ユタラプトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユタラプトル
ユタラプトル
ユタラプトル想像図
地質時代
白亜紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : テタヌラ下目 Tetanurae
階級なし : コエルロサウルス類 Coelurosauria
階級なし : デイノニコサウルス類 Deinonychosauria
: ドロマエオサウルス科 Dromaeosauridae
亜科 : ドロマエオサウルス亜科 Dromaeosaurinae
: ユタラプトル属 Utahraptor
学名
Utahraptor
Kirkland, Gaston & Burge1993

ユタラプトルUtahraptor:ユタの捕食者)は、中生代白亜紀前期(約1億2,700万 - 1億2,100万年前)の現北アメリカ大陸に生息していた獣脚類恐竜属名は「ユタ州の泥棒」の意[1]

形態[編集]

全長は5 - 7メートルでドロマエオサウルス科の中でも最大級の。体形はデイノニクスに似ているが、より巨大でがっしりとしている。後肢の第二趾に付いている鉤爪は長さ20センチメートルに達する[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『よみがえる恐竜・古生物』 107頁

関連項目[編集]

参考文献[編集]