アランソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Alençon
Blason Alençon.svg

Hotel de ville Alencon.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ノルマンディー地域圏
(département) オルヌ県
(県庁所在地)
(arrondissement) アランソン郡
(郡庁所在地)
小郡 (canton) 3小郡庁所在地
INSEEコード 61001
郵便番号 61000
市長任期 ジョアシャン・ピュイヨ
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté urbaine d'Alençon
人口動態
人口 26 300人
2011年
人口密度 2 463人/km2
住民の呼称 Alençonnais
地理
座標 北緯48度25分50秒 東経0度05分35秒 / 北緯48.43055556度 東経0.093055556度 / 48.43055556; 0.093055556座標: 北緯48度25分50秒 東経0度05分35秒 / 北緯48.43055556度 東経0.093055556度 / 48.43055556; 0.093055556
標高 平均:135 m
最低:127 m
最高:152 m
面積 10,68km2 (1 068ha)
Alençonの位置(フランス内)
Alençon
Alençon
テンプレートを表示

アランソン (Alençon) は、フランスの西部、ノルマンディー地域圏都市で、オルヌ県県庁所在地である。

概要[編集]

オルヌ川とバス・ノルマンディ地方に隔てられているとはいえ、アランソンはペイ・ド・ラ・ロワール地域圏に属するル・マンと密接な関係を持つ。

歴史[編集]

すでに古代にはアランソンには町があったと思われる。フランク王国メロヴィング朝時代には百人組が置かれ、この地方における軍事と行政の拠点であった。7世紀初頭からカロリング朝を通じて900年頃まで、centena Alancioninsis が置かれた。フランク王国の地方官であったアランソン伯は、やがてこの地帯の世襲君主となり、のちに公爵となった。

11世紀にはアランソンに城が築かれた。市壁 (burgus) への最古の言及は1000年に登場する。17世紀にはアランソンは「ポワン・ダランソン」と呼ばれるレース編みの特産地として知られた。

アランソン城はのちに改修を重ね、現在は市庁舎および裁判所として利用されている。

天気と文化[編集]

  • アランソン市はフランス北西部のアルモリカン気候区に属し、四季ともに多雨である。[1]
  • アランソンは、オノレ・ド・バルザックの小説『老嬢』『骨董室』の舞台になっている。バルザックはまだ二十代半ばの1825年4月にはじめてアランソンを訪れた。また、バルザックの小説『ふくろう党』では、アランソンの市全体でブルボン王朝支持派で、反ナポレオンであったことが描かれている。
  • また、アランソンはシャルル・ボードレールの『悪の華』(初版1857年)の名高い出版者、プーレ=マラシ (Auguste Poulet-Malassis) の生まれた町でもあった(1825年生まれ)。1857年5月17日、ボードレールの詩「高翔」他八篇が、詩集の発行日にわずかに先立って「アランソン新報」≪Journal d'Alençon≫に発表されているが、この新聞は、プーレ=マラシが故郷のアランソンで自ら印刷発行しているものであった。

姉妹都市[編集]

ギャラリー[編集]

著名出身者[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 飯島耕一 (1991). “バルザックの豪雨”. 海燕. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]