スティーヴン・ウォルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スティーヴン・マーティン・ウォルト(Stephen Martin Walt、1955年7月2日 - )は、アメリカ合衆国国際政治学者ハーバード大学ケネディ行政大学院教授

経歴[編集]

1983年カリフォルニア大学バークレー校から博士号取得(政治学)後、プリンストン大学助教授、シカゴ大学准教授・教授を経て、現職。

博士論文である The Origins of Alliances. では、同盟の形成において、勢力均衡(balance of power)ではなく、脅威均衡(balance of threat)が大きな役割を果たしていることを明らかにした。

2003年アメリカイラク戦争に際して、ジョン・ミアシャイマーらとともに、現実主義の立場からアメリカの国益にそぐわないと批判した[1]

著作[編集]

単著[編集]

  • The Origins of Alliances, (Cornell University Press, 1987).
  • Revolution and War, (Cornell University Press, 1996).
  • Taming American Power: the Global Response to U.S. Primacy, (W. W. Norton, 2005).
奥山真司訳『米国世界戦略の核心――世界は「アメリカン・パワー」を制御できるか?』(五月書房, 2008年)

共著[編集]

  • The Israel Lobby and U.S. Foreign Policy, with John J. Mearsheimer, (Farrar Straus & Giroux, 2007).
副島隆彦訳『イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策(1・2)』(講談社, 2007年)

論文[編集]

  • "Alliance Formation and the Balance of World Power", International Security, vol. 9, no. 4 (1985).
  • "Testing Theories of Alliance Formation: The Case of Southwest Asia", International Organization, vol. 42, no. 2 (1988).
  • "The Case for Finite Containment: Analyzing U.S. Grand Strategy", International Security, vol. 14, no. 1 (1989).
  • "The Renaissance of Security Studies", International Studies Quarterly, vol. 35, no. 2 (1991).
  • "Revolution and War", World Politics, vol. 44, no. 3 (1992).
  • "Why Alliances Endure or Collapse", Survival, vol. 39, no. 1 (1997).
  • "International Relations: One World, Many Theories", Foreign Policy, no. 110 (1998).
  • "Rigor or Rigor Mortis?: Rational Choice and Security Studies", International Security, vol. 23, no. 4 (1999).
  • "Beyond bin Laden: Reshaping U.S. Foreign Policy", International Security, vol. 26, no. 3 (2001).
  • "The Relationship between Theory and Policy in International Relations", Annual Review of Political Science, vol. 8 (2005).

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ An Unnecessary War”. Foreign Policy. 2013年2月1日閲覧。

外部リンク[編集]