アレクサンドル・クリモフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレクサンドル・イグナティエヴィチ・クリモフ
生誕 (1898-09-12) 1898年9月12日
出身地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国,コスタナイ
死没 (1974-01-01) 1974年1月1日(75歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

アレクサンドル・イグナティエヴィチ・クリモフ: Александр Игнатьевич Климов英語: Alexandr Ignatievich Klimov1898年9月12日ユリウス暦8月30日) コスタナイ(現カザフスタン) - 1974年 レニングラード)はソビエト連邦指揮者

概要[編集]

キエフ大学で言語学を学び1925年に卒業した後、1928年までキエフ音楽・演劇学校でヴァレリアン・ベルジャーエフに師事する。卒業後、キエフで短期間教職に就いた後、ティラスポリ(1931年 - 1933年)、スターリノ(1933年)、サラトフ(1934年 - 1937年)、ハリコフ(1937年 - 1940年)、オデッサ(1940年 - 1941年)の各都市で指揮活動を行う。大祖国戦争による疎開中は、ウクライナ交響楽団やタジク共和国歌劇場の指導を行う。

戦後はオデッサ・オペラ・バレエ劇場指揮者及びオデッサ音楽院教授に迎えられ、1948年から1954年まではキエフ音楽院の校長を務めた。1954年からキエフ・オペラ・バレエ劇場の首席指揮者を務めた後、1961年、レニングラードのキーロフ歌劇場の首席指揮者に迎えられ1967年まで務めた。

1974年にレニングラードで死去。

家族・親族[編集]

息子はヴァイオリニストヴァレリー・クリモフ

脚注[編集]