アロイス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アロイス2世
Alois II.
リヒテンシュタイン
Portrait of Alois II of Liechtenstein, Friedrich Schilcher (1858).jpg
在位 1836年 - 1858年
出生 (1796-05-26) 1796年5月26日
死去 (1858-11-12) 1858年11月12日(62歳没)
配偶者 フランツィスカ・キンスキー
子女 一覧参照
父親 リヒテンシュタインヨーハン1世
母親 ヨーゼファ・ツー・フュルステンベルク=ヴァイトラ
テンプレートを表示

アロイス2世(Alois II.、1796年5月26日 - 1858年11月12日)は、リヒテンシュタイン公爵侯爵大公とも)(在位:1836年 - 1858年)。

ヨーハン1世とその妻のフュルステンベルク=ヴァイトラ伯爵夫人ヨーゼファの間の長男。1831年にフランツィスカ・キンスキー伯爵夫人と結婚し、間に11人の子女をもうけた。

子女[編集]

  • マリー・フランツィスカ・デ・パウラ・テレジア・ヨーゼファ(1834年 - 1909年) - 1860年、トラウトマンスドルフ=ヴァインスベルク伯爵フェルディナントと結婚
  • カロリーナ・マリア・ヨーゼファ・ヴァルプルギス・ネストーリア(1836年 - 1885年) - 1855年、シェーンブルク=ハルテンシュタイン侯アレクサンダーと結婚
  • ゾフィー・マリー・ガブリエーレ・ピア(1837年 - 1899年) - 1863年、レーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ローゼンベルク侯カール・ハインリヒと結婚
  • アロイジア・マリア・ガブリエーラ・ヒッポリタ(1838年 - 1920年) - 1864年、フュンフキルヒェン伯爵ハインリヒと結婚
  • イーダ・マリア・ランベルタ・テレジア・フランツィスカ・デ・パウラ(1839年 - 1921年) - 1857年、シュヴァルツェンベルク侯アドルフ・ヨーゼフと結婚
  • ヨハンネス・マリア・フランツ・プラキドゥス(1840年 - 1929年) - リヒテンシュタイン公
  • フランツィスカ・クサヴェリア・マリア・ダーフィダ(1841年 - 1858年)
  • ヘンリエッテ・マリア・ノルベルタ(1843年 - 1931年) - 1865年、リヒテンシュタイン公子アルフレートと結婚
  • アンナ・マリア・フランツィスカ・デ・パウラ・レアンドラ(1846年 - 1924年) - 1864年、ロプコヴィッツ侯ゲオルク・クリスティアンと結婚
  • テレーゼ・マリア・ヨーゼファ・マルタ(1850年 - 1938年) - 1882年、バイエルン王子アルヌルフと結婚
  • フランツ・デ・パウラ・マリア・カール・アウグスト(1853年 - 1938年) - リヒテンシュタイン公
先代:
ヨーハン1世
リヒテンシュタイン公
1836年 - 1858年
次代:
ヨーハン2世