アルュメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルュメ株式会社
ALLUMER Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
152-0001
東京都目黒区中央町2-8-8
設立 1978年2月
法人番号 6013201000456
事業内容 ゲームソフト制作
代表者 破産管財人 小林健一
資本金 2,400万円
特記事項:1999年10月5日、事業停止。
2015年2月10日、破産開始決定。
2015年10月13日、法人格消滅。
テンプレートを表示

アルュメ株式会社(ALLUMER Co., Ltd.)はかつて東京都目黒区に存在した、ハードウェアおよびビデオゲームの開発会社である。

概要[編集]

社名が難読で、「あるゆめ」または「ありゅめ」と発音されることが多い。フランス語の発音では「ありゅめ」が近い。

主にアーケードゲームを開発した。オリジナル色の強い作品もあったが、R-TYPEイメージファイト雷電サムライスピリッツなどの他社作品のシステムを強く取り入れた作品もある。

元々はセタのハードウェア部門として設立。セタの旧社屋に本社を置いていた。開発部隊はかぶっており、セタから発売された作品の続編がアルュメから発売されたこともある。セタと共同開発したアーケード基盤で使われたPCM音源の「X1-010」は、初期のゲームでは音源ドライバのバグのせいでサンプリング音源的な使い方ができずにBGMを丸ごとひとつのPCMで鳴らしているためメモリ容量を食い、『メタフォックス』(ジョルダン開発/セタ販売)のようにボーカルを入れられる一方で曲数が少なかったり、『レゾン』のようにBGMが極端に短い作品が多いのが特徴。音源ドライバの制作はレゾンのグラフィッカーをしていたアルバイトの並木学に任されたが、65C02でPCM音源ドライバを制作しろと言われて出来なかった挙句クビになった[1]

約12億円の負債を抱え、1999年10月5日に事業を停止[2]。ゲーム開発から撤退後はプリクラの画像取り込み装置の開発などで負債を約2億円にまで減らしたが、2015年2月10日東京地方裁判所から破産開始決定を受けた[3][4]。そして2015年10月13日に法人格が消滅した[5]

作品[編集]

アーケード[編集]

プレイステーション[編集]

PCゲーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 並木学のtwitter
  2. ^ 信用調査会社 (株)セイケイデータ【不渡・倒産情報99/10】
  3. ^ アルュメ(株) : 東京商工リサーチ” (2015年2月19日). 2015年2月20日閲覧。
  4. ^ かつて「レゾン」や「ブランディア」を手がけたアルュメが東京地裁から破産開始決定を受ける - 4Gamer.net” (2015年2月19日). 2015年2月20日閲覧。
  5. ^ アルュメ国税庁法人番号公表サイト
  6. ^ プレイヤーは、アイドル育成を夢見て脱サラしたという設定。サラリーマン時代に貯めたらしい初期の資金は750万円。アイドル「すずきゆみえ」を育成しつつ、代理店を接待したり、カメラマンと会ったりして資金を消費するが、資金が0円になると「破産」という形でゲームオーバーになる。「すずきゆみえ」は心労が溜まると失踪してしまう。PSが挑み、最終的には全く定着しなかった「実写ゲー」の1つと言える。
    株式会社QBQ編 『プレイステーションクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2018年。ISBN 9784865118346 p52