アントーニア・デル・バルツォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アントーニア・デル・バルツォ
Antonia del Balzo
シチリア王妃
出生 1355年
死去 1374年1月23日
配偶者 シチリア王フェデリーコ3世
父親 アンドリア公フランチェスコ1世・デル・バルツォ
母親 マルゲリータ・ディ・ターラント
テンプレートを表示

アントーニア・デル・バルツォAntonia del Balzo, 1355年頃 - 1374年1月23日)は、ナポリ王国フランス系貴族女性で、シチリア王フェデリーコ3世の2番目の王妃

生涯[編集]

アンドリア公フランチェスコ1世・デル・バルツォと、その2番目の妻でターラントフィリッポ1世の娘であるマルゲリータ(1380年没、スコットランド王エドワード・ベイリャルの未亡人)の間の長女として生まれた。同腹の兄ジャコモ(ジャック・デ・ボー)は母方のアンジュー王家からターラント公、アカイア公、名目上のラテン帝国皇帝の地位を相続した。

1372年1月17日にフェデリーコ3世と結婚した。夫は死別した先妻コスタンツァ・ダラゴーナとの間に男子が無く、この結婚により世継ぎの誕生を期待したが、アントーニアは結婚後2年で子供を産まずに死去した。

外部リンク[編集]