フランツ1世 (リヒテンシュタイン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランツ1世

フランツ1世(Franz I,1853年8月28日 - 1938年7月25日)は、リヒテンシュタイン侯国の侯爵元首大公とも)。アロイス2世とその妻のフランツィスカ・キンスキー伯爵夫人の間の次男。ヨーハン2世の弟。1929年に兄の死去により即位。同年、兄に長く交際を反対されていたユダヤ人女性エルザ・フォン・グートマンと結婚した。子供がいなかった為、姉ヘンリエッテの孫であるフランツ・ヨーゼフ2世が後を継いだ。

先代:
ヨーハン2世
リヒテンシュタイン公
1929年 - 1938年
次代:
フランツ・ヨーゼフ2世