ユリ・ラタス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ユリ・ラタス
RK Jüri Ratas.jpg
第18代 エストニアの首相
就任
2016年11月23日
大統領 ケルスティ・カリユライド
前任者 ターヴィ・ロイヴァス
中央党党首
就任
2016年11月5日
前任者 エドガー・サヴィサール
タリン市長
任期
2005年11月15日 – 2007年4月5日
前任者 トニス・パルツ
後任者 エドガー・サヴィサール
個人情報
生誕 (1978-07-02) 1978年7月2日(40歳)
エストニア、タリン
政党 中央党
配偶者 カリン・ラタス
子供 3人
出身校 タリン工科大学

ユリ・ラタスエストニア語: Jüri Ratas1978年7月2日 - )は、エストニアの政治家。中央党党首、首相。

タリン出身。2005年から2007年まで、リーギコグ(国会)副議長とタリン市長を務めた。市長時代には欧州グリーン首都賞を提案した[1]

2015年3月にリーギコグの第二副議長に選任され[2]、2016年11月5日にはエドガー・サヴィサールの後任の中央党党首に選出された[3]

連立与党の内紛により第二次ターヴィ・ロイヴァス内閣が分裂状態に陥っていた2016年11月、中央党は社会民主党と祖国・共和国連合と連立交渉をもった[4]。11月19日、3党はラタスを首班とする新たな連立政権の条件について合意し[5]、11月23日にラタスが新首相に就任した[6]

既婚で、2男1女がいる。

脚注[編集]

公職
先代:
トニス・パルツ
タリン市長
2005年 – 2007年
次代:
エドガー・サヴィサール
先代:
ターヴィ・ロイヴァス
エストニアの首相
2016年 -
現職
党職
先代:
エドガー・サヴィサール
中央党党首
2016年 -
現職