フランツィスカ・キンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フランツィスカ・キンスキー
Franziska Kinsky von Wchinitz und Tettau
リヒテンシュタイン公妃
Franziska Liechtenstein Litho.jpg
リヒテンシュタイン公妃フランツィスカ、ヨーゼフ・クリーフーバー筆のリトグラフ、1831年
出生 1813年8月8日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ウィーン
死去 (1881-02-05) 1881年2月5日(67歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ウィーン
配偶者 アロイス2世
子女 本文参照
父親 フランツ・デ・パウラ・キンスキー
母親 テレーゼ・フォン・ヴルブナ・ウント・フロイデンタール
テンプレートを表示

フランツィスカ・キンスキー・フォン・ヴヒニッツ・ウント・テッタウFranziska Kinsky von Wchinitz und Tettau, 1813年8月8日 - 1881年2月5日)は、リヒテンシュタインアロイス2世の妻。

フランツ・デ・パウラ・キンスキー伯爵とその妻のヴルブナ・ウント・フロイデンタール伯爵夫人テレーゼの間の娘として生まれ、1831年8月8日にウィーンにおいてアロイス2世と結婚した。公妃として、リヒテンシュタイン公国内に初めて孤児院を建設させている。夫との間には2男9女の11人の子女をもうけた。

参考文献[編集]

  • Centre d'Études des Dynasties Royales Européenes.