アダサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アダサウルス
生息年代: 70–68 Ma
生態復元想像図
地質時代
中生代白亜紀後期(後期白亜紀マーストリヒチアン
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : テタヌラ下目 Tetanurae
階級なし : コエルロサウルス類 Coelurosauria
: ドロマエオサウルス科 Dromaeosauridae
階級なし : エウドロマエオサウリア Eudromaeosauria
亜科 : ドロマエオサウルス亜科 Dromaeosaurinae
: アダサウルス属 Adasaurus
学名
Adasaurus
Barsbold1983 [1]
和名
アダサウルス
Adasaurus mongoliensisホロタイプ IGM 100/20
ヒトとの大きさ比較図

アダサウルス学名Adasaurus、意:アダのトカゲ)は、中生代白亜紀後期(後期白亜紀)末期のマーストリヒチアン期に、当時のアジア大陸の一角(現在の中央アジア)に生息した恐竜である。竜盤目獣脚亜目ドロマエオサウルス科に分類される。

小型(1.8 mほどと推定される)で二足歩行肉食動物であり、後肢の第二趾に鎌状の鉤爪を持っていた。[2]属名はモンゴルの神話に登場する悪霊の名である「アダ」と古代ギリシア語で「トカゲ」を意味するsauros から作られている。唯一の種であるA. mongoliensis種小名は発見国のモンゴルに由来するものである。1983年にモンゴルの古生物学者リンチェン・バルスボルドにより命名・記載された[1]

分類[編集]

アダサウルスは現生鳥類に近縁な恐竜のグループであるドロマエオサウルス科に属している。ドロマエオサウルス科には他にデイノニクスヴェロキラプトルミクロラプトルブイトレラプトルなどが含まれている。科内でのアダサウルスの類縁関係はよく分かっていない。伝統的には科の命名元であるドロマエオサウルスや大型のユタラプトルとともにドロマエオサウルス亜科に分類されてる[3][4]。しかし、最近の研究ではヴェロキラプトル亜科である可能性もあるとされている[5][6]

生息地と地質年代[編集]

アダサウルスの二つの標本がモンゴル南部、ゴビ砂漠にあるネメグト層英語版で発見されている。ホロタイプ IGM 100/20 は部分的な頭骨を含む不完全な骨格で、他に尾の後部を除く脊椎骨盤の3つの骨、肩帯後肢が含まれている。第二の標本パラタイプIGM 100/51も同じ論文に記載されており、こちらは別の骨格の後肢を含む下半身で構成されている。両標本とも現在はモンゴル、ウランバートルにあるモンゴル地質研究所に収蔵されている。

ネメグト累層の地質年代は正確には分かっていないものの、一般に白亜紀後期マーストリヒト期のものと考えられていて[7]、アダサウルスは7200万年前から6600万年前に生息していたと推定される。この累層からは他にティラノサウルス類タルボサウルスオルニトミムス科アンセリミムストロオドン科ザナバザルZanabazar)やハドロサウルス類サウロロフスが発見されている。

記載論文[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Barsbold, 1983.
  2. ^ Holtz, Thomas R. Jr. (2008) Dinosaurs: The Most Complete, Up-to-Date Encyclopedia for Dinosaur Lovers of All Ages Supplementary Information
  3. ^ Norell, Mark A.; Peter J. Makovicky (2004). “Dromaeosauridae”. In en:David B. Weishampel, en:Peter Dodson and en:Halszka Osmólska. The Dinosauria (2nd ed.). en:Berkeley, California: en:University of California Press. pp. 196–209. ISBN 0-520-24209-2. OCLC 55000644. http://books.google.com/books?id=k44DMUXBqM0C&pg=PA196 2009年5月24日閲覧。 
  4. ^ Makovicky, Peter J.; Sebastián Apesteguía and Federico L. Agnolín (2005). “The earliest dromaeosaurid theropod from South America”. Nature 437 (7061): 1007–1011. Bibcode2005Natur.437.1007M. doi:10.1038/nature03996. PMID 16222297. 
  5. ^ Senter, Phil, et al. "New dromaeosaurids (Dinosauria: Theropoda) from the Lower Cretaceous of Utah, and the evolution of the dromaeosaurid tail." PloS one 7.5 (2012): e36790.
  6. ^ Longrich, Nicholas R., and Philip J. Currie. "A microraptorine (Dinosauria–Dromaeosauridae) from the Late Cretaceous of North America." Proceedings of the National Academy of Sciences 106.13 (2009): 5002-5007.
  7. ^ Jerzykiewicz, T.; D.A. Russell (August 1991). “Late Mesozoic stratigraphy and vertebrates of the Gobi Basin”. Cretaceous Research 12 (4): 345–446. doi:10.1016/0195-6671(91)90015-5. 

関連項目[編集]