アカイア公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アカイア公国の版図(紫)

アカイア公国(アカイアこうこく、: principality of Achaia, : principauté d'Achaïe)は、第4回十字軍参加のフランス騎士ギヨーム・ド・シャンリットによって南ギリシアペロポニソス半島に建国された封建国家(1205年 - 1432年)。形式上ラテン帝国テッサロニキ王国の臣下であり、また自らの臣下として12の男爵を従えていた。正式な君主号はラテン語で「全アカイア公」(princeps totius Achaiae)。

初期は建国者の一人であるジョフロワ1世・ド・ヴィルアルドゥアンの一族が統治したが、その男系が断絶すると、フランス・アンジュー家の統治下に入り、以後、複雑なフランス流血族政治の網の目が張り巡らされていく一方、1262年に半島南部を獲得した東ローマ帝国との争いに揺らぎ、様々な冒険家・戦闘集団がこの地域に入り込んでいく。14世紀後半にはナバラ軍団ナバラ王国出身の傭兵団)やイタリア系のトッコ家などいくつかの勢力に分割された。最後にジェノヴァ人貴族ザッカリア家が獲得したが、1430年にはモレアス専制公領共同統治者ソマス・パレオロゴスの手に渡り、1432年に消滅した。

歴代アカイア公[編集]

  1. ギヨーム1世・ド・シャンリット (1205年-1208年・母国帰還のため譲位)
  2. ジョフロワ1世・ド・ヴィルアルドゥアン (1208年-1228年)
  3. ジョフロワ2世・ド・ヴィルアルドゥアン (1228年-1246年)
  4. ギヨーム2世・ド・ヴィルアルドゥアン (1246年-1278年)
  5. シャルル1世・ダンジュー (シチリア・ナポリ王カルロ1世、三男フィリップは7の夫) (1278年-1285年)
  6. シャルル2世・ダンジュー (ナポリ王カルロ2世、5の次男) (1285年-1289年)
  7. イザベル・ド・ヴィルアルドゥアン (4の娘) (共治1289年-1307年)
  8. フロラン・ド・エノー (ラテン帝国帝位継承者の近親、7の2番目の夫) (1289年-1297年)
  9. フィリッポ1世・ディ・サヴォイア (ピエモンテ公、7の3番目の夫) (1301年-1306年)
  10. フィリッポ1世・ディ・ターラント (6の次子) (1307年-1313年)
  11. マオー・ド・エノー (8の娘) (共治1313年-1318年)
  12. ルイ・ド・ブルゴーニュ (11の2番目の夫、ロベール2世子) (1313年-1316年)
  13. ロベルト1世 (ナポリ王、10の兄) (1318年-1322年)
  14. ジョヴァンニ・ディ・グラヴィーナ (13の末弟) (1322年-1333年)
  15. カトリーヌ・ド・ヴァロワ (10の2番目の妻) (1333年-1346年)
  16. ロベルト・ディ・ターラント (10の息子) (1346年-1364年)
  17. フィリッポ2世・ディ・ターラント (10の息子、16の弟) (1364年-1373年)
  18. ジョヴァンナ (ナポリ女王、13の孫娘) (1373年-1381年)
  19. ジャック・デ・ボー (17の甥) (1381年-1383年)
  20. ペドロ・ボルド・デ・サン・スペラン (ナバラ軍団長) (代理総督1383年-1396年, アカイア公1396年-1402年)
  21. マリア・ザッカリア (20の妻、摂政、1402年-1404年)
  22. チェントゥリオーネ2世アサン・ザッカリア (21の甥) (1404年-1432年)

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャン・ド・ヴィルアルドゥアン
 
ジョフロワ・ド・ヴィルアルドゥアン
歴史家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョフロワ1世2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル1世・ダンジュー5
シチリア王
ナポリ王
 
アニェス
(ラテン皇帝ピエール・ド・クルトネー娘)
 
ジョフロワ2世3
 
ギヨーム2世4
 
アンナ
(エピロス専制公ミカエル2世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル2世6
ナポリ王
 
フィリップ
 
イザベル7
 
フロラン・ド・エノー8
(エノー伯ジャン1世子)
 
イスナール・ド・サブラン
 
マルグリット
 
リカルド・オルシーニ
ケファロニア宮廷伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロベルト1世13
ナポリ王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョヴァンニ14
ドゥラッツォ公
 
マオー11
 
ルイ・ド・ブルゴーニュ12
(ブルゴーニュ公ロベール2世子)
 
イザベル
 
フェラン
(マヨルカ王ジャウメ2世王子)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カルロ
カラブリア公
 
マリー
 
カトリーヌ15
(ヴァロワ伯シャルル娘)
 
フィリッポ1世10
ターラント公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャウメ3世
マヨルカ王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョヴァンナ1世18
ナポリ女王
 
ルイージ
ターラント公
 
マルゲリータ
 
フランチェスコ1世・デル・バルツォ
アンドリア公
 
ロベルト16
ターラント公
 
フィリッポ2世17
ターラント公
 
 
 
 
 
ジャウメ4世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャック・デ・ボー19
ターラント公
 
アントーニア・デル・バルツォ
 
フェデリーコ3世
シチリア王