スティーヴン・サイモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スティーヴン・サイモン(Stephen Simon, 1937年5月5日 - 2013年1月20日[1][2]は、アメリカ合衆国指揮者

マンハッタンの生まれ。

ジョエル・ローゼンにピアノを学んだあとイエール大学に進学し、ヒュー・ロスとジュアリアン・ハーフォードに合唱指揮を、ヨーゼフ・クリップスに指揮法を学んだ。ワルター・ジュスキントウィリアム・スタインバーグのアシスタントを経て1962年に指揮者デビューを果たし、1963年にウェストチェスター管弦楽協会の指揮者となった。1971年にニューヨーク・ヘンデル音楽祭の音楽監督に就任し、1976年からはワシントンD.C.のケネディ・センターでヘンデル音楽祭を創始した。また、音楽祭のためのオーケストラも併設し、2002年までワシントン室内交響楽団として指揮者を務めた。2004年からサイモン・シンフォニエッタを結成して指揮活動を継続していた。

マンハッタンにて死去した。

[編集]

  1. ^ nytimes.com
  2. ^ http://www.washingtonpost.com/local/obituaries/stephen-simon-a-conductor-and-leading-handel-specialist-dies-at-75/2013/01/30/665b7098-6a32-11e2-ada3-d86a4806d5ee_story.html