トニー・ジャット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トニー・ジャット(Tony Judt、1948年1月2日 - 2010年8月6日)は、イギリスの歴史学者。専門は、フランス現代史、ヨーロッパ史。

人物[編集]

1948年1月2日ロンドン生まれ。ケンブリッジ大学で博士号取得。ニューヨーク大学ヨーロッパ研究教授を務めた。

2010年8月6日筋萎縮性側索硬化症の為に逝去[1]。62歳没。

著書[編集]

単著[編集]

  • Socialism in Provence, 1871-1914: A Study in the Origins of the Modern French Left, (Cambridge University Press, 1979).
  • Marxism and the French Left: Studies in Labour and Politics in France, 1830-1981, (Clarendon Press, 1986).
  • Past Imperfect: French Intellectuals, 1944-1956, (University of California Press, 1992).
  • The Burden of Responsibility: Blum, Camus, Aron, and the French Twentieth Century, (University of Chicago Press, 1998).
  • Postwar: A History of Europe since 1945, (Penguin Press, 2005).
    • 『ヨーロッパ戦後史(上)1945-1971』(森本醇訳、みすず書房、2008年)
    • 『ヨーロッパ戦後史(下)1971-2005』(浅沼澄訳、みすず書房、2008年)
  • Reappraisals: Reflections on the Forgotten Twentieth Century, (Penguin Press, 2008).
    • 『失われた二〇世紀』上・下(河野真太郎・生駒久美・伊澤高志・近藤康裕・高橋愛訳、NTT出版、2011年)
  • Ill fares the land, Penguin Press, 2010.
    • 『荒廃する世界のなかで―これからの「社会民主主義」を語ろう』(森本醇訳、みすず書房、2010年)
  • The memory chalet, Penguin, 2010.
    • 『記憶の山荘 自伝的戦後史』(森夏樹訳、みすず書房、2011年)

編著[編集]

  • Resistance and Revolution in Mediterranean Europe, 1939-1948, (Routledge, 1989).

共編著[編集]

  • The Politics of Retribution in Europe: World War II and its Aftermath, co-edited with Istvan Deak and Jan T. Gross, (Princeton University Press, 2000).
  • Language, Nation, and State: Identity Politics in a Multilingual Age, co-edited with Denis Lacorne, (Palgrave, 2004).
  • With Us or Against Us: Studies in Global Anti-Americanism, co-edited with Denis Lacorne, (Palgrave, 2005).
  • THINKING THE TWENTIETH CENTURY, co-edited with Timothy Snyder, (Penguin Books, 2012).

脚註[編集]

  1. ^ トニー・ジャット氏死去 英歴史学者 共同通信 2010年8月8日閲覧