アダルトボーイズ遊遊白書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アダルトボーイズ遊遊白書
Grown Ups 2
監督 デニス・デューガン
脚本 アダム・サンドラー
ティム・ハーリヒー英語版
フレッド・ウルフ英語版
製作 アダム・サンドラー
ジャック・ジャラプト英語版
製作総指揮 バリー・ベルナルディ
アレン・コヴァート
出演者 アダム・サンドラー
ケヴィン・ジェームズ
クリス・ロック
デヴィッド・スペード
サルマ・ハエック
マーヤ・ルドルフ
マリア・ベロ
ニック・スウォードソン
音楽 ルパート・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影 テオ・ヴァン・デ・サンデ
編集 トム・コステイン
製作会社 ハッピー・マディション英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年7月12日
上映時間 101分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $80,000,000[2]
興行収入 $246,984,278[3]
前作 アダルトボーイズ青春白書
テンプレートを表示

アダルトボーイズ遊遊白書』(Grown Ups 2)は、デニス・デューガン監督、アダム・サンドラー製作・主演による2013年のアメリカ合衆国バディ英語版コメディ映画である。2010年の映画『アダルトボーイズ青春白書』の続編である。共演はケヴィン・ジェームズクリス・ロックデヴィッド・スペードニック・スウォードソンサルマ・ハエックらである。2013年7月12日にアメリカ合衆国で封切られたが、批評家には酷評され、第34回ゴールデンラズベリー賞で9つのノネートに至った。

キャスト[編集]

製作[編集]

脚本はアダム・サンドラーティム・ハーリヒー英語版フレッド・ウルフ英語版が執筆し、監督はサンドラーと長年コラボレーションしているデニス・デューガンが務めた[4]。撮影は2012年6月2日よりマサチューセッツ州で始まり、8月15日に完了した[5]

公開[編集]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは95件のレビューで支持率は7%、平均点は2.6/10となった[6]。またMetacriticでは28件のレビューで加重平均値は19/100であった[7]。『タイム』誌では2013年最低の映画として挙げられた[8]

興行収入[編集]

北アメリカでは累計で1億3366万8525ドル、その他の国々では1億1331万5753ドル、全世界合算で2億4698万4278ドルを売り上げている[3]

北アメリカでは公開初日に1630万ドルを売り上げた[9]。公開初週末には4150万8572ドルを売り上げ、『怪盗グルーのミニオン危機一発』に次いで2位となった[10]。2週目末は1987万2150ドルを売り上げて4位に下落した[11]。3週目末には1160万811ドルを売り上げて5位に下落した[12]。4週目末には794億5069万ドルを売り上げて6位に下落した[12]

ホームメディア[編集]

アメリカ合衆国では2013年11月5日にDVD及びBlu-rayが発売された[13]

受賞とノミネート[編集]

部門 候補 結果
ゴールデンラズベリー賞[14]
最低作品賞 『アダルトボーイズ遊遊白書』 ノミネート
最低監督賞 デニス・デューガン
最低主演男優賞 アダム・サンドラー
最低助演男優賞 テイラー・ロートナー
最低助演男優賞 ニック・スウォードソン
最低助演女優賞 サルマ・ハエック
最低脚本賞 アダム・サンドラーティム・ハーリヒー英語版フレッド・ウルフ英語版
最低スクリーンコンボ賞 『アダルトボーイズ遊遊白書』の全キャスト
最低前日譚・リメイク・盗作・続編賞 『アダルトボーイズ遊遊白書』
キッズ・チョイス・アワード[15] 映画男優賞 アダム・サンドラー 受賞

参考文献[編集]

  1. ^ GROWN UPS 2 (12A)”. British Board of Film Classification (2013年4月12日). 2013年4月15日閲覧。
  2. ^ Kaufman, Amy. “With 'Grown Ups 2' poised for strong debut, will 'Pacific Rim' flop?”. latimes.com. 2013年7月12日閲覧。
  3. ^ a b Grown Ups 2 (2013)”. Box Office Mojo. 2013年11月26日閲覧。
  4. ^ Grown Ups Sequel Planned”. ComingSoon.net. 2011年12月7日閲覧。
  5. ^ All these towns have to do is act naturally - North”. The Boston Globe (2012年6月14日). 2013年7月7日閲覧。
  6. ^ Rotten Tomatoes”. 2013年7月11日閲覧。
  7. ^ Grown Ups 2 Reviews”. Metacritic. 2013年7月12日閲覧。
  8. ^ Top 10 Worst Movies”. Time (2013年12月3日). 2014年3月12日閲覧。
  9. ^ Friday Box Office: 'Pacific Rim' Grosses $14.6m, 'Grown Ups 2' Grosses $16.3m”. Forbes. 2013年7月14日閲覧。
  10. ^ Weekend Box Office Results for July 12-14, 2013”. Box Office Mojo. 2013年7月14日閲覧。
  11. ^ Weekend Box Office Results for July 19-21, 2013”. Box Office Mojo. 2014年1月15日閲覧。
  12. ^ a b Weekend Box Office Results for July 26-28, 2013”. Box Office Mojo. 2014年1月15日閲覧。
  13. ^ Grown Ups 2 Blu-ray”. Blu-ray.com. 2013年9月11日閲覧。
  14. ^ Nominations for the 34th Annual Razzie Awards Announced”. ComingSoon.net. 2014年1月15日閲覧。
  15. ^ Ng, Philiana (2014年2月24日). “Nickelodeon's Kids' Choice Awards Nominations Revealed”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/kids-choice-awards-2014-nominees-681858 2014年2月25日閲覧。 

外部リンク[編集]