フィリップ・ボビット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・ボビット

フィリップ・ボビット(Philip Chase Bobbitt、1948年7月22日 - )は、アメリカ合衆国の法学者歴史学者。専門は、憲法学、軍事戦略史。

テキサス州生まれ。プリンストン大学卒業後、イェール大学ロースクールイェール・ロー・スクール)で学んだ後、オックスフォード大学で博士号(近代史)取得。オックスフォード大学ナッフィールドカレッジ、ロンドン大学キングスカレッジを経て、テキサス大学オースティン校を経て、現在、コロンビア大学ロースクール教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • Constitutional Fate: Theory of the Constitution, (Oxford University Press, 1982).
  • Democracy and Deterrence: the History and Future of Nuclear Strategy, (St. Martin's Press, 1988).
  • Constitutional Interpretation, (Blackwell, 1991).
  • The Shield of Achilles: War, Peace and the Course of History, (The Penguin Press, 2002).
  • Terror and Consent: the Wars for the Twenty-first Century, (A. A. Knopf, 2008).

共著[編集]

  • Tragic Choices, with Guido Calabresi, (Norton, 1978).

共編著[編集]

  • US Nuclear Strategy: A Reader, co-edited with Lawrence Freedman and Gregory F. Treverton, (Macmillan, 1989).