アラン・ヒーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アラン・ジェイ・ヒーガー
Heeger, Alan J. (1936).jpg
生誕 1936年1月22日
アイオワ州スーシティ
国籍 アメリカ合衆国
研究分野 化学
物理学
研究機関 ペンシルベニア大学
カリフォルニア大学サンタバーバラ校
出身校 カリフォルニア大学バークレー校
主な受賞歴 Nobel prize medal.svg ノーベル化学賞 (2000年)
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2000年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:導電性高分子の発見と発展

アラン・ジェイ・ヒーガー(Alan Jay Heeger, 1936年1月22日 - )は、アメリカ合衆国物理学者

来歴[編集]

アイオワ州スーシティに生まれる。ネブラスカ大学物理学数学を専攻。1961年カリフォルニア大学バークレー校博士号を取得。1962年から1982年までペンシルベニア大学に勤務。1982年からカリフォルニア大学サンタバーバラ校教授。1983年にアメリカ物理学会オリバー・バックリー賞、1995年にバルザン財団バルザン賞を受賞。

2000年、「導電性高分子の発見と発展」の業績により、アラン・マクダイアミッド白川英樹と共同でノーベル化学賞を受賞した。ヒーガーの研究は、Uniax、Konarka、Sirigen など多くの新興企業を設立に導いた。Uniax はヒーガー自身によって創業され、現在はデュポン社に獲得されてデュポン・ディスプレイ社として存続している。神経科学者デイヴィッド・ヒーガー免疫学者ピーター・ヒーガーは息子である。

外部リンク[編集]