アラル・カリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アラル・カリス
Alar Karis
Alar Karis December 2021 (3) (cropped).jpg

任期 2021年10月11日 –

出生 (1958-03-26) 1958年3月26日(64歳)
エストニア・ソビエト社会主義共和国
タルトゥ
政党 無所属
出身校 エストニア農業アカデミー
配偶者 シリエ・カリス
子女 クリスチャン・カリス
マルティン・カリス
キルスティン・カリス

アラル・カリス(Alar Karis、1958年3月26日[1]-)は、エストニア生物学者。専門は分子遺伝学発生生物学。2021年10月11日に大統領に就任した。アラール・カリスとも表記される[2]

経歴[編集]

タルトゥ出身[1]。1976年に高校を出た後、エストニア農業アカデミー(現・エストニア生命科学大学)で獣医学を学んで1981年に卒業した[1][3]。エストニア獣医学研究所に勤務した後、1987年に寄生虫学の修士号を取得した[1]。幼少時にはヴァイオリンを習っており、友人たちとともに1980年代まで「レンターブルス」というカントリー・ミュージックのバンドで活動していた[4]

1991年にドイツのハンブルク大学、1992年から翌年まで英国ロンドンの国立医学研究所 (NIMR[注 1]、1993年から1998年まではオランダのエラスムス・ロッテルダム大学において研究員として勤務し、1999年から2018年までタルトゥ大学教授を務めた[1][3]。その間、エストニア生命科学大学学長(2003-2007)やタルトゥ大学学長(2007-2012)、エストニア国家監査局リーギコントロール」の監査役(2013-2018)を兼任し、2018年から2021年まではエストニア国立博物館の館長を務めた[1][3][5]

2007年から2021年にかけて、エストニアのホワイトスター勲章やベルギーのレオポルド2世勲章、スウェーデンの北極星勲章フィンランド獅子勲章などを授与されている[1]

大統領[編集]

2021年8月31日にエストニア国会「リーギコグ」内で挙行された大統領選挙でカリスは101人の国会議員のうち72人からの支持を得て次期大統領に選出され[6]、10月11日に就任式が行われた[7][8]。就任から3日後の10月14日には隣国ラトビアリガを訪問し、イナーラ・ムールニエツェ国会議長との会談をおこなった[9][10][注 2]

家族[編集]

父親のハリー・カリス(Harry Karis、1930年8月23日 - 2018年2月27日[12] )はタリン出身の植物病理学者うどん粉病などを研究し、1996年にカール・エルンスト・フォン・ベーア賞[注 3]を授与された[13]

妻のシリエ・カリス(Sirje Karis、1956年8月9日 -)はパルヌ出身の歴史学者で2006年から2018年までエストニア歴史博物館の館長だった[14]。2018年からはタルトゥ市歴史博物館館長を務め[14]、2021年の夫の大統領就任後も続けていたが[15]、2022年6月に館長を退任することとなった[16]。旧姓はヤダル(Jädal, イェァダル)といい、アラル・カリスとは1977年8月20日に結婚した[17]

カリス夫妻には3人の子どもがいる[14]。長男のクリスチャン・カリス(Kristjan Karis、1979年3月27日[18] -)はテフヴァンディ・スポーツセンターの理事を務めている[19][20]。次男のマルティン・カリス(Martin Karis、1981年10月20日[21] -)はフロアボールの選手でテニス指導者でもある[22]。娘のキルスティン・カリス(Kirstin Karis、1991年4月7日[23] -)は大学で生物学を学んだあと、出身校(ギムナジウム)の生物教師となった[24]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ エストニア研究情報システムのウェブページに"National Institute for Medical Research"と記載されている。エストニア大統領府では"National Institute for Health Research"(現在のNational Institute for Health and Care Research)となっているが、この機関は2006年に設立されており、1990年代にはまだ存在していない。
  2. ^ アラル・カリス大統領の外遊先一覧も参照。
  3. ^ エストニア出身の生物学者カール・エルンスト・フォン・ベーアにちなんだ科学賞。カール・エルンスト・フォン・ベーア・メダルとは異なる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Biography - エストニア大統領府 (英語)
  2. ^ エストニア新大統領に博物館長 - 時事ドットコム(2021年9月1日)
  3. ^ a b c CV: Alar Karis - エストニア研究情報システム(ETIS) (英語)
  4. ^ Meenuta ansamblit Rentaablus koos kantrimuusik Alar Karisega - エストニア公共放送(2021年9月1日) (エストニア語)
  5. ^ エストニア・タルトゥ大学学長Alar Karis氏 - 北海道大学(2008年3月17・18日)
  6. ^ 議会がカリス氏を新大統領に選出 - 日本貿易振興機構(2021年9月2日)
  7. ^ Alar Karis was elected President of the Republic - リーギコグ(2021年10月11日)
  8. ^ Alar Karis took the oath of office of the President of the Republic - リーギコグ(2021年10月11日)
  9. ^ President Karis’ meetings with Latvian and Finnish colleagues postponed - エストニア大統領府
  10. ^ Speaker Mūrniece to Estonian president: our common objective is to promote the safety, prosperity and development of the Baltic region - ラトビア共和国議会「サエイマ
  11. ^ 東欧バルトの4首脳、戦地訪問 「民間人犠牲」訴追求める”. 共同通信 (2022年4月14日). 2022年4月22日閲覧。
  12. ^ Harry Karis (1930 - 2018) - Geni
  13. ^ Karis, Harry - エストニア百科事典
  14. ^ a b c Spouse - エストニア大統領府 (英語)
  15. ^ First lady Sirje Karis not planning on moving out of Tartu home yet(2021年9月24日) - エストニア公共放送
  16. ^ First lady Sirje Karis steps down as Tartu city museum director(2022年6月9日) - エストニア公共放送
  17. ^ Eesti vabariigi presidendi abikaasa Sirje Karis: kuna nüüd olen õhtuti üksi, ei tähenda see, et mul igav oleks(2022年2月19日) - Kroonika
  18. ^ Kristjan Karis - Geni
  19. ^ Kristjan Karis: kui isa midagi ei öelnud, teadsime, et jama on kaelas(2022年4月11日) - エストニア公共放送
  20. ^ Tehvandi Spordikeskus arendab Lõuna-Eestis maailmatasemel spordikeskusi(2020年10月29日) - エストニア文化省
  21. ^ Martin Karis - Geni
  22. ^ KARIS, MARTIN - ESBL
  23. ^ Kirstin Karis - Geni
  24. ^ Tunniks leiab põnevat ainest nii internetist kui turult(2019年11月15日) - Õpetajate Leht

外部リンク[編集]

公職
先代
ケルスティ・カリユライド
エストニアの旗 エストニア共和国大統領
2021 -
次代
(現職)