アンバーリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Anberlin
Anberlin Commodore.jpg
2009年のライブ。
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ,フロリダ州 ,ウィンター・ヘイブン
ジャンル オルタナティヴ・ロック
クリスチャン・ロック
活動期間 2002年~2014年
レーベル アメリカ合衆国の旗Universal Republic(2007年~2014年)
アメリカ合衆国の旗Tooth&Nail(2002年~2007年)
日本の旗ユニバーサルミュージック
日本の旗ハウリング・ブル・エンターテイメント
公式サイト anberlin.com
メンバー スティーヴン・クリスチャン
ジョセフ・ミリガン
デオン・レクスロート
ネイサン・ヤング
クリスチャン・マッカルハニー

アンバーリン (Anberlin) とは、アメリカ合衆国,フロリダ州出身のオルタナティヴ・ロックバンドである。

アメリカの「オルタナティヴ・ロックシーン」を代表するバンドとして、全米で熱狂的なファンを獲得。インディーズ時代にリリースしたアルバムの成功を受けて、現在はメジャーレーベルのUniversal Republicに所属している。

現在のメンバー[編集]

スティーヴン・クリスチャン

スティーヴン・クリスチャン / Stephen Christian - (ヴォーカル)

ジョセフ・ミリガン / Joseph Milligan - (リードギター)

デオン・レクスロート / Deon Rexroat - (ベース)

ネイサン・ヤング / Nathan Young - (ドラム)

クリスチャン・マッカルハニー / Christian McAlhaney - (ギター)

旧メンバー[編集]

  • ネイサン・ストレイヤー / Nathan Strayer (2004~2007年)
  • ジョーイ・ブルース / Joey Bruce  (2002~2003年)

音楽性[編集]

「ややメタリックで、どこか冷たさを感じさせるメランコリックなギターサウンド」に、クリスチャンの柔らかい高音ヴォーカルが化学反応的に融合。全体的には、冬を連想させる「寂しさ」や「侘しさ」といったものを感じさせる楽曲が多い。

略歴[編集]

結成[編集]

デオン・レクスロート

2002年にスティーヴン・クリスチャンらを中心に結成。

その後、大手インディーズレコード会社の「Tooth & Nail Records」から誘いが掛かり、契約を結ぶ事に成功する。

インディーズレーベルでの活動[編集]

2003年5月6日に、1stアルバム「Blueprints for the Black Market」をリリース。6万枚以上を売り上げる。しかし、その直後にギタリストのジョーイ・ブルースがバンドから追放された。その理由は、彼がセックスとドラッグに溺れる生活を送っていて、残りのメンバーとは合わない方向に向かっていたからとの事。後継者として「The Mosaic」に所属していたネイサン・ストレイヤーを迎え入れる。

そして2005年2月1日には、2ndアルバム「Never Take Friendship Personal」をリリースし、ビルボード・アルバムチャートにて144位を記録した。

また、前作から2年以上を空けた2007年7月2日には、3rdアルバム「Cities」をリリース。同アルバムは一週間に3万4千枚を売り上げ、ビルボード・アルバムチャートにて、初登場19位を記録する。ちなみに、このアルバム発表前にギタリストのネイサン・ストレイヤーが「The Mosaic」の活動に専念するためバンドから友好的に脱退しており、後継者としてクリスチャン・マッカルハニーを迎え入れている。

同年3月7日には、3rdアルバム「Cities」と、1stアルバムと2ndをセットにした二枚組「Blueprints for the Black market & Never take Friendship Personal」のそれぞれ日本国内盤が発売される。

メジャーレーベルでの活動[編集]

そして2007年8月16日に、大手メジャーレーベルのUniversal Republicへ移籍し、すぐにニューアルバムの作成を開始。プロデューサーにニール・アヴァロン(New Found Glory/Yellowcard/Fall Out Boy等)を迎えて、8週間かけてレコーディングされた。

そして、メジャーデビュー第一弾アルバムとして、2008年9月30日に4thアルバム「New Surrender」をリリース。このアルバムは一週間に3万6千枚を売り上げ、前作を上回るビルボード・アルバムチャート初登場13位を記録。

全米リリースから少し遅れた2009年2月4日に、日本国内盤「New Surrender」が発売され、同年3月には「New Found Glory」や「Forever the Sickest Kids」等と共に来日公演を行った[1]

2010年9月7日には、5thアルバム「Dark Is the Way, Light Is a Place」をリリース。全米アルバムチャートでは、初登場9位を記録した。

