アーサー・ロス書籍賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーサー・ロス書籍賞(-しょせきしょう、:Arthur Ross Book Award)は、米国外交問題評議会が主催するノンフィクション書籍賞。対象となるのは、過去二年間に出版された外交政策・国際関係を題材とする英文書籍(翻訳含む)。名前は寄付者である慈善家のアーサー・ロスに因んでいる。

現在の選考委員は、スタンリー・ホフマンロバート・ケーガンギデオン・ローズメアリー・エリーズ・サロートスティーヴン・ウォルトである。[1]

受賞作品[編集]

2002年
2003年
星野尚美訳『集団人間破壊の時代――平和維持活動の現実と市民の役割』(ミネルヴァ書房、2010年)
稲村美貴子訳『ピースメイカーズ――1919年パリ講和会議の群像』上下巻(芙蓉書房出版、2007年)
2004年
北沢格訳『国家の崩壊――新リベラル帝国主義と世界秩序』(日本経済新聞出版社、2008年)
2005年
  • 金賞 – スティーブ・コールGhost Wars: The Secret History of the CIA, Afghanistan, and Bin Laden, from the Soviet Invasion to September 10, 2001 (Penguin)
木村一浩伊藤力司坂井定雄訳『アフガン諜報戦争――CIAの見えざる闘い ソ連侵攻から9.11前夜まで』上下巻(白水社、2011年)
渡辺昭夫監訳『ウルカヌスの群像――ブッシュ政権とイラク戦争』(共同通信社、2004年)
2006年
森本醇浅沼澄訳『ヨーロッパ戦後史』上下巻(みすず書房, 2008年)
豊田英子訳『イラク戦争のアメリカ』(みすず書房、2008年)
2007年
2008年
  • 金賞 – ポール・コリアーThe Bottom Billion: Why the Poorest Countries Are Failing and What Can Be Done About It (Oxford University Press)
中谷和男訳『最底辺の10億人――最も貧しい国々のために本当になすべきことは何か?』(日経BP社、2008年)
  • 銀賞 – トリタ・パルシTreacherous Alliance: The Secret Dealings of Israel, Iran, and the United States (Yale University Press)
  • 選外佳作 – ロバート・ダレックNixon and Kissinger: Partners in Power (HarperCollins)
2009年
  • 金賞 – フィリップ・パンOut of Mao's Shadow: The Struggle for the Soul of a New China (Simon & Schuster)
烏賀陽正弘訳『毛沢東は生きている――中国共産党の暴虐と闘う人々のドラマ』(PHP研究所、2009年)
  • 銀賞 – アハメド・ラシッドDescent into Chaos: The United States and the Failure of Nation Building in Pakistan, Afghanistan, and Central Asia (Penguin)
  • 選外佳作 – ガレス・エヴァンスThe Responsibility To Protect: Ending Mass Atrocity Crimes Once and for All (Brookings Institution Press)
2010年
2011年
村井章子訳『国家は破綻する――金融危機の800年』(日経BP社、2011年)
2012年
伏見威蕃訳『探求――エネルギーの世紀』上下巻(日本経済新聞出版社、2012年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]