of All Time』では、イン・フレイムスで同僚のビョーン・イエロッテと共に、70位に選出された[2]。これは、メロディックデスメタル系のギタリストとしては最上位である。

また、ギター以外にもベースドラムスキーボードも演奏し、マルチプレイヤーとしても知られる。

来歴[編集]

4歳からヴァイオリンを弾き始める。ヴァイオリンは12歳まで続けるが、その頃にギターに興味を持ち、ヴァイオリンをやめギターを弾くようになった。

1990年イン・フレイムスを結成する。同バンドは当初メンバーが流動的で、イェスパー自身はギターに加えてドラムスキーボードを兼任することになった。その後1stアルバム『Lunar Strain』までドラムスを兼任し、キーボードは3rdアルバム『Whoracle』まで兼任が続いた。

イン・フレイムスでは多くの楽曲の作曲に携わり、バンドの中心メンバーとして活動していた。しかし、2009年3月にイン・フレイムス公式ウェブサイト上で、イェスパーがアルコールに関する問題の治療のためにツアーに参加しないことが発表された。このツアーには元イン・フレイムス、現エンゲルニクラス・エンゲリンが参加することとなった。2010年2月12日にはイン・フレイムスからの正式な脱退が発表された。ライブツアーには引き続きニクラスが参加し、2011年になって二クラスがイェスパーの後任として正式にイン・フレイムスに加入した。

イェスパーはイン・フレイムス以外のバンドでも活動を行っていた。イン・フレイムスを結成した1990年にはセレモニアル・オースベーシストとして加入し、1stアルバム『The Book of Truth』に参加した。セレモニアル・オースを脱退した1993年には、セレモニアル・オースで共に活動していたオスカー・ドロニャックと共にハンマーフォールを結成する。ハンマーフォールでの担当楽器はドラムスであった。しかしイン・フレイムスの活動に専念するために1997年にハンマーフォールから脱退している。そのためハンマーフォールのアルバムには参加していない。

また1995年に、イン・フレイムスを脱退したギタリスト、グレン・ユングストロームと共にデスラッシュバンド、ディメンション・ゼロ(結成時はAgent Orange)を結成し、1枚のEPと3枚のアルバムを発表している。またフィンランドヘヴィメタルバンド、シナジーにも加入し、1stアルバム『Beware the Heavens』に参加した。更に2003年にはオール・エンズにも参加した。

2006年には、デビュー前のデグレイデッドを発掘している[3]。デグレイデッドは、イン・フレイムスのメンバーがレコーディング・エンジニアとしてバックアップし、デビューを果たしている[3]

イン・フレイムス脱退後、ザ・レジスタンスというバンドを結成。ザ・レジスタンスでもギターを担当する。ザ・レジスタンスには、マルコ・アロ (Vo: フェイス・ダウン、元ザ・ホーンテッド)、グレン・ユングストローム (G: 元イン・フレイムス、元ディメンション・ゼロ)、アレックス・ロスバック・ホルスタッド (B: 元デスパイト、元デカメロン、元カーディナル・シン)、クリス・バーケンショー (Ds: カーナル・フォージ、フェイス・ダウン、コンストラクデッド)が参加している[4]。また、2012年には、16年前に解散したセレモニアル・オースの再結成に参加。脱退時と同じく、ベースを担当する[5]

2013年より、オロフ・モルクが脱退したナイトレイジにセッションギタリストとして参加。ナイトレイジがヘッドライナーの日本ツアー「Extreme Metal Over Japan Vol.2」にも、セッションギタリストとして参加することが決定したが[6]、ツアー開始前日に、体調不良による入院のため、ツアーに不参加となったことが発表された[7]。その後、体調は回復し、ナイトレイジのサポートを続けている。

イェスパーはオンラインゲームWorld of Warcraftの熱心なプレイヤーとしても有名で、World of WarcraftのTシャツを着てライブに参加することもあった。

ディスコグラフィ[編集]

イン・フレイムス (In Flames)[編集]

アルバム[編集]

シングル・ミニアルバム[編集]

ライブ[編集]

コンピレーション[編集]

  • 1995年 V.A. / W.A.R. Compilation Vol.1

ビデオ[編集]

デモ[編集]

  • 1993年 Demo '93

ディメンション・ゼロ (Dimension Zero)[編集]

アルバム[編集]

ミニアルバム[編集]

  • 1997年 Penetrations From The Lost World
    2003年にボーナストラックとして、2002年の来日公演のライブトラックを追加して再発された。

シナジー (Sinergy)[編集]

アルバム[編集]

セレモニアル・オース (Ceremonial Oath)[編集]

アルバム[編集]

ミニアルバム[編集]

  • 1992年 Lost Name of God

デモ[編集]

  • 1991年 Promo 1991

参加バンド[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.ratsit.se/BC/ReportSmall.aspx?ID=UzzTq19EkfAkTm1nxfghv0KhMA6DdD7AGraIymJ4UKM
  2. ^ http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=18446
  3. ^ a b http://www.degradead.com/band.php 2014年7月4日閲覧。
  4. ^ http://www.facebook.com/theresistanceswe
  5. ^ Ceremonial Oath - 基本データ”. Ceremonial Oath Official Facebook. 2012年11月9日閲覧。
  6. ^ 大事なお知らせ”. Extreme Metal Over Japan Official Facebook (2013年8月7日). 2013年9月10日閲覧。
  7. ^ NightrageのサポートメンバーJesper...”. Extreme Metal Over Japan Official Facebook (2013年11月4日). 2013年11月7日閲覧。

外部リンク[編集]