2012年10月16日、6thアルバム「Vital」をリリース。全米アルバムチャートで、初登場16位を記録。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

発売日
アルバムのタイトル
販売レーベル
全米ビルボードアルバムチャート最高位
[2]
2003年5月6日
Blueprints for the Black Market
Tooth&Nail records
-
2005年2月1日
Never Take Friendship Personal
Tooth&Nail records
144位
2007年2月20日
Cities
Tooth&Nail records
19位
2008年11月30日
New Surrender
Universal Republic
13位
2010年9月7日
Dark Is the Way, Light Is a Place
Universal Republic
9位
2012年10月16日
Vital
Universal Republic
16位
2014年7月22日
Lowborn
Tooth&Nail records

シングル[編集]

発表 曲名 各チャート最高位 収録アルバム
US Hot100 US Alternative
2003年 "Readyfuels" Blueprints for the Black Market
"Change the World(Lost Ones)"
2005年 "A Day Late" Never Take Friendship Personal
2006年 "Paperthin Hymn" 38
"Godspeed" Cities
2007年 "The Unwinding Cable Car"
2008年 "Feel Good Drag" 108 1 New Surrender
2009年 "Breaking" 32
"True Faith" 35
2010年 "Impossible" 5 Dark is the Way, Light is a Place
"We Owe This to Ourselves"
2011年 "Closer" 39
2012年 "Someone Anyone" 34 Vital
"Self-Starter"
2013年 "Unstable" 42
"City Electric" Devotion
2014年 "Stranger Ways" 87 65 Lowborn
"Harbringer"
"—"は、チャートに入らなかった事を表す。
サイン会の様子。

ミュージック・ビデオ[編集]

  • 2004「Readyfuels」
  • 2005「A Day Late」
  • 2006「Paperthin Hymn」
  • 2007「Godspeed」
  • 2007「The Unwinding Cable Car」
  • 2008「Feel Good Drag」
  • 2010「Impossible」
  • 2010「We Owe This to Ourselves」
  • 2013「Someone Anyone」(※Lyric Video)
  • 2013「Unstable」
  • 2013「Dead American」
  • 2014「Stranger Ways」

ベストアルバム[編集]

  • 「Best of Anberlin」2013年発売

ミニアルバム[編集]

  • 「Godspeed EP」2006年12月26日発売
  • 「Type Three」2012年10月24日発売

コンピレーション・アルバム[編集]

  • 「Blueprints for City Friendships:The Anberlin Anthology」2009年11月17日発売
  • 「Dancing Between the Fibers of Time」2012年3月26日発売
  • 「Devotion」2013年10月15日発売

未発表曲集[編集]

  • 「Lost Songs」2007年11月20日発売。

バンド名の由来[編集]

  • 「ドイツのベルリンを少しひねったもの。And Berlin → Anberlin(アンド・ベルリン➝アンバーリン)」
  • 「"Anberlin"という女の子の名前から付けた。」

等色々な説があるが、はっきりとした由来は未だ明らかにされてはいない。

トリビア[編集]

  • フロントマンのクリスチャンは、現ベーシストのデオンと共に中等学校時代(アメリカでは、小学校の高学年と中学校を含む5~8年生にあたる)に「SaGoh 24/7」という名のバンドを結成している。そして、インディーズレーベルの「Rescueレコード」から「Servants After God's Own Heart」と「and Then I Corrupt Youth」の二枚のアルバムをリリースしたが、合わせてたった1万3千枚しか売れなかった。
  • ヴォーカルのスティーブンは、キリスト教系の音楽雑誌に、クリスチャン・パンクバンド「The Knights of the New Crusade」のプロモーションイメージが、イエス・キリストの顔に泥を塗っているとして批判の手紙を送っている。
  • 彼らの曲の中には、宗教的な内容が含まれている物が複数ある。その為、キリスト教のミュージックフェスティバルに出場したり、クリスチャンロックのコンピレーションアルバムに曲を提供したりもしている。
  • 9年間の音楽活動を経て、全アルバムの総売り上げが50万枚を突破している。
  • 1stアルバム「Blueprints for the Black Market」を2003年5月6日にリリースした彼らだが、リリース当初は全然人気がなかった。実際に注目される様になったのは、このアルバムからの1stシングル"Readyfuels"がヒットしてからである。
  • アメリカのエモバンドCopelandと仲が良い。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

出典[編集]