エラスムス・ロッテルダム大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エラスムス・ロッテルダム大学
Erasmus Universiteit Rotterdam
ラテン語: Academia Erasmiana Roterodamensis
校訓 'De universiteit voor denkers en doeners'
校訓(英語) 'Main Port of Knowledge'
学校種別 公立
設立年 1913
基金 €542 million[1]
学長 Professor Dr. Huibert Pols
大学職員数
2,662[1]
学生数 20,941[1]
所在地 オランダ,
ロッテルダム
所属 AMBA EQUIS AACSB
ウェブサイト www.eur.nl
テンプレートを表示

エラスムス・ロッテルダム大学(オランダ語:Erasmus Universiteit Rotterdam、英語:Erasmus University Rotterdam, EUR)は、オランダ南部の都市、ロッテルダムにある公立大学。大学の名称は15世紀の哲学者人文主義者デジデリウス・エラスムスにちなむ。

エラスムス・ロッテルダム大学は、医学、経営学、経済学の分野で高い評価を得ている。世界ランキングにおいても、2007年、フィナンシャル・タイムズによって、ヨーロッパ最高レベルの大学の中でのトップ10に位置づけられている。

概要[編集]

エラスムス大学ロッテルダムは、世界的に有名な教育機関である。[1]ロッテルダム大学は1913年に設立され、オランダの元首相のルードルベルス、 WTO事務局長Supachal Panitchakdiなどを輩出した。彼らは、民間のビジネススクールによるオランダの創設者をサポートするように、ポートに適用され、急速に商業活動を展開して考えられ、20世紀初頭、高等教育、産業、貿易部門は、必要である。 1973年には、オランダの経済や医学ロッテルダム学校はロッテルダムのエラスムス大学になるために合併した。これは、大学という名前のオランダの学者ので、唯一のものです。何世紀にもわたってエラスムスは、人は常にロッテルダムを覚えておく必要があり、学界で人気を享受してきた。 ロッテルダム大学は、科学の進歩と社会的勢力の発展に貢献することを目指しています。この目的のために、と考慮し、現在の社会的ニーズと開発、倫理を取って、教師と学生の機会のための学校が自由な訓練と研究を行うことながら、学界の国際基準を順守する。一方、高品質の学者になるためにロッテルダム大学生の訓練は、他の一方で、研究の基本と応用の両方を作るために、学術教育と学際的な教育方法の知識の統合の開発と応用に焦点を当てます。要するに、ロッテルダム大学は、学校の設定で、被写体から反射させることができる活気に満ちた、実践指向の、実用的な国際的な大学です。
ロッテルダムの大学、 「欧州ソクラテス教育プログラム」に参加し、内側と欧州以外では、約200の大学は留学生がもっと普及してとの交流のための協定を締結しました。英語、経営学部、法学部のコースの数を増やすと、医学のマスタークラスは、英語と専門的な夏の様々なクラスで提供されています。学校は教育·研究の質の国際基準の実施を監視します。ロッテルダムの大学は、例えば、多くのプロの行政や事業管理の専門知識は、(公共政策分析のためのアメリカの社会および管理NASPAA 、欧州品質改善システムEQUISのような)国際的に有名な機関を認識されている。管理MBAプログラムの国際ロッテルダム·スクールは、世界で最も高いランク付け、非常によく知られている。
大学ロッテルダムは5192留学生があるそのうちの21246学生を、既存の。これらの留学生の54%がヨーロッパの学生で、 29.4パーセント、残りは南北アメリカ、アフリカ、オセアニアからの留学生である、アジアの学生です。 6015卒業生は毎年があります。また、大学は2643年のスタッフがいます。高卒、大卒、大卒のための学校教育のさまざまなレベルでの仕事の経験、大学院、大学3年の大学院生、学部を提供しています、修士·博士課程のレベルを持っている。 ロッテルダム大学は2つのキャンパス、すなわちWoudesteinキャンパスとエラスムスMCのキャンパスを持っています。両方のキャンパスには、ロッテルダムの中心から非常に近く、公共交通は非常に便利です。 Woudesteinキャンパスは、メインロッテルダム大学教育学部における教育と研究施設や研究の場所です。エラスムスMCのロッテルダム大学医療センターのメインキャンパスに家である。ロッテルダムの大学医療センターは、そのユニークなデザインとロッテルダムの重要性のオランダ最大かつ最も先進的、包括的な学術の医療センター、ランドマークの建物となっています。

歴史[編集]

1913[編集]

エラスムス大学が、今日のような形に整備されたのは1973年になる。しかしながら、ロッテルダムの商業繁栄を狙って設立されたNetherland School of Commerceが源流である。

1939[編集]

Netherland School of CommerceよりNetherland School of Economicsへと名称が変更される。

1966[編集]

大学病院とともに、Medical Faculty of Rotterdamが新設される。2003年には、ErasmusMCと改称され、オランダ最大の医学研究センターに発展する。

1973[編集]

1973年、Netherland School of EconomicsとMedical Faculty of Rotterdamが合併し、総合大学となり、現在のエラスムス大学となる。

世界ランキング[編集]

近年は、The World University Rankingにて世界70位前後に位置付けられている。専攻ごとのランキングでは、Business and Managementが世界24位に位置付けれるなど経済学、商学の分野で高い評価を受けている。

カレッジ[編集]

現在エラスム大学には、Rotterdam School of Management, School of History, Culture and Communication, School of Law, School of Economics, Erasmus University College, ErasmusMCの6つのカレッジが存在する。

都市[編集]

ロッテルダム港を擁する世界屈指の港湾都市で、人口規模はアムステルダムに次いでオランダ第2位である。世界都市であり、国内の他都市に比べて近代的なビルが立ち並ぶ。

脚注[編集]

  1. ^ a b c EUR Jaarverslag (Annual report) 2011

関連項目[編集]

外部リンク[編集]