アレクサンドル・ホロシャーヴィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレクサンドル・ホロシャーヴィン
(ホロシャヴィン)
Александр Вадимович Хорошавин
Alexander Khoroshavin, October 2011.jpeg
生年月日 (1959-11-26) 1959年11月26日(59歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国アムール州スヴォボードヌイ
出身校 極東極東高等理工科学校(現・極東工科大学
前職 オハ市長
現職 サハリン州知事
所属政党 統一ロシア
称号 経済学博士候補

在任期間 2007年8月7日 - 2015年3月25日
テンプレートを表示

アレクサンドル・ヴァジモヴィチ・ホロシャーヴィンホロシャヴィンロシア語: Александр Вадимович Хорошавин, ラテン文字転写: Aleksandr Vadimovich Khoroshavin, 1959年11月26日 - )は、ロシア政治家サハリン州(元の樺太千島列島に相当)知事を務めた。アムール州出身。

1981年極東極東高等理工科学校(現在の極東工科大学)を卒業する。2000年極東公共サービスアカデミーを修了し、経済学博士候補号を取得する。その後、電線路敷設分野勤務を経て、1987年オハ共産党機関勤務。1991年「アグロメラート」協会議長。1993年卸売会社「イヴァ社」を設立する。1997年オハ市副市長を経て、2001年3月18日からオハ市長。

2007年8月2日、サハリン南部ネベリスク地区で地震が起こる。これに対して、8月7日ウラジーミル・プーチン大統領は対策の不手際を理由にイワン・マラホフ州知事を解任し[1][2]、ホロシャーヴィンが後任の知事に任命された。ホロシャーヴィンは、与党統一ロシアサハリン州支部政治評議会評議員でもある。

2011年7月7日、サハリン州議会はホロシャーヴィンの再任を賛成多数で承認した[3]

2013年12月、日本経済新聞に対して、間宮海峡に鉄道・道路の連絡橋を架ける工事について2019年着工を目指すと述べた。同様に宗谷海峡北海道とサハリン(樺太)を結ぶトンネルを建設する計画にも言及し、日本側の協力を呼びかけた[4]。 2015年3月4日、側近3人とともに巨額の収賄の容疑で逮捕された[5]。3月25日に知事を辞職。

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) ニュース|株式会社JSN ロシア経済情報ナビ サハリン州知事が解任(要旨)”. JSN (2007年8月7日). 2013年12月29日閲覧。
  2. ^ (日本語) 「サハリン1・2」プロジェクトの進展状況”. AIGI(読売新聞から転載) (2007年8月7日). 2013年12月29日閲覧。
  3. ^ (日本語) サハリン州知事2期目承認”. MSN産経ニュース (2011年7月7日). 2011年7月7日閲覧。
  4. ^ 「本土本土連絡橋、日本にも利点」日本経済新聞(2013年12月28日).2013年12月28日閲覧
  5. ^ http://jp.rbth.com/politics/2015/03/07/52229.html

外部リンク[編集]

  • (ロシア語) 経歴(サハリン州公式ホームページ内)


公職
先代:
イワン・マラホフ
Flag of Sakhalin Oblast.svg サハリン州知事
第5代:2007 - -2015
次代:
オレグ・コジェミャコ