セレモニアル・オース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
セレモニアル・オース
Ceremonial Oath
別名 Desecrator (1988 - 1990)
出身地  スウェーデン
ハッランド県 クングスバッカ市
イェーテボリ・ブーヒュース県
イェーテボリ市
ビルダル[1]
ジャンル デスメタル
メロディックデスメタル
活動期間 1988年 - 1996年
2012年 -
レーベル コープス・グラインダー・レコード
モダン・プリミティヴ・レコード
ブラック・サン・レコード
センチュリー・メディア・レコード[2]
アヴァロン・レーベル
共同作業者 フレドリック・ノルドストローム
公式サイト Official Facebook
メンバー オスカー・ドロニャック (ボーカルギター)
アンダース・イワース (ギター)
イェスパー・ストロムブラード (ベース)
マーカス・ノルドベリ (ドラムス)
旧メンバー アンダース・フリーデン (ボーカル)
ミカエル・アンダーソン (ギター)
マーカス・フレドリックソン (ベース)
トーマス・ヨハンソン (ベース)
ウルフ・アッサション (ドラムス)

セレモニアル・オース (Ceremonial Oath)は、スウェーデンデスメタル/メロディックデスメタルバンド。 メロディックデスメタル黎明期に活動したバンドで、アルバム2枚を残して解散したが、メンバーには、後にイン・フレイムスハンマーフォールティアマット等、有名なバンドで活動する面々が多い。解散から16年後の2012年に再結成した。

発表したアルバムは長い間廃盤となっていた。特に1stアルバム『The Book of Truth』のオリジナル盤は、ネットオークションでは高値で取引されている。これらのアルバムは、2012年の再結成後、センチュリー・メディア・レコードから、『The Book of Truth』を含む全音源をリマスターリミックスして2013年に再リリース予定[2][3]

また、Ceremonial Oathというバンド名は、1990年に変更されて名づけられたもので、結成年の1988年から1990年までは、Desecratorというバンド名であった。

略歴[編集]

1988年に、Desecratorというバンド名で結成。結成時のメンバーは、オスカー・ドロニャック (VoG)、アンダース・イワース (G)、マーカス・フレドリックソン (B)、ウルフ・アッサション (Ds)の4名。1989年に、1stデモ『Wake the Dead』をリリース。リリース後、ドラマーがマーカス・ノルドベリ (Ds)に交代している。

1990年には、2ndデモ『Black Sermons』をリリース。このデモの時点で、ベーシストのマーカス・フレドリックソンは脱退していたようで、デモのラインナップには3名のみの記載となっており、ベースはピーター(Peter)という人物が演奏している。また、ドラマーにはマーカス・ノルドベリがクレジットされているが、同デモでは、ウッフェ(Uffe)という人物がドラムを演奏している。その後、バンド名を、Ceremonial Oathに変更する。

バンド名変更後、空席だったベーシストにイェスパー・ストロムブラード (B)が加入。1991年に、デモ『Promo '91』をリリース。1992年には、コープス・グラインダー・レコードなるレーベルから1st EP『Lost Name of God』をリリースする。1993年に、モダン・プリミティヴ・レコードから1stアルバム『The Book of Truth』をリリースする。同年には、イェスパー・ストロムブラードとオスカー・ドロニャックが脱退し、ハンマーフォールを結成している。

2名の脱退を受け、アンダース・フリーデン (Vo)、ミカエル・アンダーソン (G)、トーマス・ヨハンソン (B)が加入。1995年に、2ndアルバム『Carpet』をリリースする。同アルバムには、アット・ザ・ゲイツトーマス・リンドバーグも参加した。その後、1996年に解散した。

解散から16年が経過した2012年夏に再結成。再結成時のメンバーは、解散時のメンバーではなく、1stアルバム『The Book of Truth』時のメンバーである、オスカー・ドロニャック (Vo, G)、アンダース・イワース (G)、イェスパー・ストロムブラード (B)、マーカス・ノルドベリ (Ds)の4名[3]。同年9月9日に、今までのアルバムの再リリースについて、センチュリー・メディア・レコードと契約した[2][3]

2013年1月5日-6日イェーテボリで開催されるThe Gothenburg Sound Festivalに出演予定。

2013年2月に『The Book of Truth』再発盤をリリース[4]。この再発盤アルバムは、、1stアルバム『The Book of Truth』に、EP『Lost Name of God』、更に前身のDesecratorのデモ『Wake the Dead』、『Black Sermons』の楽曲を全曲収録するものとなる[4]。日本では、アヴァロン・レーベルからリリースされる。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

セレモニアル・オース脱退後、クリスタル・エイジでも活動していた。また、イェスパー・ストロムブラードと共にハンマーフォールを結成し活動中。
  • アンダース・イワース (Anders Iwers) - ギター (1988 - 1996、2012 - )
Desecrator時代から全期間在籍する唯一のメンバー。
セレモニアル・オースにイェスパー・ストロムブラードが加入した頃(1990年)に、イン・フレイムスに加入し1992年に脱退。セレモニアル・オース解散後、Mercury Tideセメタリーでも活動していた。ティアマットダーク・トランキュリティではベーシストとして活動している。イン・フレイムスのベーシスト、ピーター・イワースは実弟である。
セレモニアル・オース加入前に、イン・フレイムスを結成しており、2010年まで活動していた。また、セレモニアル・オース脱退後、オスカー・ドロニャックと共にハンマーフォールを結成(1997年に脱退)。また、シナジーオール・エンズでも活動していた。また、ディメンション・ゼロザ・レジスタンスでも活動。
  • マーカス・ノルドベリ (Markus Nordberg) - ドラムス (1989 - 1996、2012 - )
セメタリーでも活動していた。

旧メンバー[編集]

ダーク・トランキュリティ脱退後加入。セレモニアル・オース解散後、イン・フレイムスに加入し活動中。また、パッセンジャーというサイドプロジェクトでも活動中。
  • ミカエル・アンダーソン (Mikael Andersson) - ギター (1993 - 1996)
  • マーカス・フレドリックソン (Marcus Fredriksson) - ベース (1988 - 1990)
Desecrator時代のみの在籍。
  • トーマス・ヨハンソン (Thomas Johansson) - ベース (1993 - 1996)
アンムーアドトーチベアラーで活動する、トーマス・プレック・ヨハンソン(Tomas "Plec" Johansson)とは別人である。名前の綴りも異なっている。
  • ウルフ・アッサション (Ulf Assarsson) - ドラムス (1988 - 1989)
Desecrator時代のみの在籍。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

デモ・EP[編集]

Desecrator名義[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ビルダルは、ハッランド県クングスバッカ市イェーテボリ・ブーヒュース県(当時: 現在はヴェストラ・イェータランド県)イェーテボリ市に跨る自治体である。
  2. ^ a b c Ceremonial Oath - 2012/09/09”. Ceremonial Oath Official Facebook (2012年9月9日). 2012年11月9日閲覧。
  3. ^ a b c Ceremonial Oath - 基本データ”. Ceremonial Oath Official Facebook. 2012年11月9日閲覧。
  4. ^ a b http://www.hmv.co.jp/artist_Ceremonial-Oath_000000000001700/item_Book-Of-Truth_5297134 2013年1月4日閲覧

参考文献[編集]

外部リンク[編集]