アバターコース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アバターコースアバターは、ハリー・パルマーによって開発され、ハリー・パルマーが創設し所有するスターズ・エッジ社自己開発プログラムである。 アバターコースは世界72カ国で教えられ22カ国語に翻訳されている[要出典]。2013年11月現在、世界中に25,000人を超えるアバターマスターがおり、10万人以上の人がアバターコースを修了している[要出典]

概要[編集]

アバターコースは1986年にハリー・パルマーによって創り出され、人は自分が信じていることを経験するという考えを前提としている。もともとパルマーがサイエントロジー商標を用いて行っていたライセンス事業を発展させたもので、アバターコースの創設にあたっては、サイエントロジーとの間で訴訟が起きている[1]

アバターコースでは、信念(思いや考え)を自らの意志で創造または消滅させる方法を教えている。アバターはさまざまな経験的エクササイズで構成されており、それらのエクササイズを通じて自分自身を再発見し、自分の意識を自分が達成したいことと一致させることができるようになるとする。他人から何を信じるべきだとか、自分が何者かを教えられることはなく、自分について自分で発見していくとしている。

アバターコースを運営するスターズ・エッジ社は表立ってアピールすることはないが、新たな受講者を勧誘した既受講者には、受講料から一定割合のコミッション料が支払われる[2]。また、新規受講者を獲得したアバターマスターは、セミナー期間中に受講者に原則付き添わなければならないなど、他の自己啓発セミナーとは異なるシステムをとっている。

脚注[編集]

  1. ^ SCIENTOLOGY COURT FILES 26, SCIENTOLOGY COURT FILES 34 - OPERATION CLAMBAKE, Undressing the Church of Scientology since 1996.
  2. ^ In depth on Avatar (27-03-2007) - www.avatarcult.info.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]